お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIS 2019-12-12
13:30
岡山 岡山理科大学 水中音響通信シミュレーションのための時間変動要素を持つ音波伝搬モデリング
坂本 舜鈴木紘平吉澤真吾北見工大)・津久井智也IHI)・齋藤 隆三菱電機特機システムSIS2019-23
水中音響通信は遠隔無人探査機(ROV)や自律型無人潜水機(AUV)の遠隔操作や情報伝送の手段として利用される. 音響通信... [more] SIS2019-23
pp.1-4
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2019-10-25
16:15
宮城 東北学院大学(工学部1号館3階第2会議室) 人体の回折波推定とウェーブレット変換を併用した非接触心拍測定の検討
楊 崢王 建青安在大祐名工大)・齋藤 隆森 寛之柴田俊輔SOKEN)・上田吾朗デンソーEMCJ2019-68 MW2019-97 EST2019-76
 [more] EMCJ2019-68 MW2019-97 EST2019-76
pp.179-182
NLC, IPSJ-IFAT
(連催)
2019-02-07
12:40
京都 龍谷大学大宮キャンパス 特許調査のための技術要素の分類に関する研究 ~ 階層型分類コードの推定の高速化と推定精度に関する検討 ~
秋山賢二齋藤隆文東京農工大NLC2018-35
特許調査において、調査者は大量の特許公報を読む必要があり人手と時間を要する作業を強いられる。
技術文書や特許公報の各段... [more]
NLC2018-35
pp.1-6
SIS 2018-12-06
13:40
山口 萩市民館 水中音響通信リサンプリング処理における計算量削減方法の検討
麦倉誠一吉澤真吾北見工大)・新甫友昂津久井智也IHI)・齋藤 隆三菱電機特機システムSIS2018-23
水中音響通信は遠隔無人探査機(ROV)や自律型無人潜水機(AUV)の遠隔操作や情報伝送の手段として利用される.音響通信は... [more] SIS2018-23
pp.13-16
EMCJ, IEE-EMC, IEE-MAG
(連催)
2018-11-22
09:30
海外 KAIST(韓国大田市) Study of Non-contact Heartbeat Sensing Method using EM Waves Passing through the Human Body
Kazutaka MitsuiJianqing WangDaisuke AnzaiNIT)・Takashi SaitoHiroyuki MoriShunsuke ShibataSOKEN)・Kouichi YamadaDENSOEMCJ2018-57
To prevent serious accidents caused by a driver getting sick... [more] EMCJ2018-57
pp.3-5
OME 2018-02-22
13:50
東京 東京農工大学 講義棟L0014 開始剤SAMを用いた表面開始蒸着重合による有機/無機界面の結合形成
齋藤隆喜田中邦明臼井博明東京農工大OME2017-58
Thiol-ene反応を利用し,有機半導体/無機基板界面に共有結合を形成することを試みた.(3-mercaptoprop... [more] OME2017-58
pp.5-9
EMCJ, WPT
(併催)
2016-01-29
15:20
熊本 熊本高専(熊本キャンパス) マトリクスコンバータで電力供給される大型天井クレーンのアース電流とクレーンフックのストレイ電圧
笹田一郎松田卓弥九大)・山本 宙齋藤 隆武藤充孝西田 隆JAXAEMCJ2015-123
 [more] EMCJ2015-123
pp.111-115
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 集団の行動把握・予測のための環境設置型計測システムの構築 ~ 複数の指向性マイクを用いた話者位置推定の検討 ~
村田裕章中山雅野藤田桂英清水郁子堀田政ニ藤波香織近藤敏之中條拓伯齋藤隆文藤田欣也東京農工大
我々は集団を対象に行動や状態を把握・予測し,適切なフィードバックを行う知的空間の実現をめざし,複数種類のセンサを用いた環... [more]
AP, RCS
(併催)
2011-11-16
10:05
愛知 名古屋国際会議場 郊外エリアにおける遮蔽・反射板を用いた見通しMIMO通信実験評価
瀧澤 純加地貴也吉澤真吾北大)・齋藤 隆郡司 崇三菱電機特機システム)・宮永喜一北大RCS2011-191
郊外エリアにおける見通しMIMO通信はSNRが高い条件でも空間相関が高い場合では直接波の影響により実効スループットが低下... [more] RCS2011-191
pp.13-18
SDM, ED
(共催)
2011-02-23
13:30
北海道 北海道大学 百年記念会館 [招待講演]シリサイド系太陽電池及びスピントロニクスを目指して
末益 崇筑波大/JST)・齋藤隆允岡田淳史藤 克昭M. Ajmal KhanDu Weijie眞壁健司伊藤啓太原田一範筑波大)・宇佐美徳隆東北大/JSTED2010-192 SDM2010-227
 [more] ED2010-192 SDM2010-227
pp.1-5
ED, SDM
(共催)
2010-06-30
12:25
東京 東工大 大岡山キャンパス [招待講演]シリサイド半導体を用いた薄膜結晶太陽電池を目指して
末益 崇齋藤隆允岡田淳史藤 克昭アジマル カーン筑波大)・宇佐美徳隆東北大ED2010-53 SDM2010-54
 [more] ED2010-53 SDM2010-54
pp.15-19
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会