お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMD 2016-11-04
11:00
兵庫 淡路夢舞台国際会議場 Effect of Magnetic Blow-out of Break Arcs with air flow Occurring between Silver Electrical Contacts with Copper Runners
Haruki MiyagawaJunya SekikawaShizuoka UnivEMD2016-61
直流高電圧回路において,Ag接点対の上部に銅のアークランナーを取り付け,接点対を等速開離し開離時アークを発生させ,磁気吹... [more] EMD2016-61
pp.63-68
EMD 2016-05-20
13:35
北海道 千歳アルカディア・プラザ 銅ランナーを伴う電気接点対間で磁気吹き消しされる開離時アークの連続的な再点弧の発生条件
宮川晴希関川純哉静岡大EMD2016-1
直流高電圧回路において,Ag接点対の上部に銅のアークランナーを取り付け,接点対を等速開離し開離時アークを発生させ,磁気吹... [more] EMD2016-1
pp.1-6
EMD 2016-01-22
14:25
東京 機械振興会館 Ag電気接点対間で発生する開離時アークの鉄板側面による移動制限
太田 優宮川晴希関川純哉静岡大EMD2015-89
直流電源電圧200-450V,回路電流10Aの抵抗性負荷回路において,Ag接点間隙の上部に鉄板を設置し,接点対を等速開離... [more] EMD2015-89
pp.11-15
EMD 2016-01-22
15:25
東京 機械振興会館 450VDC/10A回路においてAg及びW接点対間で発生する開離時アーク
石原彰典宮川晴希関川純哉静岡大EMD2015-91
 [more] EMD2015-91
pp.21-25
EMD 2015-11-05
14:55
宮城 東北大学工学部青葉記念会館 Magnetic Blow-out of Break Arcs Occurring between Silver Electrical Contacts with Copper Runners
Haruki MiyagawaJunya SekikawaShizuoka UnivEMD2015-69
直流高電圧回路おいて,Ag接点対の上部に銅のアークランナーを取り付け,接点対を等速開離し開離時アークを発生させた.接点接... [more] EMD2015-69
pp.11-16
EMD 2015-05-15
14:50
秋田 秋田大学 手形キャンパス 銅又は銀ランナーを伴う電気接点対間で発生する開離時アーク
宮川晴希関川純哉静岡大EMD2015-4
直流高電圧回路おいて,Ag接点対の上部に銅又は銀のアークランナーを取り付け,接点対を等速開離し開離時アークを発生させた.... [more] EMD2015-4
pp.19-24
EMD 2014-11-29
15:20
北海道 千歳市民文化センター Characteristics of break arcs occurring between electrical contacts with arc runners
Haruki MiyagawaKojun KonishiJunya SekikawaShizuoka UnivEMD2014-74
アークランナーを銀接点上部に取り付け,直流高電圧回路において接点間で開離時アークを発生させた.接点接触時の回路電流は10... [more] EMD2014-74
pp.51-55
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会