お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 49件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS 2022-03-11
13:00
ONLINE オンライン開催 視覚障がい者のためのアーチェリー競技支援システムの開発 ~ 被験者実験による音響式照準器の性能評価 ~
大平原 誠辻岡哲夫渡辺一志岡 育生阪市大HCS2021-64
我々は,視覚障がい者の方々を対象としたアーチェリー競技の実現を目指して,電子化されたアーチェリー競技支援システムの開発に... [more] HCS2021-64
pp.19-24
HCS 2022-03-11
14:00
ONLINE オンライン開催 視覚障がい者が音楽で景色を聴くための音響信号生成 ~ LIDARによる深度情報取得とパルス幅変調による表現 ~
青山直樹中島重義辻岡哲夫岡 育生渡辺一志阪市大HCS2021-66
本稿では,視覚障がい者の補助をターゲットとして,LIDARによって取得した深度情報をPWMにより音響信号に変換し,信号音... [more] HCS2021-66
pp.31-36
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-09
15:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 通信遅延下における力覚通信の安定性及び操作性向上の検討 ~ 予測反力フィードバックの効果 ~
渡邉 均井上大暉東京理科大)・黄 平国岐阜聖徳学園大)・石橋 豊名工大CQ2021-105
力覚通信は,ネットワークを介して力を伝えることで,視覚情報を補うことによる操作の確実化,物体表面の感触取得などの意義があ... [more] CQ2021-105
pp.25-30
HCS 2022-01-29
14:00
ONLINE オンライン開催 視覚障がい者のためのアーチェリー競技支援システムの開発 ~ オブジェクト認識機能付きカメラを用いた音響式照準器の試作と基礎検証実験 ~
大平原 誠辻岡哲夫渡辺一志岡 育生阪市大HCS2021-57
本稿では,視覚障がい者の方々を対象としたアーチェリーを競技として成立させるために,電子化されたアーチェリー競技支援システ... [more] HCS2021-57
pp.81-88
HCS 2021-08-22
13:00
ONLINE オンライン開催 平面認識を用いた聴覚情報と触覚情報による空間認知
佐本紘希岡 育生辻岡哲夫中島重義渡辺一志阪市大HCS2021-28
本稿では,平面認識を用いた聴覚情報と触覚情報による空間認知システムを提案している.ユーザが頭部に深度情報のヘッドマウント... [more] HCS2021-28
pp.63-66
HCS 2020-08-22
15:30
ONLINE オンライン開催 平面認識を用いた聴覚情報による環境認知
冨田晃右岡 育生辻岡哲夫渡辺一志阪市大HCS2020-37
本稿では,視覚障がい者用の環境認知システムとして,平面認識を用いた聴覚拡張システムを提案する.提案手法では,ユーザーの頭... [more] HCS2020-37
pp.95-98
SR 2019-05-31
10:00
東京 東京ビッグサイト [技術展示]コグニティブIoT ~ 強化学習を用いるIoT端末の自律分散型チャネル選択方式と応用 ~
マ ジン長谷川 聰古川穂南大西巧真東京理科大)・金 成主慶大)・伊藤拓海森 健士郎中嶋宇史橋爪洋一郎山本貴博河原尊之東京理科大)・渡辺良人劉 巍荘司洋三NICT)・長谷川幹雄東京理科大SR2019-14
 [more] SR2019-14
pp.87-89
CQ, CBE
(併催)
2019-01-18
14:50
東京 首都大学東京 力覚を用いた遠隔ロボットシステム間における物体を手渡す作業に対するロボット位置の追従制御
豊田裕一石橋 豊名工大)・黄 平国星城大)・立岩佑一郎名工大)・渡邉 均東京理科大CQ2018-90
本報告では, 力覚を用いた二つの遠隔ロボットシステム間で, 物体を手渡す作業を行う場合のロボット位置の追従制御を提案し,... [more] CQ2018-90
pp.83-88
CQ 2018-06-01
13:10
千葉 千葉大学西千葉キャンパス アカデミック・リンク・センター QoE Assessment of Object Softness in Remote Robot System with Haptics -- Comparison of Stabilization Control --
Qin QianYutaka IshibashiNITech)・Pingguo HuangSeijoh Univ.)・Yuichiro TateiwaNITech)・Hitoshi WatanabeTokyo Univ of Science)・Kostas E. PsannisUniv of MacedoniaCQ2018-27
 [more] CQ2018-27
pp.55-60
CQ, CS
(併催)
2018-04-20
10:10
