電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS 2020-03-05
14:20
神奈川 専修大学生田キャンパス 高度な歩行スキルを伝授する指導者の身振りと言葉がけの関係性
山田雅敏常葉大)・里 大輔SATO SPEED Inc.)・遠山紗矢香静岡大)・松村剛志常葉大)・竹内勇剛静岡大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-13
15:00
愛媛 愛媛県男女共同参画センター 超低電圧向けオンチップリークモニタ型温度センサ回路の提案と評価
佐藤大介宇佐美公良芝浦工大VLD2019-33 DC2019-57
微細化によるリーク電流の増加は、低消費電力が要求されるデバイスでは大きな問題である。リーク電流は温度に対して指数関数的に... [more] VLD2019-33 DC2019-57
pp.45-50
RCC, ITS, WBS
(共催)
2019-11-06
11:00
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 [ポスター講演]デマンドレスポンスの実施診断
東 俊一佐藤大輔名大)・小林孝一北大)・山口順之東京理科大WBS2019-26 ITS2019-17 RCC2019-57
 [more] WBS2019-26 ITS2019-17 RCC2019-57
pp.19-20
R 2019-07-26
15:55
岩手 一関文化センター 欠損データがある場合のロジスティックモデルによる正確なフィッティング
佐藤大輔松村龍太郎NTTR2019-18
欠損値がある場合のロジスティック曲線モデルによるパラメータ推定方法を提案する.この方法は厳密解を持つ不等間隔差分方程式で... [more] R2019-18
pp.25-29
R 2018-07-27
16:00
北海道 ゆめホール知床(北海道斜里郡斜里町本町4番地) ロジスティックモデル分析によるゴンペルツデータの特徴
佐藤大輔NTTR2018-15
 [more] R2018-15
pp.25-30
HCS 2017-10-27
15:10
広島 東広島芸術文化ホールくらら ラグビー高校日本代表チームにおける集団語と選手の言語化に関する研究
山田雅敏常葉大)・里 大輔SATO SPEED)・竹内勇剛静岡大HCS2017-64
本研究では,ラグビー高校日本代表チームの指導者が,選手に伝えた疾走に関する集団語の意味構築の過程を明らかにすることを目的... [more] HCS2017-64
pp.25-30
R 2017-10-20
14:25
熊本 天草市民センター(天草市) 欠損データがあるときのロジスティック曲線推定法
松村龍太郎佐藤大輔NTTR2017-45
ロジスティック曲線モデルを用いてパラメータ推定を行う手法として,厳密解を持つロジスティック差分方程式を回帰分析を用いて高... [more] R2017-45
pp.7-11
MI 2017-09-25
16:30
千葉 千葉大学 [ショートペーパー]AutoEncoderを用いた頭部救急CT画像の異常検知に関する初期的検討
佐藤大介花岡昇平野村行弘竹永智美三木聡一郎吉川健啓林 直人阿部 修東大MI2017-46
頭部救急CTの対象疾患は多岐にわたる.したがって,救急部門の医師は多種の疾患に対応するコンピュータ支援検出システムを必要... [more] MI2017-46
pp.25-26
R 2017-07-28
16:00
北海道 稚内サンホテル ロジスティック曲線データのゴンペルツ曲線モデルによる推定飽和値の凸性
佐藤大輔NTTR2017-21
 [more] R2017-21
pp.43-48
ICTSSL 2017-07-13
13:25
香川 香川大学 災害輻輳発信規制長と発呼レートとの関係
佐藤大輔持田岳美辻野雅之NTTICTSSL2017-18
災害輻輳対策として発信可能時間帯をユーザグループごとに割り当て,それをユーザに提示することによって通話時間が自然と短くな... [more] ICTSSL2017-18
pp.7-10
ICTSSL 2017-05-30
14:25
宮城 NEXCO東日本 東北支社 仙台東管理事務所 災害輻輳発信規制長が通話時間短縮効果に与える影響
佐藤大輔持田岳美辻野雅之NTTICTSSL2017-14
災害輻輳対策として発信可能時間帯をユーザグループごとに割り当て,それをユーザに提示することによって通話時間が自然と短くな... [more] ICTSSL2017-14
pp.69-74
