お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-21
09:00
香川 サンポートホール高松+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
決定木モデルに対するベイズ最適な予測のメタツリーブースティング法による近似
于 文斌風間皐希中原悠太一條尚希早大)・齋藤翔太群馬大)・松嶋敏泰早大
 [more]
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-21
13:55
香川 サンポートホール高松+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ベイズ符号によるゲノム配列の圧縮における一考察
島田航志早大)・齋藤翔太群馬大)・松嶋敏泰早大
 [more]
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-21
14:20
香川 サンポートホール高松+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ベイズリスクの下界に対するmeta-bound
齋藤翔太群馬大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IT 2021-07-09
13:00
ONLINE オンライン開催 潜在クラスタを仮定することで個人差を考慮した施策の有無による反応変数の差に関するベイズ最適な予測とその近似アルゴリズム
石渡泰祐早大)・齋藤翔太群馬大)・松嶋敏泰早大IT2021-23
観察研究において,「施策を対象に一度しか施すことができない」「施策対象の特性を制御することができない」と言った問題点が挙... [more] IT2021-23
pp.45-50
IT 2021-07-09
13:25
ONLINE オンライン開催 クラスタ構造を説明する変数と回帰構造を説明する変数により表現された線形回帰モデルにおける計算量削減に関する一考察 ~ ベイズ最適な予測とその近似アルゴリズム ~
香山 渉早大)・齋藤翔太群馬大)・松嶋敏泰早大IT2021-24
データがクラスタに分割され,各クラスタにおいて別々の線型回帰モデルを持つという構造のデータ生成確率モデルを考えることで,... [more] IT2021-24
pp.51-56
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-04
10:55
ONLINE オンライン開催 区間ごとに文脈木モデルが変化する情報源における効率的ベイズ符号化アルゴリズム
島田航志齋藤翔太松嶋敏泰早大IT2020-115 ISEC2020-45 WBS2020-34
本稿では,区間ごとに文脈木モデルが変化する情報源の数理モデルを示し,それに対する効率的なベイズ符号化法を提案する.文脈木... [more] IT2020-115 ISEC2020-45 WBS2020-34
pp.19-24
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-04
13:20
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]Non-asymptotic converse theorem on the overflow probability of variable-to-fixed length codes
Shota SaitoToshiyasu MatsushimaWaseda Univ.IT2020-130 ISEC2020-60 WBS2020-49
本研究では、VF符号のオーバーフロー確率のしきい値に関する有限長逆定理を導く。smooth最大エントロピーによって有限長... [more] IT2020-130 ISEC2020-60 WBS2020-49
pp.115-116
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-03-03
16:45
ONLINE オンライン開催 複数の隠れマルコフモデルの重み付けによるベイズ基準のもとでの最適な音素の予測
山岡大志齋藤翔太松嶋敏泰早大EA2020-76 SIP2020-107 SP2020-41
本研究では, 隠れマルコフモデルを用いた予測問題の予測方法について提案を行う.具体的には予測問題の一つである音素認識につ... [more] EA2020-76 SIP2020-107 SP2020-41
pp.97-102
IT 2020-12-02
09:40
ONLINE オンライン開催 音素認識問題におけるベイズ規準の下最適な予測に対する近似手法
山岡大志齋藤翔太松嶋敏泰早大IT2020-30
本研究では,音素認識の一手法について提案する. 隠れマルコフモデルを用いた音素認識の従来の研究は,予測に用いる隠れマルコ... [more] IT2020-30
pp.32-37
IT 2020-12-02
10:30
ONLINE オンライン開催 ベイズ符号の解析に基づいた分類誤り確率の評価 ~ 拡張と具体例 ~
齋藤翔太松嶋敏泰早大IT2020-32
パラメトライズされた確率分布$P_{theta^*}$と$P_{xi^*}$から発生した二つの訓練データが得られていると... [more] IT2020-32
