お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IBISML 2017-11-09
13:00
東京 東京大学 複数系列における重複状態を表現可能な隠れセミマルコフモデルの提案
成松宏美笠井裕之電通大IBISML2017-49
隠れセミマルコフモデル(HSMM)をベースとして,複数系列の入力をモデル化するための重複状態を表現可能な隠れセミマルコフ... [more] IBISML2017-49
pp.109-114
NS, RCS
(併催)
2015-12-17
09:40
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 複数プロトコルの時分割切替を特徴とするクラウド型アクセスポイントの検討
成松宏美永徳真一郎松川尚司片山幸久NTTRCS2015-244
IoTなどのセンサ類の普及により,それらを収容するための無線プロトコルはサービス毎に規格化が進んでいる.今後利用するサー... [more] RCS2015-244
pp.7-12
IBISML 2015-11-27
14:00
茨城 つくば国際会議場 [ポスター講演]系列間隔状態ノードを有する隠れセミマルコフモデルの評価
成松宏美笠井裕之電通大IBISML2015-84
時系列データの構造に合わせた解析モデルの実現を目的として,系列長と系列間隔を同時に扱えるHMM拡張手法を提案する.時系列... [more] IBISML2015-84
pp.233-240
ASN 2013-11-28
10:00
東京 機械振興会館 [ポスター講演]管理外のアクセスポイント利用による屋内測位手法の提案
成松宏美水野 理小川智明北村和夫NTTASN2013-89
我々は宅内や小規模オフィスなどにおける屋内測位の実現に向けて,宅内やオフィス内の管理された無線LANアクセスポイントの電... [more] ASN2013-89
pp.11-16
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2010-03-04
16:20
神奈川 YRP 複数WLANサービスリソース透過的アクセスのためのイベントドリヴン型情報共有方式の提案
佐々木直晴成松宏美笠井裕之電通大)・新熊亮一京大MoMuC2009-83
 [more] MoMuC2009-83
pp.53-58
NS 2009-12-10
14:15
愛媛 愛媛大学 複数WLANサービスリソース透過的アクセスのためのタイムスロットベース情報共有方式の一検討
佐々木直晴成松宏美笠井裕之電通大)・新熊亮一京大NS2009-123
 [more] NS2009-123
pp.17-22
SR, AN, USN
(併催)
2009-10-22
11:50
宮城 東北大学 複数WLANリソース収集のための透過的アクセス方式とネットワーク切り替え制御方式の検討
佐々木直晴成松宏美笠井裕之電通大AN2009-27
 [more] AN2009-27
pp.31-36
CQ, MoNA, IPSJ-AVM
(連催)
2009-07-10
14:00
北海道 小樽市民会館 状況依存型サービスのためのリソースアクセス集約方式の検討
成松宏美笠井裕之電通大MoMuC2009-23
携帯端末を用いたユーザ支援サービスの普及に伴い,一携帯端末上で,複数のアプリケーションの利用が可能となってきている.それ... [more] MoMuC2009-23
pp.71-76
SP, NLC
(共催)
2008-12-10
16:10
東京 早稲田大学(小野記念講堂) ロボット・エージェント対話行動制御部構築ツールRIME-TKを用いた質問応答機能の実現
成松宏美津田塾大)・中野幹生ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン)・船越孝太郎長谷川雄二辻野広司津田塾大NLC2008-70 SP2008-125
本稿では,ロボットやエージェントの対話行動制御部を構築するためのツール
キットRIME-TKを用いて,質問応答機能を実... [more]
NLC2008-70 SP2008-125
pp.273-278
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会