お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SeMI, IPSJ-ITS, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS
(連催)
2019-05-23
09:00
鹿児島 奄美市社会福祉センター Wi-Fiセンシング機能を搭載した無人航空機による携帯ゲーム端末の探知実験
樫原 茂奈良先端大)・山本篤史松﨑健太宮﨑康成関 智也高知市消防局)・浦川 豪兵庫県立大)・福本昌弘高知工科大)・太田 能神戸大SeMI2019-1
本論文では,捜索活動を想定して,無人航空機に搭載されたWi-Fiセンシング機能により, 上空からの携帯ゲーム端末の探知に... [more] SeMI2019-1
pp.1-6
SR 2018-05-25
10:00
東京 東京ビッグサイト(ワイヤレステクノロジー・パーク(WTP)2018会場内) [技術展示]LTEネットワークにおける機械学習を用いた位置推定手法のフィールド試験評価
金沢 昇長手厚史山元 惇ソフトバンクSR2018-12
セル設計やネットワーク品質の最適化,さらにはトラフィック予測等のサービス向上に向けて,高精度な端末位置推定が求められてい... [more] SR2018-12
pp.71-77
ASN
(第二種研究会)
2016-12-07
14:05
海外 ソカ シュムリアップ ホテル Movable and Deployable ICT Resource Unit(MDRU) and Feasibility study in the Philippines
Hisashi NagataSatoshi KotabeYoshitaka ShimizuAtsushi YamamotoYasuo SuzukiHiroshi TohjoNTT
(事前公開アブストラクト)  [more]
OME 2016-01-09
10:20
熊本 熊本市民会館 ミニチュアペルチェ冷却素子アレイの試作と評価
山本 淳村田正行産総研
 [more]
EE, IEE-SPC
(連催)
WPT
(併催) [詳細]
2015-07-06
14:30
京都 同志社大学 電磁誘導型無線電力伝送における2周波異物検知による検知エリアの拡大に関する検討
浅沼健一坂田 勉山本 温菅野 浩パナソニックWPT2015-37
無線電力伝送システムにおいて,電力伝送を行う際に送受電コイル間に金属異物が存在すると,金属異物に渦電流が発生し,加熱させ... [more] WPT2015-37
pp.7-12
WPT, MW
(共催)
2015-04-16
15:50
東京 機械振興会館 高耐圧GaAs SBDを用いた5.8GHz帯高効率整流器の試作結果
中村茉里香山口裕太郎津留正臣相原育貴山本敦士本間幸洋谷口英司三菱電機WPT2015-5 MW2015-5
宇宙太陽光発電システム等のマイクロ波電力伝送システムの受電部に用いられる整流器には, 高入力電力時におけるRF-DC変換... [more] WPT2015-5 MW2015-5
pp.21-25
SANE 2015-01-23
15:35
長崎 長崎県美術館 GBAS-VDBに対するスポラディックEによるVOR遠距離伝搬の影響の検討
齊藤真二電子航法研)・冨澤一郎電通大)・山本 淳海上保安大SANE2014-125
 [more] SANE2014-125
pp.113-118
R 2014-06-13
15:10
東京 機械振興会館 低温分解性化合物を用いた銅の接合技術
堀川大介山本敦史久里裕二佐々木 遥水内理映子東芝R2014-13
 [more] R2014-13
pp.25-29
WPT 2014-06-06
13:55
東京 東京大学 高耐圧GaAsショットキーバリアダイオードを用いた5.8GHz帯高効率整流器の検討
田中俊行山口裕太郎津留正臣相原育貴山本敦士本間幸洋谷口英司三菱電機WPT2014-25
宇宙太陽光発電システムなどのマイクロ波電力伝送システムの受電部に用いられる整流器には,高入力電力時に高いRF-DC変換効... [more] WPT2014-25
pp.5-10
PRMU 2013-12-12
11:10
三重 三重大学 Earth Mover's Distanceに基づいた筆跡字形の個人内変動と個人差の評価法における画線密度分布のクラスタ数の検討 ~ 平仮名筆跡について ~
