お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, NC
(併催)
2020-12-18
16:40
ONLINE オンライン開催 複雑ネットワークの観点から視覚探索が効率的であることを考察する
前田義信新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専MBE2020-23
複数の文字(代替物)の中から特定の文字(ターゲット)を視覚的に探す作業を視覚探索と呼ぶ.代替物の数が増加しても視覚探索に... [more] MBE2020-23
pp.18-23
MBE 2019-05-19
13:10
新潟 新潟大学 視覚探索時に測定された注視点移動長の固視微動とサッカードへの分類
松井瑞季津野将行新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専)・前田義信新潟大MBE2019-7
ヒトは,視覚を用いて多くの視覚情報の中から特定のターゲットを探し出す作業を日常的に行っており,その探索時間は選択肢の数の... [more] MBE2019-7
pp.33-38
CAS, ICTSSL
(共催)
2019-01-24
15:20
東京 機械振興会館 視覚探索時の固視微動とサッカードの分類について
松井瑞季津野将行小寺龍之介新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専)・前田義信新潟大CAS2018-125 ICTSSL2018-44
ヒトは,視覚を用いて多くの視覚情報の中から特定のターゲットを探し出す作業を日常的に行っている.ヒックの法則によれば,探索... [more] CAS2018-125 ICTSSL2018-44
pp.45-48
CAS, NLP
(共催)
2018-10-18
11:25
宮城 東北大学 視覚探索時の眼球運動のモデリングの試み
前田義信小寺龍之介津野将行新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専CAS2018-40 NLP2018-75
モニタ上にN個の文字がランダムに並べられた中から,特定のターゲット文字を発見するまでの時間はNではなくlogNに比例する... [more] CAS2018-40 NLP2018-75
pp.19-24
MBE, NC
(併催)
2018-05-19
16:25
富山 富山大学 文字探索に関する注視点シミュレーションの試み
津野将行小寺龍之介棚橋重仁飯島淳彦新潟大)・塚田 章富山高専)・前田義信新潟大MBE2018-4
人の眼球運動は,どのようなメカニズムを使って,広い探索領域の中から短い時間でターゲットを探索可能にしているのだろうか.本... [more] MBE2018-4
pp.19-22
MBE, NC
(併催)
2018-05-19
16:50
富山 富山大学 視覚探索時における眼球運動の頻度分布の検討
小寺龍之介新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専)・前田義信新潟大MBE2018-5
私たちは目で自分が見たいターゲットをすばやく探すことが可能である.では,なぜ人は目の動きでターゲットをすばやく見つけるこ... [more] MBE2018-5
pp.23-26
MBE, NC
(併催)
2017-05-26
10:45
富山 富山県立大学 ポインティングシステムに用いるARマーカの精度向上
西尾 海塚田 章富山高専MBE2017-4
上肢不自由者がPCを操作する場合,補助具もしくは入力代用装置が必要である.マウスのポインティングには,Windowsのマ... [more] MBE2017-4
pp.19-22
MBE, NC
(併催)
2017-05-26
11:10
富山 富山県立大学 マウス代用装置における眼球位置座標を用いたクリック手段の検討
澁谷和帆塚田 章富山高専MBE2017-5
本研究では,上肢不自由者のためのマウス代用装置におけるクリック手段として,視線検出装置(Tobii EyeX Contr... [more] MBE2017-5
pp.23-26
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2015-11-21
10:50
鹿児島 指宿市民会館 大会議室 ハードウェア神経回路モデルを用いた輝度差変化がシュブルール錯視にもたらす影響の検討
齋藤元喜前田義信新潟大)・秋田純一金沢大)・塚田 章富山高専CAS2015-57 MSS2015-31
ヒトが外界を認知する際には錯視現象が生じる.シュブルール錯視はコントラストを強調するので外界の認知に役立つと考えられてい... [more] CAS2015-57 MSS2015-31
pp.109-113
MBE 2015-05-23
10:45
富山 富山県立大学 マイクロレンズアレイマーカを用いたポインティングシステム
塚田 章・○西尾 海富山高専)・田中秀幸産総研MBE2015-2
PCインタフェースであるマウスのポインティング機能の代用装置として,我々は高精度視覚マーカ(ArrayMark)を用いた... [more] MBE2015-2
pp.7-10
MBE 2015-05-23
11:10
富山 富山県立大学 視線検出とうなずき検出を用いたハンズフリーマウスの基礎的検討
小泉祐真塚田 章富山高専MBE2015-3
近年,コンピュータを操作する際のマウスの代替システムとして,視線検出を用いたポインティングシステムの開発が行われている.... [more] MBE2015-3
pp.11-14
NC, MBE
(共催)
2013-09-24
10:55
新潟 新潟大学 駅南キャンパス CPGネットワークを用いた四肢歩行シミュレーション研究
小島 颯新潟大)・市村智康小山高専)・塚田 章富山高専)・野村泰伸阪大)・前田義信新潟大MBE2013-39 NC2013-25
歩行運動を行う哺乳類の脊髄には中枢パターン発生器(CPG)の存在が仮定されている.CPGは運動リズムを周期的に発生させ,... [more] MBE2013-39 NC2013-25
pp.17-22
MBE 2013-05-24
10:50
富山 富山県立大学 モーションセンサデバイスから得られる深度情報を用いた顔認証の基礎的検討
今枝 駿クーパー トッド塚田 章富山高専MBE2013-5
本稿では,ゲーム機用のモーションキャプチャデバイスとして発売されているKinectを用いた安価な3D顔認証の実現性につい... [more] MBE2013-5
pp.19-24
NC, MBE
(併催)
2009-11-13
14:45
宮城 東北大学 活動電位を再現する電子回路ニューロンモデル研究からの考察
前田義信林 豊彦新潟大)・加納慎一郎東北大)・塚田 章富山高専MBE2009-70
本稿では,生体における情報の基本単位として考えられているニューロンの活動電位を定性的に再現する電子回路モデルについて概説... [more] MBE2009-70
pp.47-50
MBE 2008-05-23
10:30
富山 富山大学工学部 障害者用ハンズフリーポインティングシステム
塚田 章関 喜史富山商船高専MBE2008-1
比較的軽度の身体障害者は,要求を伝えるだけのコミュニケーションツールだけでなく,積極的にPCが利用できることを強く望んで... [more] MBE2008-1
pp.1-6
MBE 2008-05-23
10:55
富山 富山大学工学部 FPGAを用いた錯視モデルの実時間処理について
赤井恭佑寺島義晴塚田 章富山商船高専MBE2008-2
 [more] MBE2008-2
pp.7-10
MBE 2007-05-25
09:55
富山 富山大学工学部 マッハバンドを説明する視覚情報処理モデルの合焦検出機能について
寺島義晴塚田 章富山商船高専MBE2007-2
 [more] MBE2007-2
pp.5-8
MBE 2006-05-26
09:55
富山 富山大学 網膜錐体順応機構のハードウェアモデル
杉本拓巳塚田 章富山商船高専
 [more] MBE2006-2
pp.5-8
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会