電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN 2019-01-22
10:00
愛知 愛知県産業労働センター15F 愛知県立大学サテライトキャンパス 観光写真から抽出した撮影者の好みに基づく観光スポット推薦
中野広貴荒澤孔明渡邊稜平服部 峻室蘭工大IN2018-80
情報端末の普及に伴い,旅行時に写真撮影を行いSNSに投稿するユーザが増加しているが,多くの写真は活用されていない.また,... [more] IN2018-80
pp.45-50
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-07
14:10
広島 サテライトキャンパスひろしま FPGAとマイコンを用いたリングオシレータの超長期経年劣化の実測評価
中野洋希京都工繊大)・岸田 亮東京理科大)・古田 潤小林和淑京都工繊大CPM2018-95 ICD2018-56 IE2018-74
 [more] CPM2018-95 ICD2018-56 IE2018-74
pp.31-36
IA 2017-11-15
15:40
海外 KMITL, タイ・バンコク 情報エネルギー混載パケットルータの設計と実装
中野博樹岡部寿男京大
 [more]
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-14
11:45
長崎 長崎県立大学シーボルト校 Androidアプリの脆弱性とQ&Aサイト上のコードスニペットの関連性の分析
中野弘樹横浜国大)・金井文宏秋山満昭NTT)・吉岡克成横浜国大ICSS2016-68
Androidアプリ開発者は,開発者向けのQ&Aサイトに投稿されているコードスニペットを自身が開発しているアプリに利用し... [more] ICSS2016-68
pp.171-176
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-14
16:40
山口 中市コミュニティーホール Nac パッキングサービスにより保護されたアプリの静的判別手法を用いたAndroidマーケットの実態調査
中野弘樹楊 志勇森 博志吉岡克成松本 勉横浜国大ISEC2016-26 SITE2016-20 ICSS2016-26 EMM2016-34
本発表では,Androidパッカーが適用されたアプリを高精度で検知し,パッカーの種別を判別する静的判別手法を提案し,これ... [more] ISEC2016-26 SITE2016-20 ICSS2016-26 EMM2016-34
pp.71-76
BioX, ITE-ME, ITE-IST
(連催)
2015-06-29
15:45
石川 金沢大学 自然科学研究科 PatchMatch法を用いた時空間視差平面モデルの推定に基づくステレオ動画像における視差推定
中野広基杉村大輔浜本隆之東京理科大
 [more]
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2013-11-14
10:20
長崎 福江文化会館(五島列島) 階層的なロケータ番号自動割振プロトコルHANAの監視・可視化システムの設計と実装
藤川賢治NICT)・林 經正ボスコ・テクノロジーズ)・中野博樹トランス・ニュー・テクノロジー)・福島裕介原井洋明NICTICM2013-25
 [more] ICM2013-25
pp.13-18
IA 2005-10-28
15:00
東京 東京大学(本郷キャンパス) 複数無線基地局同時利用のためのLIN6の拡張
藤川賢治京大)・中野広樹トランス・ニュー・テクノロジー)・國司光宣メディアエクスチェンジ)・古村隆明京都高度技研
(事前公開アブストラクト) 本研究の目的は、複数の無線基地局から電波を受け取れるような環境で複数基
地局を同時に活用し... [more]
IA2005-18
pp.37-42
KBSE 2005-03-15
10:50
東京 機械振興会館 Contents Oriented Communications for an emergency information
Kazuya SakaiHiroki NakanoAkiko NakaniwaHiroyuki EbaraHiromi OkadaKansai Univ.
従来のWWW検索、P2Pファイル共有システムにおいてユーザが情報を検索する場合、キーワード、アドレス、コンテンツ名など外... [more] KBSE2004-58
pp.13-18
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会