お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2020-05-09
16:15
ONLINE オンライン開催 Gathering for mobile agents with a strong team in weakly Byzantine environments
Jion HiroseMasashi TsuchidaNAIST)・Junya NakamuraTUT)・Fukuhito OoshitaMichiko InoueNAISTCOMP2020-2
 [more] COMP2020-2
pp.9-16
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2019-05-11
15:10
熊本 熊本大学 視界に制限のあるライト付きモバイルロボットによるリング探索
長濵将太大下福仁井上美智子奈良先端大COMP2019-7
本稿では,能力の低い自律モバイルロボットによるリング型グラフの探索アルゴリズムについて検討する.各ロボットは定数距離の範... [more] COMP2019-7
pp.83-90
COMP 2019-03-18
16:15
東京 東京大学 匿名単方向リングにおける部分集合問題に対する移動数最適な匿名エージェント乱択アルゴリズム
河田倫和阪大)・柴田将拡九工大)・首藤裕一阪大)・大下福仁奈良先端大)・角川裕次増澤利光阪大COMP2018-51
本稿では,匿名単方向リングネットワークにおいて,$g$-部分集合問題を解くモバイルエージェントアルゴリズムについて考察す... [more] COMP2018-51
pp.47-54
COMP 2018-09-18
13:00
福岡 九州工業大学(飯塚キャンパス) ラインおよびリングを形成する基地局を用いた仲介型個体群プロトコル
吉川裕美首藤裕一阪大)・大下福仁奈良先端大)・角川裕次増澤利光阪大COMP2018-12
仲介型個体群プロトコルモデルとは,膨大な数の計算能力の乏しい計算機(個体)で構成される無線ネットワークを抽象化したモデル... [more] COMP2018-12
pp.23-27
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2018-05-26
14:00
愛知 名古屋工業大学 Obstruction detection by asynchronous opaque robots using lights
Adam HeribanMichiko InoueFukuhito OoshitaNAIST)・Sebastien TixeuilSorbonne UniversiteCOMP2018-5
 [more] COMP2018-5
pp.71-78
COMP 2017-10-27
15:20
東京 成蹊大学 単方向リングにおいて部分集合問題を解決する匿名エージェント乱択アルゴリズム
河田倫和阪大)・柴田将拡九工大)・首藤裕一阪大)・大下福仁奈良先端大)・角川裕次増澤利光阪大COMP2017-24
 [more] COMP2017-24
pp.29-36
COMP 2017-10-27
15:50
東京 成蹊大学 移動エージェントによる動的トーラスの探索
五島 剛首藤裕一阪大)・大下福仁奈良先端大)・角川裕次増澤利光阪大COMP2017-25
モバイルエージェント(エージェント) とは,ネットワーク内を自由に移動できるソフトウェアのことを指す.エージェントにおけ... [more] COMP2017-25
pp.37-44
SS, DC
(共催)
2017-10-20
10:00
高知 高知市文化プラザかるぽーと Efficient Self-Stabilizing 1-Maximal Matching Algorithm for Arbitrary Networks
Michiko InoueFukuhito OoshitaNAIST)・Sebastien TixeuilUPMCSS2017-31 DC2017-30
We present a new self-stabilizing 1-maximal matching algorit... [more] SS2017-31 DC2017-30
pp.61-66
COMP 2016-09-06
11:00
富山 富山県立大学 ビザンチン環境における認証機能付き白板を用いたモバイルエージェント集合アルゴリズム
土田将司大下福仁井上美智子奈良先端大COMP2016-15
本稿では,ビザンチン環境において,モバイルエージェントを一つのノードに集合させるアルゴリズムを提案する.提案するアルゴリ... [more] COMP2016-15
pp.7-14
COMP 2015-09-01
14:00
長野 信州大学 木においてDデーモン下で1-極大マッチングを求めるサイレントな匿名自己安定アルゴリズム
麻田優真大下福仁・○井上美智子奈良先端大COMP2015-20
We propose a silent self-stabilizing 1-maximal matching algo... [more] COMP2015-20
pp.27-34
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2015-06-13
11:05
北海道 定山渓ビューホテル 非同期リングにおけるモバイルエージェント均一配置アルゴリズム
柴田将拡大下福仁角川裕次増澤利光阪大COMP2015-11
本稿では,非同期単方向リングネットワークにおけるモバイルエージェントの均一配置問題について考察
する.均一配置問題とは... [more]
COMP2015-11
pp.107-114
COMP 2014-09-02
17:00
愛知 豊橋技術科学大学 モバイルエージェントの効率的なグループゴシップアルゴリズム
李 絢柴田将拡大下福仁角川裕次増澤利光阪大COMP2014-24
本稿では,はじめにエージェントグループの概念を示し,グループゴシップ問題の定義を行う.
