電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HWS, ICD
(共催) [詳細]
2019-11-01
16:50
大阪 DNPなんばSSビル 半導体チップのハードウェアトロージャンに対する物理レベルの取り組み(I)
川村信一今福健太郎坂根広史堀 洋平産総研)・永田 真産総研/神戸大)・林 優一産総研/奈良先端大)・松本 勉産総研/横浜国大HWS2019-65 ICD2019-26
半導体チップ上や回路基板などに本来あってはならないハードウェア回路が挿入される脅威が問題となりつつある. 本稿ではそのよ... [more] HWS2019-65 ICD2019-26
pp.47-52
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2018-03-08
15:50
島根 隠岐の島文化会館 装着型セキュリティ強化装置の開発
戸田賢二古原和邦坂根広史産総研CPSY2017-150 DC2017-106
PCやサーバなどの情報機器のセキュリティを強化するための装置の開発を行っている.後付けで,マザーボードと周辺機器の間に本... [more] CPSY2017-150 DC2017-106
pp.281-287
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-03-10
10:10
沖縄 具志川農村環境改善センター ディスクI/Oのハードウェアモニタリングを用いた情報保護方式と実装
戸田賢二古原和邦坂根広史産総研CPSY2016-146 DC2016-92
 [more] CPSY2016-146 DC2016-92
pp.303-308
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2008-11-18
15:20
福岡 北九州学術研究都市 サイドチャネル攻撃に対する標準評価ボードとツールの開発
堀 洋平片下敏宏坂根広史戸田賢二佐藤 証産総研)・今井秀樹中大RECONF2008-54
近年,暗号モジュールの電力波形や電磁波などから内部の情報を暴露する新たな物理攻撃であるサイドチャネル攻撃が登場しており,... [more] RECONF2008-54
pp.87-92
RECONF 2008-05-22
13:50
福島 会津大学 部分再構成システムにおけるAES-GCMを用いたビットストリームの秘匿と認証
堀 洋平佐藤 証坂根広史戸田賢二産総研RECONF2008-3
AES-GCMを用いてFPGAのビットストリームの秘匿と検証を同時に行うことで,安全に動的部分再構成を行うシステムを実現... [more] RECONF2008-3
pp.13-18
RECONF, CPSY, VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-01-16
14:45
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス 動的部分再構成による回路規模と消費電力の削減についての一考察
堀 洋平坂根広史戸田賢二産総研VLD2007-110 CPSY2007-53 RECONF2007-56
FPGAの動的部分再構成を利用し,複数のモジュールを切り替えて実装することで,回路面積や消費電力がどの程度削減可能である... [more] VLD2007-110 CPSY2007-53 RECONF2007-56
pp.31-36
VLD, CPSY, RECONF, IPSJ-SLDM
(共催)
2007-01-18
15:20
東京 慶応大学(日吉) FPGAの自己動的再構成を利用したシステムの設計と開発
堀 洋平産総研)・横山浩之KDDI研)・坂根広史戸田賢二産総研
FPGAの自己動的部分再構成を利用したシステムの,設計方法と実装例について述べる.現在市販されているFPGAの中には,回... [more] VLD2006-104 CPSY2006-75 RECONF2006-75
pp.61-68
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会