お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2020-02-28
17:25
東京 東京電機大学 表面プラズモン共鳴を利用した水中超音波の検出
上野翔矢市橋隼人福永拓未松川真美同志社大US2019-107
 [more] US2019-107
pp.47-50
EA, US
(併催)
2020-01-22
10:30
京都 同志社大学 [ポスター講演]サブナノ秒ポンプ・プローブ法を用いたSPRセンサの過渡応答の観測 ~ センサ表面における結合媒質の影響 ~
福永拓未市橋隼人上野翔矢松川真美同志社大US2019-79 EA2019-92
表面プラズモン共鳴(Surface Plasmon Resonance:SPR)を利用したSPRセンサは,広帯域で高周波... [more] US2019-79 EA2019-92
pp.53-56
EA, US
(併催)
2019-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]サブナノ秒ポンプ・プローブ法を用いた表面プラズモン共鳴センサの評価
林 弘通市橋隼人上野翔矢安井寛和松川真美同志社大US2018-95
 [more] US2018-95
pp.83-86
US, EA
(併催)
2018-01-24
15:35
大阪 関西大学 Brillouin光散乱による弾性波音速計測の測定不確かさ
市橋隼人林 弘通柴垣慶明松川真美同志社大US2017-111 EA2017-92
 [more] US2017-111 EA2017-92
pp.157-162(US), pp.53-58(EA)
US 2015-09-03
16:20
北海道 第一滝本館
(北海道登別)
共振法およびBrillouin散乱法で測定したScAlN薄膜の弾性定数テンソルのSc濃度依存性
柳谷隆彦早大)・市橋隼人同志社大)・鈴木雅視早大)・高柳真司松川真美同志社大US2015-52
 [more] US2015-52
pp.37-42
MWP, EMT, PN, LQE, OPE, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2014-01-23
15:45
京都 同志社大学(烏丸キャンパス) GHz域のコヒーレントフォノン励起による高速Brillouin光散乱測定
川部昌彦市橋隼人松川真美同志社大PN2013-46 OPE2013-160 LQE2013-146 EST2013-95 MWP2013-66
Brillouin光散乱法は薄膜などの音速を非破壊・非接触で測定できる技術であり、GHz域の縦波および横波を局所的に観測... [more] PN2013-46 OPE2013-160 LQE2013-146 EST2013-95 MWP2013-66
pp.65-68
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会