お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, IN
(併催)
2015-05-21
14:25
東京 機械振興会館 [依頼講演]将来無線アクセス・モバイル光ネットワークにおけるアンライセンスバンドアクセス方式の検討
工藤理一アベセカラ ヒランタ鷹取泰司市川武男溝口匡人NTT)・安田浩人森岡康史山田 曉森広芳文奥村幸彦NTTドコモIN2015-8 RCS2015-29
 [more] IN2015-8 RCS2015-29
pp.39-44(IN), pp.33-38(RCS)
RCS, SR, SRW
(併催)
2015-03-05
11:15
東京 東京工業大学 将来無線アクセス・モバイル光ネットワークにおけるアンライセンスバンドアクセス権制御方式
工藤理一アベセカラ ヒランタ鷹取泰司市川武男溝口匡人NTT)・安田浩人森岡康史山田 曉森広芳文浅井孝浩奥村幸彦NTTドコモRCS2014-342
 [more] RCS2014-342
pp.243-248
IN, MoNA
(併催)
2014-11-18
16:15
山口 下関市勤労福祉会館 [依頼講演]セルラ-無線LAN間連携に関わる標準化動向
山田 曉安田浩人森岡康史森広芳文浅井孝浩奥村幸彦NTTドコモIN2014-86 MoNA2014-49
スマートフォンやタブレット端末,リッチコンテンツ等の普及に伴い,国内外にてセルラネットワークのトラヒックは急増しており,... [more] IN2014-86 MoNA2014-49
pp.27-32(IN), pp.3-8(MoNA)
IN, MoNA
(併催)
2014-11-19
09:25
山口 下関市勤労福祉会館 次世代無線LAN向けMACプロトコルに関する検討
安田浩人山田 曉森岡康史森広芳文奥村幸彦NTTドコモMoNA2014-52
 [more] MoNA2014-52
pp.21-24
AP, RCS
(併催)
2014-11-13
09:00
山形 山形大 米沢キャンパス 将来無線アクセス・モバイル光ネットワークにおけるアンライセンスバンドアクセス方式の特性評価
工藤理一アベセカラ ヒランタ鷹取泰司市川武男溝口匡人NTT)・安田浩人森岡康史山田 曉森広芳文奥村幸彦NTTドコモRCS2014-207
モバイルトラヒックの急速な増大に対応し,無線LANシステムをはじめとするアンライセンスバンドの通信もモバイルシステムの一... [more] RCS2014-207
pp.61-66
SAT, RCS
(併催)
2014-08-19
15:30
高知 高知市文化プラザかるぽーと [依頼講演]5G無線アクセスネットワークにおけるグループモビリティの課題とその解決方法
安田浩人シン キユン森広芳文森岡康史須山 聡奥村幸彦NTTドコモSAT2014-32 RCS2014-144
 [more] SAT2014-32 RCS2014-144
pp.39-44(SAT), pp.31-36(RCS)
RCS 2014-04-17
11:35
愛知 名古屋工業大学 5G将来無線アクセスネットワークにおけるムービングセルの実現法
安田浩人森岡康史森広芳文須山 聡シン キユン奥村幸彦NTTドコモRCS2014-3
 [more] RCS2014-3
pp.13-18
RCS, NS
(併催)
2013-12-20
12:05
香川 高松市文化芸術ホール 将来無線アクセス・モバイル光ネットワークにおける無線LAN-セルラ間連携に関する一考察
工藤理一アベセカラ ヒランタ鷹取泰司溝口匡人NTT)・安田浩人山田 曉奥村幸彦NTTドコモNS2013-155 RCS2013-247
無線LANを搭載するスマートデバイスの普及に伴い無線LANの利用シーンが広がっており,セルラトラヒックの急速な増大に対応... [more] NS2013-155 RCS2013-247
pp.119-124(NS), pp.237-242(RCS)
RCS 2013-10-18
13:00
東京 上智大学 将来無線アクセス・モバイル光ネットワークにおけるマルチドメイン無線制御技術の一検討
森広芳文安田浩人森岡康史奥村幸彦NTTドコモRCS2013-164
将来の超高速・大容量モバイル通信ネットワークの実現に向け,既存のセルラシステムにおけるマクロセル(比較的低い周波数を使用... [more] RCS2013-164
pp.127-131
IPSJ-DPS, IPSJ-GN, IPSJ-EIP
(共催)
CQ, MoNA
(併催) [詳細]
2013-09-13
09:45
石川 金沢工業大学 セルラ及びWi-Fiの同時利用によるWeb体感品質向上の検討
安田浩人森岡康史森広芳文奥村幸彦NTTドコモCQ2013-42
 [more] CQ2013-42
pp.85-89
SR 2011-04-22
10:20
島根 松江テルサ 3次元エリアモデルを用いたシステム間周波数共用環境評価 ~ 評価方法の改善と2次元エリアモデルに基づく評価方法との比較 ~
安田浩人藤井啓正三浦俊二加山英俊NTTドコモSR2011-10
本稿では,マクロセルラシステムと小規模無線システムが同一周波数を利用するヘテロジニアス環境の評価のため,3次元エリアモデ... [more] SR2011-10
pp.59-64
SR 2007-11-27
10:30
広島 広島国際大学 [ポスター講演]コグニティブ無線のための高貢献度端末探索手法
安田浩人藤井威生電通大SR2007-55
近年、コグニティブ無線に関する研究が盛んである。コグニティブ無線は周囲の無線環境をもとに適応することで帯域利用時のプライ... [more] SR2007-55
pp.63-69
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会