エージェントグループは,同じ目... [more]
COMP2014-24
pp.61-68
COMP 2014-04-24
13:10
宮城 東北大学 弦付リング構成のための空間計算量に優れた自己安定アルゴリズム
伊藤瑠美大下福仁角川裕次増澤利光阪大COMP2014-3
 [more] COMP2014-3
pp.13-20
COMP 2014-03-10
15:05
東京 明治大学 仮想グリッドネットワークにおける葉が多いBFS木の安全自己構成法
高津周佑大下福仁角川裕次増澤利光阪大COMP2013-70
本稿では,仮想グリッドネットワークにおける葉が多い幅優先全域木(BFS木)の安全な自己適応型構成法の提案を行う.
仮想... [more]
COMP2013-70
pp.69-76
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2012-05-14
10:35
愛媛 愛媛大学 同期リングにおけるモバイルエージェント均一配置アルゴリズム
妻鹿敏也大下福仁角川裕次増澤利光阪大COMP2012-8
本稿では,リングネットワーク上に存在するモバイルエージェントを等間隔に配置するための,均一配置アルゴリズムについて考察す... [more] COMP2012-8
pp.9-16
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2012-05-14
11:10
愛媛 愛媛大学 非同期リングにおけるモバイルエージェント部分集合アルゴリズム
柴田将拡川合慎治大下福仁角川裕次増澤利光阪大COMP2012-9
本稿では,非同期リングネットワークにおけるモバイルエージェントの部分集
合問題について考察する.
部分集合問題とは,... [more]
COMP2012-9
pp.17-24
COMP 2012-03-16
15:05
東京 東京大学 匿名単方向リングネットワークにおけるモバイルエージェント集合問題に対する乱択アルゴリズム
川合慎治大下福仁角川裕次増澤利光阪大COMP2011-53
本稿では,匿名単方向リングネットワークにおけるモバイルエージェント集合問題について考察する.まず,エージェントがノード数... [more] COMP2011-53
pp.45-52
COMP 2010-03-12
16:25
東京 国立情報学研究所 白板を利用したモバイルエージェントによる効率的なグラフ検索
首藤裕一馬場大輔中村純哉大下福仁角川裕次増澤利光阪大COMP2009-58
1 体のエージェントによる無向グラフ探索問題を考える.グラフ探索問題では,
エージェントは,グラフ中の任意の頂点から実... [more]
COMP2009-58
pp.57-64
ET 2009-12-11
14:30
沖縄 琉球大 アルゴリズム学習向け誤り発見型演習のためのカスタマイズ可能な問題自動生成システム
藤原 啓阪大)・長瀧寛之岡山大)・大下福仁角川裕次増澤利光阪大ET2009-86
本研究では,ソースコードで実装されているアルゴリズムに応じて問題生成手法をカスタマイズ可能な誤り発見型演習問題自動生成シ... [more] ET2009-86
pp.199-204
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2009-03-04
09:20
神奈川 YRP Node-density-based resource replication for mobile ad hoc networks
Rikiya HasegawaYu WuFukuhito OoshitaHirotsugu KakugawaToshimitsu MasuzawaOsaka Univ.AN2008-65
Resource replication can improve data accessibility in mobil... [more] AN2008-65
pp.7-12
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会