お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS 2018-10-18
09:50
京都 京都教育文化センター [依頼講演]Global Optimization for Virtual Resource Management
Abu Hena Al MuktadirTakaya MiyazawaPedro Martinez-JuliaHiroaki HaraiVed P. KafleNICTNS2018-105
We envision a global optimum virtual network resource manage... [more] NS2018-105
pp.1-6
IN, NS, CS, NV
(併催)
2018-09-07
09:45
宮城 東北大学 電気通信研究所 分散型SDN制御プレーンにおけるリンク顕著性に着目したコントローラ配置決定手法の一検討
平山孝弘宮澤高也Abu Hena Al Muktadir原井洋明ベド カフレNICTIN2018-34
Software Defined Networking (SDN) 技術は単一コントローラによる集中制御により、ネットワ... [more] IN2018-34
pp.71-76
NS, IN
(併催)
2018-03-02
10:50
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート Incentive Mechanism for Encouraging Co-operation among Infrastructure Provider and Virtual Network Operators
Abu Hena Al MuktadirMasahiro JibikiVed P. KafleHiroaki HaraiNICTNS2017-211
Allocation of over-estimated virtual resources results in fi... [more] NS2017-211
pp.249-254
ICM, CQ, NS, NV
(併催)
2017-11-17
10:30
香川 高松センタービル Multi-QoS Compliant Virtual Resource Recommendation Scheme
Abu Hena Al MuktadirTakaya MiyazawaPedro Martinez-JuliaVed P. KafleHiroaki HaraiNICTNS2017-125
This paper proposes MTCRS, a Multi-Target Classification bas... [more] NS2017-125
pp.79-84
IA 2016-08-29
14:40
東京 IIJセミナールーム Inbound Traffic Engineering for Border Gateway Protocol with Provider Aggregatable Addressing
Abu Hena Al MuktadirKenji FujikawaHiroaki HaraiNICTIA2016-16
This paper proposes an inbound traffic engineering (TE) tech... [more] IA2016-16
pp.19-24
IA 2015-10-19
17:30
東京 東京大学先端知ビル 5F 武田ホール Routing Issues and Traffic Control in Border Gateway Protocol with Provider Agreegatable Addressing
Abu Hena Al MuktadirKenji FujikawaHiroaki HaraiNICTIA2015-36
Hierarchical Automatic Number Allocation (HANA) protocol aut... [more] IA2015-36
pp.37-42
PN 2015-03-18
09:25
沖縄 沖縄県青年会館 Instantaneous Recovery Scheme for Route Design using Multiple Coding-Aware Protection Scenarios
Phong Vu PhamAbu Hena Al MuktadirBijoy Chand ChatterjeeEiji OkiUECPN2014-78
 [more] PN2014-78
pp.5-9
MWP, EMT, PN, LQE, OPE, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2014-01-23
14:15
京都 同志社大学(烏丸キャンパス) Routing with Traffic Splitting based on Erasure Correcting Code for Instantaneous Recovery
Abu Hena Al MuktadirEiji OkiUniv. of Electro-Comm.PN2013-57 OPE2013-171 LQE2013-157 EST2013-106 MWP2013-77
本論文は,無瞬断回復のための消失訂正符号によるトラヒック分散ルーチングを提案する。 [more] PN2013-57 OPE2013-171 LQE2013-157 EST2013-106 MWP2013-77
pp.123-128
IN, NS
(併催)
2011-03-04
14:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター 簡易負荷分散IPルーチング方式の実装
角田俊一Abu Hena Al Muktadir大木英司電通大NS2010-238
 [more] NS2010-238
pp.417-422
NS, ICM, CQ
(併催)
2010-11-19
09:50
京都 京都大学 桂キャンパス ホースモデルにおける簡易負荷分散IPルーチング
角田俊一Abu Hena Al Muktadir大木英司電通大NS2010-99
本論文では,トラヒック行列が未知であるホースモデルにおいて,発ノードでトラヒックを分散せずに負荷分散を行うnon-spl... [more] NS2010-99
pp.63-68
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会