赤尾佳則山本 敦東川佳靖科警研PRMU2013-72
筆跡字形の差異をEarth Mover's Distanceで数値化する手法は,筆跡鑑定の基本的前提である筆跡の個人内恒... [more] PRMU2013-72
pp.23-28
WPT
(第二種研究会)
2012-12-06
13:30
神奈川 横須賀リサーチパーク 5.8GHz帯レクテナアレイシステムの高効率化
山本敦士下川床 潤津留正臣佐々木拓郎本間幸洋三菱電機
 [more]
SR, AN, USN, RCS
(併催)
2012-10-19
15:55
福岡 福岡大学 不完全センサデータの重回帰における変数選択手法
倉沢 央佐藤浩史山本 淳川崎仁史中村元紀松村 一NTTUSN2012-54
参加型センシング環境で集めたセンサデータは,不確実なセンシング行為に起因して,時刻や場所,センサの種類の欠損を含む.我々... [more] USN2012-54
pp.149-154
AP, RCS
(併催)
2011-11-17
13:00
愛知 名古屋国際会議場 [依頼講演] 空間フェージングエミュレータによる端末MIMOアンテナ評価
坂田 勉山本 温パナソニックAP2011-107 RCS2011-211
 [more] AP2011-107 RCS2011-211
pp.103-108(AP), pp.133-138(RCS)
AP, MW
(併催)
2011-03-03
13:25
茨城 茨城大学 ミリ波帯樹脂導波管アレーアンテナの組立性向上に関する検討
山本敦士湯川秀憲米田尚史三菱電機MW2010-158
広覆域・高利得・低コストが求められるミリ波帯通信システム用アンテナの一つとして、樹脂射出成形技術を用いた樹脂導波管ホーン... [more] MW2010-158
pp.33-37
MW 2010-05-13
16:25
兵庫 兵庫県立大学 一波長線状導体を用いたミリ波帯導波管形E面帯域阻止フィルタ
山本敦士大和田 哲米田尚史三菱電機MW2010-18
ミリ波帯通信装置等に用いられる,従来に無い新奇な構造の導波管形E面フィルタについて報告する.同フィルタには低損失性が求め... [more] MW2010-18
pp.23-27
AP 2010-04-09
13:25
京都 同志社大学 最適整合によるMIMOダイポールアレーの伝送容量最大化とそのメカニズム解析
小川晃一パナソニック)・林 俊光パナソニックモバイルコミュニケーションズ)・山本 温パナソニックAP2010-5
本論文では半波長ダイポールアレーによって構成したMIMOアンテナに関して伝送容量を最大化するための整合回路の最適素子条件... [more] AP2010-5
pp.19-24
AP 2009-05-21
11:20
熊本 熊本大 430M/2450MHz帯WBAN伝搬損失評価に対する両肩を備えた全身円柱状ファントムの半径に関する検討
天利 悟山本 温小川晃一パナソニックAP2009-15
 [more] AP2009-15
pp.25-30
AP 2009-02-13
13:00
東京 東京農工大 空間多重波生成装置による複数クラスター伝搬環境下における端末MIMOアンテナの伝送特性評価
坂田 勉山本 温小川晃一パナソニックAP2008-209
 [more] AP2008-209
pp.121-126
AP 2008-04-17
10:45
大阪 大阪電通大 屋外伝搬実験におけるレイトレースを用いた電波伝搬特性の解析
林 俊光山本 温小川晃一松下電器)・Gert F. PedersenAalborg Univ.AP2008-2
近年,3G-LTE(3GPP - Long Term Evolution)の次世代セルラシステムへのMIMO技術の導入が... [more] AP2008-2
pp.7-12
AP 2008-04-17
11:10
大阪 大阪電通大 角度スペクトラムが設定可能な端末MIMOアンテナ測定用空間多重波生成装置
坂田 勉山本 温小川晃一松下電器AP2008-3
マイクロセル環境における端末MIMOアンテナのチャネル応答特性を解明するために,端末周囲に複数の空間クラスターが存在する... [more] AP2008-3
pp.13-18
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会