お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
15:00
ONLINE オンライン開催 深層学習による超音波信号分類システムの開発
尾関剛成青木直史土橋宜典北大)・池田研一安田 寛スマート・ソリューション・テクノロジーSP2021-21
音波通信は,電波通信と比べると,環境雑音や反響音,残響音,ドップラー効果などの外乱により信号音が歪みやすく,情報識別に誤... [more] SP2021-21
pp.97-100
EA, ASJ-H
(共催)
2020-07-20
13:00
ONLINE オンライン開催 機械学習による非可聴音通信システムにおける信号音識別に関する一検討
尾関剛成青木直史穴沢早紀土橋宜典北大)・池田研一安田 寛スマート・ソリューション・テクノロジーEA2020-1
本研究では,音信号の非可聴域である高周波帯域に情報を埋め込み,データ通信を行うシステムを提案している.音通信で扱う信号は... [more] EA2020-1
pp.1-6
EA, ASJ-H
(共催)
2020-07-20
13:50
ONLINE オンライン開催 U-Netを用いた非可聴音通信システムにおける雑音低減に関する一検討
穴沢早紀青木直史尾関剛成土橋宜典北大)・池田研一安田 寛スマート・ソリューション・テクノロジーEA2020-3
本研究は,人間の聴覚では聞こえない高周波帯域を使って2値符号を伝送する音波通信における雑音低減の一手法として,機械学習に... [more] EA2020-3
pp.13-17
SIP 2017-08-24
15:40
東京 東京電機大学 教室:東京千住キャンパス1号館2階 1206教室 [特別招待講演]IoT時代のサイバーセキュリティ
安田 浩東京電機大
筆者の研究テーマである画像圧縮技術の研究開発と国際標準化の動きを述べ,その技術が開いたWebの世界の発展に触れ,IoTの... [more]
HCS 2016-03-01
16:50
石川 瑠璃光(山代温泉) 自動車のIoT化が生み出すユーザ体験のプロトタイピング ~ 持ち寄ったモノを通じた乗員間コミュニケーション ~
大濱吉紘安田浩志豊田中研HCS2015-89
近年の自動車はシステムの高度化に伴い,多くのセンサやアクチュエータが,専用ネットワークで相互接続されている。もしこれらの... [more] HCS2015-89
pp.41-46
HIP 2014-03-19
10:20
東京 東京大学本郷キャンパス 6号館 セミナー室A,D 自動車の後退駐車を習熟させる教示方法のRCカーを用いた検討
山内省吾福村直博豊橋技科大)・大濱吉紘安田浩志豊田中研HIP2013-93
自動車の駐車を苦手とするユーザをターゲットとして,有用な支援装置が数多く実用化されている.本研究の目的は,駐車タスクの習... [more] HIP2013-93
pp.71-76
IN, IA
(併催)
2012-12-14
15:20
広島 広島市立大学 The bias of bit distribution issue in plain text archiving
Ahmed TallatHiroshi YasudaKilho ShinTokyo Denki Univ.IN2012-135
 [more] IN2012-135
pp.79-84
AI 2011-11-21
11:00
福岡 九州大学 伊都キャンパス 低レベルPC操作ログからの業務パターン抽出手法の提案
齋藤良平ハミングヘッズ)・久保山哲二学習院大)・山川裕大ハミングヘッズ)・安田 浩東京電機大AI2011-19
本研究では業務パターン及び従業員の業務における行動パターンの発見を目的とした,新しい分析手法の
提案を行う.提案手法は... [more]
AI2011-19
pp.13-18
IPSJ-GN, LOIS
(連催)
2011-05-19
11:00
東京 NTT武蔵野研究開発センタ PC操作ログからの従業員PC利用パターンのクラスタリング
齋藤良平山川裕大ハミングヘッズ)・久保山哲二学習院大)・安田 浩東京電機大LOIS2011-1
本研究では、企業内のクライアントPCのログから個々のユーザの勤務形態や生産性
について推定することを目標として、その要... [more]
LOIS2011-1
pp.9-13
LOIS 2011-03-03
15:15
沖縄 石垣市IT事業支援センター(沖縄県) アクティブウインドウ遷移ログからの企業内PC利用パターン分析
齋藤良平山川裕大ハミングヘッズ)・久保山哲二学習院大)・安田 浩東京電機大LOIS2010-77
