お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ
(第二種研究会)
2012-11-30
15:45
東京 情報通信研究機構 小金井本部 [ポスター講演]A Study on Change in Conductance and Susceptance Components of Kidney Disease Patients' Blood for Real-Time Quality Monitoring of Hemodialysis
Akira TakedaChubu University)・Kazuyuki TakataToyota National Colleges of Technology)・Hirotomo NagaoIwakura Hospital)・Jianqing WangOsamu FujiwaraNagoya Institute of Technology
 [more]
EMCJ 2012-04-20
12:35
石川 金沢大学角間キャンパス 健常者の血液に対する複素比誘電率と温度依存性との相関性
武田 明中部大/名工大)・高田和之豊田高専)・長尾尋智岩倉病院)・王 建青藤原 修名工大EMCJ2012-1
透析患者の透析時間の短縮・医療費の削減を目指し,透析の状況やクオリティのリアルタイムモニタリングの可能性を検討する目的か... [more] EMCJ2012-1
pp.1-5
EMD, EMCJ
(共催)
2011-07-15
15:05
東京 機械振興会館 透析患者の血液を対象とした透析前後における複素比誘電率と血液成分との相関性
武田 明中部大)・高田和之豊田高専)・長尾尋智岩倉病院)・王 建青藤原 修名工大EMCJ2011-67 EMD2011-26
透析患者の透析時間の短縮・医療費の削減を目指し,透析の状況やクオリティのリアルタイムモニタリングの可能性を検討する目的か... [more] EMCJ2011-67 EMD2011-26
pp.35-39
EMCJ, ITE-BCT
(連催)
2011-03-11
13:00
東京 機械振興会館 限定された採血量の血液を対象とした開放終端同軸プローブによる複素比誘電率の測定
武田 明中部大技術医療専門学校)・高田和之豊田高専)・長尾尋智岩倉病院)・王 建青藤原 修名工大EMCJ2010-121
開放終端型同軸プローブ(以下,プローブ)は,サンプルの複素比誘電率を手軽に測定できる半面,半無限均質媒質を対象としている... [more] EMCJ2010-121
pp.17-20
DC, CPSY, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(共催)
2009-03-06
09:30
新潟 佐渡島開発総合センター Responsive Multithreaded Processorにおけるスレッドスケジューリング機構の設計と実装
梅尾寛之水頭一壽武田 瑛加藤真平山崎信行慶大CPSY2008-97 DC2008-88
リアルタイム処理用プロセッサResponsive Multithreaded Processorは,
スレッド数が8ス... [more]
CPSY2008-97 DC2008-88
pp.55-60
DC, CPSY, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(共催)
2008-03-28
15:10
鹿児島 屋久島 離島総合開発センター RTミドルウェア用の優先度によるオブジェクト管理機構
千代浩之武田 瑛上山真生加藤真平山崎信行慶大DC2007-115 CPSY2007-111
並列分散処理のオブジェクト指向ネットワークアプリケーションである
分散制御ロボットには,ミドルウェアによる分散オブジェ... [more]
DC2007-115 CPSY2007-111
pp.185-190
DC, CPSY, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(共催)
2008-03-28
15:35
鹿児島 屋久島 離島総合開発センター マルチプロセッサにおけるグローバルRMに基づくリアルタイムスケジューリングアルゴリズム
武田 瑛船岡健司加藤真平山崎信行慶大DC2007-116 CPSY2007-112
近年,組込みリアルタイムシステムでもマルチプロセッサ技術の利用が一般的になりつつある.このような背景から,マルチプロセッ... [more] DC2007-116 CPSY2007-112
pp.191-196
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会