お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, NS, CS, NV
(併催)
2021-09-09
14:05
ONLINE オンライン開催 異なるアルゴリズムを多段階適用させた機械学習型ネットワーク侵入検知システム
佐々誠一鈴木裕幸小山明夫山形大NS2021-63
近年,ICT技術の急速な発展により多種多様なネットワークサービスが提供されるようになってきた.それに伴って,これらのサー... [more] NS2021-63
pp.36-41
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
15:10
ONLINE オンライン開催 無線マルチホップネットワークにおける機械学習を用いたルーティング手法
田中優希鈴木裕幸小山明夫山形大NS2020-50
無線ネットワークの利用エリアを拡張する試みとして,無線マルチホップネットワークの研究が以前より盛んに行われている.無線マ... [more] NS2020-50
pp.51-56
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
15:35
ONLINE オンライン開催 DTNにおける優先度を考慮したルーティング手法
丸山 航鈴木裕幸小山明夫山形大NS2020-51
DTN(Delay / Disruption / Disconnection Tolerant Networking)は... [more] NS2020-51
pp.57-62
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-21
10:55
岩手 MALIOS(盛岡) [奨励講演]リアルオブジェクト指向モデルを用いたIoT/M2Mアプリケーションの開発と評価
鈴木裕幸小山明夫山形大NS2019-36
現在,IoT/M2Mアプリケーションが開発・利用される中,開発モデルは特定サービスで利用可能な垂直型モデルが主流である.... [more] NS2019-36
pp.5-10
SR 2019-01-24
10:50
福島 コラッセふくしま(福島県福島市) IoT環境を想定したDTNルーティングプロトコル
名和良史鈴木裕幸小山明夫山形大SR2018-99
 [more] SR2018-99
pp.13-19
SR 2019-01-24
11:15
福島 コラッセふくしま(福島県福島市) 電池の高残量化と均一化を目指したDTNルーティングプロトコルの提案と性能評価
宇佐美智之鈴木裕幸小山明夫山形大SR2018-100
大規模災害時では,既存のセルラーネットワークが機能しなくなる可能性がある.DTNはそのような環境でも通信を可能とする技術... [more] SR2018-100
pp.21-28
SR 2019-01-24
16:10
福島 コラッセふくしま(福島県福島市) 無線メッシュネットワークのための機械学習を用いたルーティングアルゴリズム
小室源樹鈴木裕幸小山明夫山形大SR2018-107
近年 ,無線 端末の普及に伴いエリアを拡大できる無線 端末の普及に伴いエリアを拡大できる無線 端末の普及に伴いエリアを拡... [more] SR2018-107
pp.71-77
MVE 2017-09-22
10:00
千葉 千葉大学 西千葉キャンパス スマート食器を用いた食事情報収集システム
海谷光平鈴木裕幸小山明夫山形大MVE2017-20
近年,健康管理を目的としたシステムが普及しており,その中に食事情報を管理するシステムが存在する. 手入力で食事の記録を行... [more] MVE2017-20
pp.31-36
CS, NS, IN, NV
(併催)
2017-09-08
09:00
宮城 東北大学 電気通信研究所 リアルオブジェクト指向モデルを用いたIoT/M2Mアプリケーション開発手法の提案と評価
鈴木裕幸小山明夫山形大NS2017-78
インターネットに繋がるIoTデイバスが増加し,IoT/M2Mを利用したアプリケーションが提供され始める中,開発モデルは依... [more] NS2017-78
pp.43-48
CAS 2015-01-30
10:25
東京 首都大学東京(秋葉原サテライトキャンパス) 幾何学的不変特徴値による同形ポリゴンの高速検索法 ~ Geometric Hashingを応用したポリゴン検索法 ~
庄司修二山形大)・山本博章信州大)・小山明夫山形大CAS2014-113
大規模化した集積回路の設計データには同形なポリゴンが多数含まれる.これらの設計データから同形なポリゴンを高速に検索し分類... [more] CAS2014-113
pp.43-48
RCS, NS
(併催)
2014-12-19
09:30
三重 伊勢市観光文化会館(三重) 無線メッシュネットワークにおける電力残量を考慮した負荷分散型ルーティングプロトコルの性能評価
中村勇介小山明夫山形大RCS2014-244
無線メッシュネットワーク(WMN: Wireless Mesh Network)は無線LANのアクセスポイント(AP: ... [more] RCS2014-244
pp.141-146
RCS, NS
(併催)
2014-12-19
09:55
三重 伊勢市観光文化会館(三重) 屋内位置推定を利用したモバイルアドホックネットワークの可視化
井上昭裕小山明夫山形大RCS2014-245
MANET(Mobile ad-hoc networks)は個々のノードがルーティング機能を持ち,無線で接続される点から... [more] RCS2014-245
pp.147-152
RCS, NS
(併催)
2014-12-19
13:30
三重 伊勢市観光文化会館(三重) 無線メッシュネットワークにおける粒子群最適化を応用したAP配置の最適化アルゴリズム
星 拓磨小山明夫山形大NS2014-157
無線メッシュネットワーク(Wireless Mesh Network: WMN)は無線LANを拡張し,無線LAN間を無線... [more] NS2014-157
pp.57-62
SRW 2013-12-16
14:40
東京 機械振興会館 車車間通信に適したMANETとDTNのハイブリッド型ルーティングプロトコル
原田貴雄小山明夫山形大SRW2013-42
MANET(Mobile Ad-hoc Networks)は安定した通信環境に適しているのに対し,DTN(Delay T... [more] SRW2013-42
pp.25-30
SRW 2013-12-16
15:05
東京 機械振興会館 モバイルアドホックネットワーク用3次元可視化システム
井上昭裕小山明夫山形大SRW2013-43
MANET(Mobile ad-hoc networks)は個々のノードがルーティング機能を持ち,無線接続によりネットワ... [more] SRW2013-43
pp.31-36
IN 2012-10-12
15:10
東京 東京大学 山上会館 移動性と最大複製回数を考慮したDTNルーティングプロトコル
逸見健太小山明夫山形大IN2012-108
DTN(Delay / Disruption / Disconnection Tolerant Network)における... [more] IN2012-108
pp.185-190
NS, OCS, PN
(併催)
2012-06-21
09:00
山形 山形大学 MANET用ゾーン型ルーティングプロトコルEZRPの実装と性能評価
長内春樹小山明夫山形大NS2012-29
MANET(Mobile Ad-Hoc Network)において,各ノードはP2P形態でシングルホップもしくはマルチホッ... [more] NS2012-29
pp.1-6
NS, OCS, PN
(併催)
2012-06-21
10:15
山形 山形大学 負荷を考慮した無線メッシュネットワーク用マルチキャストルーティングプロトコルの性能評価
大江潔昂小山明夫山形大NS2012-32
無線メッシュネットワーク(WMN: Wireless Mesh Network)は,無線LANのアクセスポイント(AP:... [more] NS2012-32
pp.17-22
AN 2011-07-15
10:10
京都 京都大学 アドホックネットワークによるリアルオブジェクト指向通信の提案と実装
鈴木裕幸小山明夫山形大AN2011-9
アドホックネットワークは、ユビキタス社会を実現するための基盤技術として注目されている.しかし、アドホックネットワークを利... [more] AN2011-9
pp.7-12
AN 2011-07-15
12:55
京都 京都大学 アドホックネットワーク用ゾーン型ルーティングプロトコルの実装と性能評価
長内春樹小山明夫山形大AN2011-12
 [more] AN2011-12
pp.29-34
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会