お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MW 2014-11-21
13:00
長崎 長崎大 [依頼講演]Activities on Microwave Education and Research between Japan and Egypt ~ Partnership between Kyushu University, Japan and Egypt-Japan University of Science and Technology, Egypt ~
Ramesh Pokharel牟田 修賈 洪廷Farhad MehdipourVictor Goulart吉富邦明金谷晴一九大)・Ahmed AllamKeiji Yoshidaエジプト日本科技大MW2014-141
あらまし エジプト日本科学技術大学(Egypt-Japan University of Science and Tec... [more] MW2014-141
pp.95-100
ICD, IPSJ-ARC, IPSJ-EMB
(連催)
2010-01-29
13:25
東京 東芝本社 Developing an Architecture for a Single-Flux Quantum Based Reconfigurable Accelerator
Farhad MehdipourKyushu Univ.)・Hiroaki HondaISIT)・Hiroshi KataokaKoji InoueKazuaki MurakamiKyushu Univ.ICD2009-111
ハイパフォーマンスコンピューティングの一つの解決法として大規模再構成可能データパス (LSRDP) プロセッサーを導入し... [more] ICD2009-111
pp.99-104
CPSY 2008-10-31
15:45
広島 広島市立大学 科学技術計算を対象とした大規模再構成可能データパスの性能評価
片岡広志九大)・本田宏明九州先端科学技研)・Farhad Mehdipour井上弘士村上和彰九大CPSY2008-35
最近,要求メモリバンド幅を抑えつつも高性能な科学技術計算を可能とする,大規模再構成可能データパスプロセッサ(LSRDP)... [more] CPSY2008-35
pp.35-40
RECONF, CPSY, VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-01-17
16:25
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス A Hybrid Design Space Exploration Approach for a Coarse-Grained Reconfigurable Accelerator
Farhad MehdipourKyushu Univ.)・Hamid NooriISIT)・Hiroaki HondaKoji InoueKazuaki MurakamiKyushu Univ.VLD2007-133 CPSY2007-76 RECONF2007-79
Multitude parameters involved in the design process of a rec... [more] VLD2007-133 CPSY2007-76 RECONF2007-79
pp.89-94
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2007-06-01
17:15
神奈川 株式会社富士通研究所 岡田記念ホール 大規模再構成可能データパスにおけるオンチップ・ネットワーク・アーキテクチャの検討
島崎慶太長野孝昭本田宏明ファルハド メディプー井上弘士村上和彰九大ICD2007-36
 [more] ICD2007-36
pp.115-120
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2006-06-09
10:30
神奈川 NEC玉川ルネッサンスシティ A Reconfigurable Functional Unit for Adaptable Custom Instructions
Hamid NooriKyushu Univ.)・Farhad MehdipourAmirkabir Univ. of Tech.)・Kazuaki MurakamiKoji InoueKyushu Univ.)・Morteza Saheb ZamaniAmirkabir Univ. of Tech.
 [more] ICD2006-52
pp.69-74
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会