電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 111件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP, WPT
(併催)
2020-01-23
15:35
香川 サンポートホール高松 モーターによる素子回転を利用したラジアルライン給電ヘリカルフェーズドアレーの実験検証
中本成洋鈴木雄将山口 聡深沢 徹米田尚史宮下裕章三菱電機AP2019-161
 [more] AP2019-161
pp.61-66
AP 2019-05-17
09:30
兵庫 かんぽの宿 有馬 モーターによる素子回転を利用した導波管給電型ヘリカルフェーズドアレーの検討
横川 佳中本成洋山口 聡鈴木雄将深沢 徹大塚昌孝米田尚史宮下裕章三菱電機AP2019-6
 [more] AP2019-6
pp.29-33
AP 2019-02-21
13:30
大阪 住友電工(大阪製作所) [依頼講演]モーターによる素子回転を利用したラジアルライン給電ヘリカルフェーズドアレーの設計
中本成洋鈴木雄将山口 聡深沢 徹米田尚史宮下裕章三菱電機AP2018-171
高効率・高利得な平面アレーとして,ラジアルライン給電ヘリカルアレーが提案されており,素子回転角を調整して配置し,ビームチ... [more] AP2018-171
pp.7-12
AP
(第二種研究会)
2018-06-29
10:45
東京 神保町高橋ビル会議室7F REV法測定によるモーターを用いた導波管給電型ヘリカルフェーズドアレーの放射パターン校正
横川 佳鈴木清孝中本成洋山口 聡鈴木雄将深沢 徹大塚昌孝米田尚史宮下裕章三菱電機
 [more]
AP 2018-02-16
13:05
東京 構造計画研究所 [依頼講演]素子パターンを用いた有限周期構造のレーダ断面積解析
田中 泰瀧川道生稲沢良夫米田尚史宮下裕章三菱電機AP2017-183
アレーアンテナや周波数選択板 (FSS; Frequency Selective Surface)等の有限の素子数から構... [more] AP2017-183
pp.41-45
AP
(第二種研究会)
2017-10-24
14:15
茨城 産総研 (口頭発表)Sパラメータ法によるアンテナの電力モード解析とその応用例
柳 崇西岡泰弘深沢 徹米田尚史宮下裕章三菱電機
 [more]
AP
(第二種研究会)
2017-06-28
- 2017-06-30
北海道 北海道大学 [ポスター講演]Radio Propagation Estimation Accuracy and Time by Vertical Plane Launch Approximation
Takahiro HashimotoTakayuki NakanishiYoshio InasawaNaofumi YonedaHiroaki MiyashitaMitsubishi Electric Corp.
In the design of radio placement on large outdoor scene, red... [more]
AP 2017-05-18
09:30
宮崎 ホテルメリージュ(宮崎) 直交2偏波共用サスペンデッド線路給電テーパスロットアンテナ
後藤 準山口 聡深沢 徹宮下裕章三菱電機AP2017-22
レーダ,移動体通信等の分野において,直交2偏波共用可能な広帯域・低姿勢・低コストのアンテナが求められている.従来,直交2... [more] AP2017-22
pp.1-6
AP 2017-05-18
10:40
宮崎 ホテルメリージュ(宮崎) 低姿勢マルチバンドモノポールアンテナにおけるフィルタの設計法
山浦真悟柳 崇山本剛司杉浦弘幸勝又洋介堀江聡介西岡泰弘宮下裕章三菱電機AP2017-25
波長の長い低周波帯のアンテナは,サイズが大きいため製造・設置コストが高くなる.そこで,アンテナ性能の劣化を抑えて高さを低... [more] AP2017-25
pp.15-20
AP 2017-05-18
12:50
宮崎 ホテルメリージュ(宮崎) 励振位相切り替え構造装荷指向性可変アレーアンテナの給電構造小型化
渡辺 光森本康夫廣田明道丸山貴史山口 聡深沢 徹宮下裕章三菱電機AP2017-28
アクティブフェーズドアレーアンテナ(APAA)は電子的に高速でビーム走査できるため,レーダや移動体通信用アンテナとして広... [more] AP2017-28
pp.31-36