本研究では企業内のクライアントPCのログから個々のユーザーの勤務形態や生産
性について推定することを目標として,その... [more]
LOIS2010-77
pp.73-78
IE, LOIS
(共催)
ITE-ME, IEE-CMN
(連催)
(連催) [詳細]
2010-09-22
13:50
高知 高知工科大学 テレビ会議映像におけるシーンチェンジの効用についての考察
小寺 博安田 浩東京電機大
 [more]
ICM 2010-03-12
15:10
鹿児島 おきえらぶフローラルホテル NE仕様定義の自動生成による大規模OSSソフトウェア生産性向上法の提案
山本直樹中村貴由紀安田洋史ドコモ・テクノロジ)・高橋和秀NTTドコモICM2009-68
筆者らは,オペレーションサポートシステム(OSS:Operation Support System)が管理するネットワー... [more] ICM2009-68
pp.133-138
MSS 2010-01-21
17:00
愛知 豊田中央研究所アクタスCホール [招待講演]予防安全システム評価シミュレータSTREET
町田貴史安田浩志小里明男山田直之岩瀬竜也倉橋哲郎森 博子北岡広宣豊田中研CST2009-44
我々は車載型予防安全システムの効果検証を目的として安全システム評価シミュ
レータSTREET(Safety & Tra... [more]
CST2009-44
pp.43-44
ICM 2009-03-13
14:40
鹿児島 奄美サンプラザホテル 分散データ駆動型アーキテクチャを用いたサービス提供基盤の提案
河野陽介富澤彰之・○中村貴由紀安田洋史ドコモ・テクノロジ)・高橋和秀NTTドコモICM2008-82
NGN (Next Generation Network)のサービス提供基盤として提唱されているSDP (Service... [more] ICM2008-82
pp.137-142
CS, CQ
(併催)
2008-04-24
16:20
青森 弘前大学 [特別講演]画像ビッグバンをイノベーションの源泉に ~ 見るから魅せるへ ~
安田 浩東京電機大)・青木輝勝東北大CS2008-4 CQ2008-4
 [more] CS2008-4 CQ2008-4
pp.19-24(CS), pp.17-22(CQ)
KBSE, JSAI-KBS
(共催)
2007-01-23
15:30
神奈川 慶應義塾大学・日吉キャンパス・来往舎・中会議室 SVMを用いたモブログテキストからの感情抽出
江村恒一東大)・安木 慎宮崎誠也松下電器)・久保山哲二青木輝勝安田 浩東大
 [more] KBSE2006-65
pp.61-66
CS 2007-01-11
15:30
沖縄 与那国(沖縄) [特別講演]僻地・離島の救急医療を支援する遠隔医療 ~ 沖縄県における現状と今後の可能性 ~
久木田一朗中村宏治玉城佑一郎琉球大)・花村泰範与那国診療所)・横田勝彦安田 浩東大CS2006-83
沖縄県は広大な海域に点在する多数の有人離島に12万人以上が生活している島嶼県である。離島で重症な急患が発生した時には基幹... [more] CS2006-83
pp.73-75
ISEC 2005-12-16
13:00
東京 機械振興会館 Webコンテンツの不整合問題に対するモデレーションモデルの提案
宋 光顯申 吉浩久保山哲二田口哲典青木輝勝安田 浩東大
 [more] ISEC2005-113
pp.17-21
IE 2005-01-10
- 2005-01-11
海外 韓国済州島Cheju National University Joint based feature extraction from Mocap datasets
Hiroshi YasudaPiperakis RomanosSuguru SaitoMasayuki NakajimaTokyo Tech.
 [more] IE2004-155
pp.57-62
CS, IE
(共催)
2004-12-09
13:00
愛知 名古屋大学 Direct Feedback Method for Measuring the Level of Attention of TV Customers
Uwe KowalikTerumasa AokiHiroshi YasudaThe University of Tokyo
 [more] CS2004-102 IE2004-97
pp.33-37
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会