お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 119件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS 2021-08-21
- 2021-08-22
ONLINE オンライン 平面認識を用いた聴覚情報と触覚情報による空間認知
佐本紘希岡 育生辻岡哲夫中島重義渡辺一志阪市大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
ICM 2021-03-19
10:50
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]逐次蓄積型学習ベース異常検知における学習データの効用
深澤那月吉田直樹阿多信吾岡 育生阪市大ICM2020-69
学習にもとづくネットワークベース侵入検知システム (Network-based Intrusion Detection ... [more] ICM2020-69
pp.52-57
HCS 2020-08-22
15:30
ONLINE オンライン開催 平面認識を用いた聴覚情報による環境認知
冨田晃右岡 育生辻岡哲夫渡辺一志阪市大HCS2020-37
本稿では,視覚障がい者用の環境認知システムとして,平面認識を用いた聴覚拡張システムを提案する.提案手法では,ユーザーの頭... [more] HCS2020-37
pp.95-98
ICM 2020-03-03
10:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
通信トラヒックを活用した学習ベースの異常検知における学習データの自動蓄積
深澤那月吉田直樹阿多信吾岡 育生阪市大ICM2019-50
近年の情報インフラの高度化,多様化により,ネットワークセキュリティの重要性がますます増加してい
る.ネットワークセキュ... [more]
ICM2019-50
pp.49-54
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]トラヒックパターンとハニーポットログによるSSH攻撃分類手法
深澤那月吉田直樹阿多信吾岡 育生阪市大
近年の情報インフラの高度化,多様化により,管理運用が不十分な機器が多数接続されることによるリスクが増大しており,セキュリ... [more]
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]複数の機器同定手法による同定精度向上手法
今村裕輝阪市大)・中村信之八百健嗣OKI)・阿多信吾岡 育生阪市大
近年の通信技術の発展に伴い,ネットワーク内に存在する機器が増加し,通信機器のセキュリティがますます重要となっている.特に... [more]
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-06
13:05
宮城 東北大学 電気通信研究所 DNSクエリの類似性にもとづく機器情報補完手法
平澤卓也阿多信吾岡 育生阪市大IN2019-27
複雑化する傾向にある昨今のネットワークにおいて安全かつ適切に運用管理を行うためには、ネットワークに接続された端末機器の情... [more] IN2019-27
pp.23-28
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-06
13:30
宮城 東北大学 電気通信研究所 複数の観測情報を用いた機器同定精度の向上
今村裕輝阪市大)・中村信之八百健嗣OKI)・阿多信吾岡 育生阪市大IN2019-28
近年の IoT 機器の普及により,通信機器のセキュリティがますます重要となっている.これら機器に対するセキュリティリスク... [more] IN2019-28
pp.29-34
IT 2019-07-25
15:50
東京 NATULUCK飯田橋東口 駅前店 無線LANにおけるSNRとユーザ数を考慮した通信路選択のメトリックに関する検討
奥立大雅岡 育生阿多信吾阪市大IT2019-19
通信効率向上を図るには,通信路情報 (Channel State Information:CSI) を用いて最適な通信路... [more] IT2019-19
pp.23-26
IT 2019-07-25
16:15
東京 NATULUCK飯田橋東口 駅前店 CSMA/CAにおけるバックオフ凍結を考慮したバックオフ時間の確率分布
佐本紘希岡 育生阿多信吾阪市大IT2019-20
近年,無線トラヒックの急増による通信品質の劣化が問題となっている.この問題を解決するためには, トラヒックのパラメータで... [more] IT2019-20
pp.27-30
RCS, SIP, IT
(共催)
2019-01-31
12:55
大阪 大阪大学 中之島センター ユーザ数推定とSNR推定による通信路選択における一検討
村上達彦岡 育生阿多信吾阪市大IT2018-42 SIP2018-72 RCS2018-249
通信路環境に応じて接続する基地局または親局を動的に切り替える場合の通信効率の向上について検討する.無線通信における標準... [more] IT2018-42 SIP2018-72 RCS2018-249
pp.43-47
IT 2018-07-19
13:40
奈良 やまと会議室 無線LANにおけるバックオフの観測情報と衝突情報を用いたユーザ数推定
松本憲祐岡 育生阿多信吾阪市大IT2018-12
近年,無線通信端末の機能の向上や移動通信の高速化に伴い無線通信の需要が増大しており,無線通信端 末のユーザ数はこれか... [more] IT2018-12
pp.1-4
IT 2018-07-19
14:05
奈良 やまと会議室 系列依存性通信路におけるビタビ復号の誤り率の厳密解析
富塚 将岩永 陸岡 育生阿多信吾阪市大IT2018-13
本稿では,系列依存性通信路におけるビタビ復号の誤り率の厳密な解析法を提案する.提案手法では,正しい状態と誤り状態を誤り重... [more] IT2018-13
pp.5-10
IT 2017-07-13
14:20
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス) 無線 LAN における DCF のバックオフを用いたユーザ数推定
松本憲祐岡 育生阿多信吾阪市大IT2017-22
無線 LAN において複数のアクセスポイント (AP) が利用可能な場合には,トラヒックなどの無線環境を考慮した上で最適... [more] IT2017-22
pp.33-36
IT 2017-07-13
14:45
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス) 仲上-mフェージング環境におけるSN比の推定誤り率解析
村上達彦岡 育生阿多信吾阪市大IT2017-23
 [more] IT2017-23
pp.37-42
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-19
10:00
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) トラヒックとSNR推定による通信路選択に関する一検討
西島慎二岡 育生阿多信吾阪市大IT2016-51 SIP2016-89 RCS2016-241
 [more] IT2016-51 SIP2016-89 RCS2016-241
pp.31-34
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-19
11:25
大阪 関西学院大学(大阪梅田) Spinal符号を用いたOFDM信号のPAPR削減法
田代穂高阪市大)・森島 佑鈴鹿高専)・岡 育生阿多信吾阪市大IT2015-82 SIP2015-96 RCS2015-314
直交周波数分割多重方式(Orthogonal Frequency Division Multiplexing, OFDM... [more] IT2015-82 SIP2015-96 RCS2015-314
pp.187-190
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-19
11:50
大阪 関西学院大学(大阪梅田) 木構造ネットワークを用いた受信データ合成における電力最適化
周 龍飛岡 育生阿多信吾阪市大IT2015-83 SIP2015-97 RCS2015-315
二元対称通信路 (Binary Symmetric Channel : BSC)を用いる木構造ネットワークでは,多数決判... [more] IT2015-83 SIP2015-97 RCS2015-315
pp.191-195
SAT 2015-10-08
13:45
大阪 阪大中之島センター 最尤推定によるSN比推定法の解析的評価
西島慎二岡 育生阿多信吾阪市大SAT2015-41
動的に変調方式や符号化方式,電力などを変更する適応通信システムでは通信路情報 (CSI) を推定するこ とが必要となる.... [more] SAT2015-41
pp.141-144
IN, NV
(併催)
2015-07-17
10:40
北海道 北海道大学 幅広かつ疎な処理規則に適応可能な省電力検索ハードウェアの実装と評価
遠藤景子名和雅実阿多信吾阪市大)・矢野祐二黒田泰斗ルネサス エレクトロニクス)・岩本 久REVSONIC)・井上一成奈良高専/阪大)・岡 育生阪市大IN2015-33
テーブルの高速検索を行うために TCAM (Ternary Content Addressable Memory) が検... [more] IN2015-33
pp.61-66
 119件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会