AP 2017-04-21
15:00
大阪 大阪大学 アクティブフェーズドアレーアンテナの送信振幅制御範囲と干渉抑圧性能に関する検討
中西孝行紀平一成高橋 徹稲沢良夫宮下裕章三菱電機AP2017-19
アクティブフェーズドアレーアンテナは各素子の位相だけでなく振幅も制御できるため高精度なビーム形成が可能となる.振幅分布の... [more] AP2017-19
pp.95-100
AP 2017-03-16
09:55
岩手 岩手大学 逆F/逆L素子により構成された多周波共用小形円偏波アンテナ
坂本寛明柳 崇石橋秀則深沢 徹西岡泰弘宮下裕章三菱電機AP2016-178
これまでの検討で4線巻きヘリカルアンテナに並列共振回路を装荷した2周波共用小形円偏波アンテナの検討を行ってきたが,狭帯域... [more] AP2016-178
pp.5-10
US 2017-02-21
14:55
茨城 産総研 つくば東事業所 第一会議室(本館1階) バンパ裏面に取り付けた空中超音波センサの指向特性制御の検討
井幡光詞原 六蔵木村友則西岡泰弘宮下裕章井上 悟三菱電機US2016-124
近年、自動車における安全安心の志向が高まっており、衝突被害軽減機能に代表される予防安全システムが発展、普及している。空中... [more] US2016-124
pp.21-24
AP 2017-02-16
10:30
栃木 栃木県総合文化センター [依頼講演]副鏡修整によるオフセットカセグレン形式マルチビームアンテナの基礎検討
瀧川道生阿戸弘人水野友宏稲沢良夫宮下裕章三菱電機AP2016-156
 [more] AP2016-156
pp.1-4
AP 2017-02-16
13:00
栃木 栃木県総合文化センター [依頼講演]パルスドップラーレーダへの時間変調アレーアンテナの適用検討
松木 誠紀平一成山口 聡大塚昌孝深沢 徹宮下裕章三菱電機AP2016-159
フェーズドアレーアンテナにおいて求められる性能として低サイドローブ特性がある.この特性を低コストで実現する技術として著者... [more] AP2016-159
pp.17-22
AP, WPT
(併催)
2017-01-20
16:40
広島 広島工業大学 和差パターンを用いた指向性変調アレーアンテナにおける通信領域の狭域化手法
栗山 侑後藤 準大塚昌孝深沢 徹宮下裕章三菱電機AP2016-153
 [more] AP2016-153
pp.135-140
RCS, AP
(併催)
2016-11-24
11:35
京都 京都市国際交流会館 鉄塔を用いた低コスト折り返しモノポールアンテナの検討
山浦真悟柳 崇山本剛司中西孝行深沢 徹宮下裕章三菱電機AP2016-110
単体で自立可能な鉄塔をアンテナとして利用することで,低周波帯のアンテナを低コストに構成することができる.筆者らはこれまで... [more] AP2016-110
pp.17-22
EMT, IEE-EMT
(連催)
2016-11-17
13:45
和歌山 白浜古賀の井リゾート&スパ(南紀白浜) リアクタンス付非励振素子を用いたアンテナ整合手法
鈴木清孝牧村英俊柳 崇西岡泰弘宮下裕章三菱電機EMT2016-52
 [more] EMT2016-52
pp.81-84
EMT, IEE-EMT
(連催)
2016-11-18
10:50
和歌山 白浜古賀の井リゾート&スパ(南紀白浜) 多重散乱を考慮したImproved Primary-Characteristic Basis Function Method
田中 泰稲沢良夫西岡泰弘宮下裕章三菱電機EMT2016-62
レーダ断面積(RCS; Radar Cross Section)高精度に解析する新たなImproved Primary-... [more] EMT2016-62
pp.163-166
AP, MW
(併催)
2016-09-16
11:10
茨城 産総研 [依頼講演]Sパラメータ法によるモード電力比簡易測定法の実験的評価
柳 崇西岡泰弘深沢 徹宮下裕章三菱電機AP2016-102 MW2016-88
筆者らは,測定したフル2ポートのS パラメータから直接アンテナの不平衡モード電力比を求める方法を提案している.本報告では... [more] AP2016-102 MW2016-88
pp.75-78(AP), pp.83-86(MW)
 111件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会