お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-21
11:20
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス 決定木を用いたUTMログ解析によるDDoS攻撃検知の試み
藤岡碧志岡崎裕之鈴木彦文信州大NS2019-123
近年では機械学習をはじめとするAI技術が発展し,応用事例が増えている.
セキュリティ分野においてもその傾向は顕著だが,... [more]
NS2019-123
pp.19-25
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-21
11:45
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス LLLアルゴリズムを用いたUTMトラフィックログの解析
森田拓哉鈴木彦文岡崎裕之信州大NS2019-124
近年、情報通信機器の普及やインターネットの発達に伴い、様々なサービスの実現やサーバーの運用が可能となっている。一方で、公... [more] NS2019-124
pp.27-30
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2019-11-02
10:50
大阪 大阪大学 吹田キャンパス ブロックチェーン技術を用いたDNSキャッシュポイズニング対策の検討
高橋幸宏布田裕一東京工科大)・岡﨑裕之鈴木彦文信州大ISEC2019-78 SITE2019-72 LOIS2019-37
近年, インターネット上には多種多様なアプリケーションやコンテンツが公開されるようになり, それらのサービスが公開されて... [more] ISEC2019-78 SITE2019-72 LOIS2019-37
pp.107-112
IA, ICSS
(共催)
2019-06-07
10:20
宮城 東北大学 電気通信研究所 本館6階大会議室 認証ログをライフログとして用いた安否確認システムの開発
森田拓哉アサノ デービッド鈴木彦文岡崎裕之信州大IA2019-6 ICSS2019-6
近年の安否確認システムでは、ある瞬間の安否を確認することはできるが、確認後に余震などで被害にあった人たちのその後の安否確... [more] IA2019-6 ICSS2019-6
pp.27-30
MW 2017-11-09
14:20
沖縄 宮古島マリンターミナルビル GaAs出力整合回路を用いたX帯30W級GaN-on-Si MMIC増幅器
神岡 純河村由文中原和彦岡崎拓行半谷政毅山中宏治三菱電機MW2017-122
 [more] MW2017-122
pp.57-60
MW, ED
(共催)
2017-01-27
11:20
東京 機械振興会館地下2階1号室 GaN on Siを用いたX帯低損失・高耐電力スイッチ
幸丸竜太半谷政毅中原和彦岡崎拓行山中宏治三菱電機ED2016-106 MW2016-182
GaN on Siを用いた低損失・高耐電力な特性を有するスイッチの試作結果について報告する. 本スイッチにはSi基板上に... [more] ED2016-106 MW2016-182
pp.53-56
MW, ED
(共催)
2017-01-27
14:00
東京 機械振興会館地下2階1号室 低コスト送信器向け小型8.5-10.5GHz GaN-on-Si MMIC増幅器
神岡 純半谷政毅中原和彦岡崎拓行山中宏治三菱電機ED2016-109 MW2016-185
 [more] ED2016-109 MW2016-185
pp.69-73
ET 2012-11-17
11:15
佐賀 佐賀大学(本庄キャンパス) Mizarによる大学数学向け高度遠隔教育用コンテンツ開発
井戸貴也岡崎裕之山崎 浩師玉康成信州大ET2012-55
Mizar プロジェクトとは,形式化数学記述言語を用いて現行の数学定理とその証明を形式化記述し,計算機
で自動検証可能... [more]
ET2012-55
pp.13-17
ISEC, LOIS
(共催)
2011-11-14
15:35
大阪 大阪電気通信大学 Mizarによる数論アルゴリズムの形式化と検証
青木祥希岡崎裕之師玉康成信州大ISEC2011-44 LOIS2011-38
本稿では数論アルゴリズムからユークリッドの互除法と拡張ユークリッドの互除法を取り上げ,
プルーフチェッカMizarを用... [more]
ISEC2011-44 LOIS2011-38
pp.69-74
ED, SDM
(共催)
2010-06-30
16:00
東京 東工大 大岡山キャンパス Electrochemical formation of InP porous structures for their application to photoelectric conversion devices
Hiroyuki OkazakiTaketomo SatoNaoki YoshizawaTamotsu HashizumeHokkaido UnivED2010-71 SDM2010-72
 [more] ED2010-71 SDM2010-72
pp.85-89
ED 2010-06-17
13:50
石川 北陸先端大 電気化学的手法によるInP多孔質構造の形成と高感度化学センサへの応用
佐藤威友吉澤直樹岡崎拓行橋詰 保北大ED2010-35
電気化学的手法により自己組織化形成されるn-InP多孔質構造の形成条件を最適化し、孔径約100nmで深さ10ミクロン以上... [more] ED2010-35
pp.11-15
SDM, ED
(共催)
2009-06-25
11:30
海外 海雲台グランドホテル(釜山、韓国) InP pn接合基板へのポーラス構造の形成とデバイス応用
佐藤威友吉澤直樹オカザキ ヒロユキ橋詰 保北大ED2009-76 SDM2009-71
We demonstrated to form InP porous structures on n-type epit... [more] ED2009-76 SDM2009-71
pp.117-120
ET 2009-03-07
15:35
香川 香川大 Moodle用数理演習モジュールを用いたWeb上での数理教育手法
三輪辰雄アルファネット)・小林英子小林亮太岡崎裕之信州大)・遠藤 登岐阜高専)・和崎克己師玉康成信州大ET2008-129
我々は,形式化数学の記述言語であるMizar 言語を利用し数理論的思考を涵養する為のWeb 用教材とし
て,Moodl... [more]
ET2008-129
pp.211-215
ISEC, IPSJ-CSEC, SITE
(共催)
2005-07-21
15:05
岩手 岩手県立大学 メタリング署名
岡崎裕之京都コンピュータ学院)・境 隆一阪電通大)・笠原正雄阪学院大
一般的に,ディジタル署名方式では秘密鍵を用いて公開鍵を計算する.
メッセージに署名を行うには,メッセージと秘密鍵を用い... [more]
ISEC2005-36 SITE2005-34
pp.201-204
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会