広島 広島工業大学 力覚を用いた遠隔ロボットシステムにおけるネットワーク遅延が人との協調作業の効率に及ぼす影響
豊田裕一石橋 豊名工大)・黄 平国星城大)・立岩佑一郎名工大)・渡邉 均東京理科大CQ2018-9
本報告では, 力覚を用いた遠隔ロボットシステムにおける, ネットワーク遅延が人との協調作業に及ぼす影響を実験によって調査... [more] CQ2018-9
pp.47-52
MVE 2017-09-21
16:15
千葉 千葉大学 西千葉キャンパス 遠隔ロボットシステムにおける粘性による安定化制御の効果
力石貴文・○石橋 豊名工大)・黄 平国星城大)・三好孝典豊橋技科大)・大西 仁放送大)・立岩佑一郎名工大)・コスタス プサニスマケドニア大)・渡邉 均東京理科大MVE2017-19
本報告では, 利用者がビデオを見ながら触覚インタフェース装置によって産業用ロボットを遠隔操作することができる遠隔ロボット... [more] MVE2017-19
pp.25-30
CQ 2016-01-21
11:05
茨城 筑波大学 減災への貢献度に基づく通信網の要求信頼性決定方法に関する一考察
渡邉 均黄 平国東京理科大CQ2015-96
制御網と伝達網あるいは,経済等人間活動のネットワークと通信網など,2つのネットワークが連携して機能することは多い.そこで... [more] CQ2015-96
pp.19-24
EMCJ 2015-07-09
14:25
東京 機械振興会館 複素透磁率を考慮したコモンモードチョークコイルのSPICEモデル
野村勝也菊地直人渡辺良利井上俊太郎服部佳晋豊田中研EMCJ2015-38
電力変換回路のノイズを抑制するフィルタ回路の設計では,コモンモードチョークコイルを用いたフィルタの減衰特性を,SPICE... [more] EMCJ2015-38
pp.43-48
R 2015-05-22
16:15
島根 隠岐島文化会館 サービス停止時の損失に基づくネットワーク要求信頼性決定手法の一考察
渡邉 均黄 平国東京理科大R2015-8
通信ネットワークの信頼性設計の第一歩として,ネットワークに求められる信頼性を決定する必要がある.我が国においては,主に電... [more] R2015-8
pp.39-43
ASN 2015-05-15
14:30
東京 東京電機大学千住キャンパス [ポスター講演]建築空間での準静電界の試用 ~ 準静電界による心理的変化及びセンシングについて ~
陳 紹華馬淵大宇林田和人渡辺仁史早大)・河野賢司滝口清昭東大ASN2015-16
本研究は建築空間内の人間行動と準静電界の関係について大きく2つのテーマについて記述している。準静電界は日常生活に常に存在... [more] ASN2015-16
pp.77-82
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2015-03-03
10:10
東京 成蹊大学 6号館6階 2つのネットワークが連携する場合の要求信頼性決定手法の一考察
渡邉 均黄 平国東京理科大CQ2014-114
電話網等における伝達網と制御網あるいは,基幹通信網を用いてその上位に構成される所謂オーバーレイネットワークなど,2つのネ... [more] CQ2014-114
pp.13-18
R 2014-12-19
14:35
東京 機械振興会館 減災のための通信網信頼性モデルの構築に関する一考察
渡邉 均黄 平国東京理科大R2014-68
災害時に通信網の機能が損なわれた時の,被害の拡大の程度から,災害時に通信網に要求される耐力等を求める手法の可能性について... [more] R2014-68
pp.19-24
ASN 2014-05-29
14:30
東京 東京大学先端科学技術研究センター An棟2階 コンベンションホール [ポスター講演]歩行時の身体加速度と気持ちとの関係
林田和人渡辺仁史早大ASN2014-6
自分自身の心の状態(心理、感情)、また他人の心の状態を知ることができれば、以下にあげるようなサービスが可能となる。
・... [more]
ASN2014-6
pp.25-27
ASN 2014-05-29
14:30
東京 東京大学先端科学技術研究センター An棟2階 コンベンションホール [ポスター講演]KINECTを用いた動作判別
林田和人早大)・遠田 敦東京理科大)・渡辺仁史早大ASN2014-7
動作する人間との距離を識別する映像を撮影し、これをもとに骨格の位置を類推する仕組みを持つKINECTは、発売当初よりゲー... [more] ASN2014-7
pp.29-31
NS 2014-05-16
11:40
山梨 山梨大学 異なるTCP輻輳制御が混在するときの公平性評価 ~ CUBICとFAST TCPの場合 ~
坂本稔樹黄 平国渡邉 均東京理科大NS2014-38
輻輳制御はTCP(Transmission Control Protocol)プロトコルの一つの重要な機能であり,現在ま... [more] NS2014-38
pp.79-82
 49件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会