pp.44-49
IT 2020-07-16
14:45
ONLINE オンライン開催 変分ベイズ法によって導出された近似事後分布を用いた予測分布とベイズ予測分布の$alpha$-ダイバージェンスの漸近評価
山田一翔齋藤翔太松嶋敏泰早大IT2020-14
本稿では,i.i.d.確率変数列${X_i }_{i=1}^{n}$が与えられたもとで$X_{n+1}$の確率分布を決定... [more] IT2020-14
pp.19-23
IT 2019-07-25
14:25
東京 NATULUCK飯田橋東口 駅前店 クラスター説明変数と回帰説明変数により表現された線形回帰モデルにおけるベイズ最適な予測の近似手法
村山春香齋藤翔太中原悠太松嶋敏泰早大IT2019-16
本研究では,説明変数と目的変数の組からなるデータが与えられたとき,一部の連続説明変数によってデータを複数のクラスターに分... [more] IT2019-16
pp.5-10
IT 2019-07-25
14:50
東京 NATULUCK飯田橋東口 駅前店 決定木モデルにおける集団学習法の考えを用いたベイズ最適な分類の近似アルゴリズム
土橋那央齋藤翔太松嶋敏泰早大IT2019-17
本研究では,離散値をとる説明変数$bm{x}$に対する離散カテゴリ$y$の分類問題を扱う.説明変数$bm{x}$が与えら... [more] IT2019-17
pp.11-16
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-08
09:00
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) 真のパラメトリックモデルが未知のベイズ予測分布のmisspecifiedな場合の性能解析
河野浩和齋藤翔太松嶋敏泰早大IT2017-103 ISEC2017-91 WBS2017-84
本稿では, I.I.D. 確率変数列の実現値の組${(x_t,y_t)}_{t=1}^N$及び$x_{N+1}$を受け取... [more] IT2017-103 ISEC2017-91 WBS2017-84
pp.1-6
IBISML 2018-03-05
17:25
福岡 九州大学 西新プラザ 潜在変数に階層モデルを仮定したベイズ独立成分分析
浅葉 海齋藤翔太堀井俊佑松嶋敏泰早大IBISML2017-97
独立成分分析は,観測データを生成する未知の潜在変数を推定する問題を扱い,音声信号処理,時系列解析,画像の特徴抽出などに応... [more] IBISML2017-97
pp.49-53
IT 2017-07-14
10:50
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス) 微少なアンダーフロー確率を許した可変長intrinsic randomness問題
吉澤 潤齋藤翔太松嶋敏泰早大IT2017-29
本稿では,一般情報源に対する可変長intrinsic randomness問題を扱う.従来,可変長intrinsic r... [more] IT2017-29
pp.73-78
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2016-01-22
15:05
大阪 阪大銀杏会館 潜在変数を仮定した多次元線形回帰モデルにおけるベイズ基準のもと最適なデータ予測に関する一考察
潮田幹生齋藤翔太松嶋敏泰早大PRMU2015-129 MVE2015-51
 [more] PRMU2015-129 MVE2015-51
pp.269-273
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2016-01-22
15:35
大阪 阪大銀杏会館 半教師付き学習におけるベイズ基準のもと最適な予測の計算量削減方法に関する一考察
中野雄斗齋藤翔太松嶋敏泰早大PRMU2015-130 MVE2015-52
本稿では,統計的決定理論に基づく半教師付き学習における予測問題を扱う.
この問題に対して,従来ベイズ基準のもとで最適な... [more]
PRMU2015-130 MVE2015-52
pp.275-280
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-18
11:00
大阪 関西学院大学(大阪梅田) メッセージ伝搬にもとづく疎な2部グラフ上のショートサイクル数え上げ法に関する研究
中原悠太齋藤翔太松嶋敏泰早大IT2015-50 SIP2015-64 RCS2015-282
本研究では,疎な2部グラフ上のショートサイクルをメッセージ伝搬によって数え上げるアルゴリズムの改良を提案する.従来研究で... [more] IT2015-50 SIP2015-64 RCS2015-282
pp.13-18
IT 2015-07-13
10:00
東京 東京工業大学 一般情報源に対するIntrinsic randomness問題における強逆定理のバリエーション
齋藤翔太松嶋敏泰早大IT2015-17
本稿では,一般情報源に対するIntrinsic randomness問題を扱う.従来,この問題に対して,情報源が強逆性を... [more] IT2015-17
pp.1-6
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会