お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
お知らせ 5月26日(木) 10:00~13:00(予定),Webサーバ本体のリプレイス作業のため,システムを停止させます.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 195件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-13
15:30
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
簡易なクエリ構文解析を伴うアプリケーションスイッチの性能に関する考察
伊藤 智工学院大)・中尾彰宏東大)・小口正人お茶の水女子大)・山口実靖工学院大
 [more]
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-14
13:10
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
SNIに基づく接続サービス同定における出現確率に基づくSNI選定による同定精度向上
浅岡 諒工学院大)・中尾彰宏東大)・小口正人お茶の水女子大)・山口実靖工学院大
 [more]
NS 2022-05-13
09:00
京都 京都大学楽友会館 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
プライバシー保護と大規模学習を両立するFederated Learningを用いた最適ネットワーク選択手法
堀田幸暉ソニー)・中尾彰宏東大
スマートフォンは通信環境の変化によって無線LAN から5G を含むモバイルネットワークに切り替える.機械学習を用いて大量... [more] NS2022-13
pp.23-28
NS, IN
(併催)
2022-03-11
11:20
ONLINE オンライン開催 近接エッジサーバ協調型負荷分散を実現するサービスメッシュコントローラの提案
古澤 徹トヨタ自動車/東大)・阿部 博岡田和也トヨタ自動車)・中尾彰宏東大
クラウド上のシステムではコンテナ仮想化技術やKubernetes,およびサービスメッシュを用いたマイクロサービスアーキテ... [more] NS2021-148
pp.152-157
NS, IN
(併催)
2022-03-11
11:40
ONLINE オンライン開催 ローカル5Gを用いた低遅延リモートカメラ撮影の検証および分析
岩井貴充野 祐崇東大)・後藤淳悟岩井卓也堀田幸暉ソニー)・杜 平中尾彰宏東大
ドローンによる空撮写真の普及にともない,カメラの被写体をネットワーク越しにプレビュー動画で確認しつつ遠隔からカメラを操作... [more] NS2021-149
pp.158-163
NS, IN
(併催)
2022-03-11
10:40
ONLINE オンライン開催 LoRaネットワークにおけるACKを介した送信遅延制御による動的送信スケジューリング手法
坂東 力中尾彰宏東大
LPWA の 1 つである LoRa では MAC プロトコルに ALOHA を用いており, センサー数の増加によって通... [more] NS2021-150
pp.164-170
NS, IN
(併催)
2022-03-11
13:00
ONLINE オンライン開催 ローカル5G多数接続のスケールアウトを実現するコア性能向上手法
木村 侑中尾彰宏東大
多数のIoTデバイスを収容する技術としてローカル5Gが注目されている。特に近年ではNFVやSDN等の仮想化技術の進展に伴... [more] NS2021-153
pp.181-186
NS, IN
(併催)
2022-03-11
13:20
ONLINE オンライン開催 ローカル5Gの利活用による高臨場感を実現する遠隔コミュニケーションシステム
松本安弘中尾彰宏東大
全世界的な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の猛威を受け,あらゆる社会活動や作業のリモート化が加速する中,高度... [more] NS2021-154
pp.187-192
NS, IN
(併催)
2022-03-11
13:40
ONLINE オンライン開催 Beyond5Gに向けたソフトウェア定義の高周波数無線通信を実現するための課題
トウ 君テイ杜 平中尾彰宏東大
 [more] NS2021-155
pp.193-198
NS, IN
(併催)
2022-03-11
14:00
ONLINE オンライン開催 地上局間で完結する衛星ネットワークスライシングのためのミドルボックス
岩井貴充福元徳広中尾彰宏東大
高スループット衛星通信や低軌道衛星コンステレーションといった新しい衛星通信と5Gのネットワークスライシングを組み合わせる... [more] NS2021-156
pp.199-206
NS, IN
(併催)
2022-03-11
14:20
ONLINE オンライン開催 衛星バックホールを活用したローカル5Gシステムの検討
福元徳広杜 平岩井貴充中尾彰宏東大
第5世代移動通信システム (5G) は情報通信を支える基幹インフラであり,全国への速やかな展開が見込まれている.5Gの一... [more] NS2021-157
pp.207-211
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-04
16:50
ONLINE オンライン開催 3Dプリンティング技術を用いた狭帯域導波管バンドパスフィルタの設計と実装
アルマン トルスン杜 平中尾彰宏東大
 [more] RCS2021-294
pp.212-217
RISING
(第三種研究会)
2021-11-16
09:30
東京 東京都内+EventIn
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Generating Network Performance Management Data with Various Network Failures
XIA FEIAnan SawabeNorihiro FukumotoPing DuAkihiro NakaoUTokyo
 [more]
NS 2021-10-06
10:40
ONLINE オンライン開催 多層エッジサーバを用いた協調運転システムにおける渋滞回避による旅行時間の削減
稲垣勇佑中尾彰宏東大NS2021-68
近年,都市部の交差点や合流地点において複数車両に対して超低遅延通信による位置取得・調停・制御を行い,信号が無くても安全に... [more] NS2021-68
pp.7-12
NS 2021-10-08
09:15
ONLINE オンライン開催 リッチクライアントを用いたプライバシ保護に優れた分散機械学習の検討
高野紗輝お茶の水女子大)・中尾彰宏東大)・山口実靖工学院大)・小口正人お茶の水女子大NS2021-76
近年,低遅延やネットワークの負荷分散が可能といった利点を持つエッジコンピューティングに注目が集まっている.しかし,従来の... [more] NS2021-76
pp.45-50
IN, NS, CS, NV
(併催)
2021-09-09
10:50
ONLINE オンライン開催 現代のアプリケーションの観点から見た次世代衛星通信の課題整理
岩井貴充中尾彰宏東大NS2021-58
次世代の通信として,僻地や海洋上でも十分なスループットを実現する衛星通信が再び注目を集めている. 一方で,通信... [more] NS2021-58
pp.6-11
AP 2021-05-21
13:50
ONLINE オンライン開催 2次元 Autoregressive Moving Average モデルを用いたFDTD法遠方界計算の高速化
中尾晃大・○有馬卓司宇野 亨東京農工大AP2021-17
 [more] AP2021-17
pp.44-47
IN, NS
(併催)
2021-03-04
10:10
ONLINE オンライン開催 Delay-SensitiveアプリケーションのためのEdge-based Scavenger Traffic Control
雨宮宏一郎富士通/東大)・中尾彰宏東大NS2020-126
モビリティサービスやスマートファクトリサービスなどの業務系IoTサービスを提供する場合、エッジでのデータ収集・蓄積とクラ... [more] NS2020-126
pp.19-24
IN, NS
(併催)
2021-03-04
10:40
ONLINE オンライン開催 遅延値に基づき車両向けコンテナ型アプリケーションの動的エッジオフローディングを実現するフレームワークの開発
古澤 徹トヨタ自動車/東大)・阿部 博トヨタ自動車)・中尾彰宏東大NS2020-131
車両向けアプリケーションをエッジサーバで実行するエッジオフローディングにより,車載機の電力消費 削減と開発コスト削減が可... [more] NS2020-131
pp.49-54
IN, NS
(併催)
2021-03-05
11:40
ONLINE オンライン開催 5Gの利活用による高度な臨場感を伝達する遠隔コミュニケーションシステム
森田崇文中尾彰宏東大NS2020-150
現在コロナ禍にて、あらゆる社会活動が遠隔で実施されつつある状況下において、遠隔コミュニケーション技術は大きな注目を集めて... [more] NS2020-150
pp.161-166
 195件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会