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
16:10
愛知 名城大 第20回PRMU研究会アルゴリズムコンテスト実施報告 ~ 「みんなの足取りを特定せよ!」多人数・多カメラ間追跡 ~
川西康友前田高志名大)・森 司三重大)・児玉祐樹名大)・佐藤大亮東北大)・伊奈拓郎京大)・熊谷章平名城大BioX2016-45 PRMU2016-208
本稿では,電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ パターン認識・メディア理解(PRMU)研究専門委員会が2016年... [more] BioX2016-45 PRMU2016-208
pp.67-79
R 2016-10-21
13:30
沖縄 沖縄県青年会館 ロジスティック曲線データのゴンペルツ曲線モデルによる推定飽和値挙動分析
佐藤大輔松村龍太郎NTTR2016-42
ゴンペルツ曲線モデルとロジスティック曲線モデルはバグ曲線あるいは需要予測曲線でよく用いられるモデルである.これらのモデル... [more] R2016-42
pp.1-6
EE, WPT
(併催)
2016-10-07
13:25
京都 龍谷大学 セミナーハウス ともいき荘 (京都市) ソレノイドコイルを用いたワイヤレス電力伝送システムにおける結合係数マップ
井上拳斗日下佳祐伊東淳一佐藤大介長岡技科大WPT2016-34
本論文では,ワイヤレス電力伝送システムのソレノイド型の伝送コイルの設計に不可欠な結合係数のマップを作成し,伝送コイルを概... [more] WPT2016-34
pp.85-90
HCS 2016-08-20
10:10
京都 立命館大学朱雀キャンパス 身体知の熟達とその情報学的な段階モデル ~ 疾走を対象とした実践的検証 ~
山田雅敏里 大輔砂子岳彦常葉大)・竹内勇剛静岡大HCS2016-43
身体知の熟達に対して,言語化が有効であることが数多く報告されている.一方,残された課題として,従来の諸研究では,現象学の... [more] HCS2016-43
pp.67-72
R 2016-05-28
14:50
愛知 ウインクあいち データからのゴンペルツ曲線とロジスティック曲線の判別
佐藤大輔NTTR2016-5
 [more] R2016-5
pp.27-32
TL 2016-01-30
13:15
東京 明治大学(駿河台)アカデミーコモン8階308E教室 身体知の言語化とその階層モデル
山田雅敏常葉大)・里 大輔浜松大)・坂本勝信常葉大)・小山ゆう浜松大)・砂子岳彦常葉大)・竹内勇剛静岡大TL2015-62
スポーツにおける身体知の熟達に,身体の動きや体感を積極的にことばにする試行が,深く関係していることが数多く報告されている... [more] TL2015-62
pp.41-46
CQ 2015-07-06
13:00
奈良 奈良先端技術大学 [ポスター講演]災害輻輳制御が発信者の主観的ストレスに与える影響
須藤竜之介九大)・佐藤大輔NTT)・高野裕治同志社大)・持田岳美NTTCQ2015-28
災害時において電話は安否確認のための重要な連絡手段である.災害時のような非常事態では電話連絡の需要が高い一方で,なかなか... [more] CQ2015-28
pp.45-49
CQ 2015-07-07
13:00
奈良 奈良先端技術大学 災害輻輳自己抑制促進制御法の効果
佐藤大輔NTT)・高野裕治同志社大)・須藤竜之介九大)・持田岳美NTTCQ2015-36
災害時に大量の安否確認電話需要が発生し電話網が輻輳する.輻輳対策技術として発信可能時間帯を制限しそれをユーザに提示するこ... [more] CQ2015-36
pp.87-92
AP
(第二種研究会)
2015-01-09
10:45
海外 PTIT, Ho Chi Minh City, Vietnam [招待講演]Scattering component decomposition of Pol-SAR image by using multi-baseline SAR data -- Preliminary results on PiSAR2-X campaign in Niigata --
Hiroyoshi YamadaChizuru KomagataDaisuke SatoYoshio YamaguchiRyoichi SatoNiigata Univ.)・Shoichiro KojimaNICT
 [more]
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会