お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OFT 2021-01-15
15:25
ONLINE オンライン開催 振幅変調によるファイバヒューズ発生抑圧の入力パワーならびに変調周波数への依存性
下倉大輝杉本有矢黒河賢二北見工大OFT2020-54
入力光の振幅変調によりSMFにおいてファイバヒューズの発生を抑圧する方法についての検討を行った。まず、振幅変調周波数10... [more] OFT2020-54
pp.47-50
OFT 2019-05-16
14:00
大阪 I-siteなんば [ポスター講演]SI型マルチモードファイバを用いたファイバヒューズ停止部品
古屋聡吾黒河賢二北見工大OFT2019-4
SMFとSMFの間にステップインデックス型マルチモードファイバを挟むことにより、市販ファイバで構成されファイバヒューズ抑... [more] OFT2019-4
pp.17-20
OFT 2018-10-11
14:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]ファイバヒューズによる気泡形成へのパワー変動の影響
石川翔大黒河賢二北見工大)・野添紗希松井 隆辻川恭三中島和秀NTTOFT2018-13
 [more] OFT2018-13
pp.1-6
OFT 2018-10-11
14:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]純石英コアファイバにおけるファイバヒューズ伝搬閾値特性
濱谷洸輔黒河賢二北見工大)・野添紗希松井 隆辻川恭三中島和秀NTTOFT2018-14
 [more] OFT2018-14
pp.7-10
OFT 2018-01-19
10:20
熊本 熊本市民会館 ファイバヒューズ伝搬によって生じるコアの溶融領域に関する検討
辻川恭三NTT)・黒河賢二北見工大)・半澤信智NTT東日本)・野添紗希松井 隆中島和秀NTTOFT2017-65
高パワー入力条件下で確率論的に発生するファイバヒューズ現象は、シングルモードファイバによる波長多重伝送(WDM)の容量制... [more] OFT2017-65
pp.43-46
OFT 2016-10-14
10:20
岩手 マリオス(盛岡) 異種ファイバ接続点近傍におけるファイバヒューズ気泡間隔ゆらぎの観測
菅原一茂田辺 侑北見工大)・野添紗希松井 隆辻川恭三中島和秀NTT)・黒河賢二北見工大OFT2016-24
(事前公開アブストラクト) DSFとSMFの接続点近傍で、ファイバヒューズ伝搬後に観測される気泡間隔にゆらぎが生じること... [more] OFT2016-24
pp.35-39
OFT 2015-12-11
16:40
東京 電気通信大学 2モードファイバにおけるファイバヒューズ伝搬特性評価
野添紗希半澤信智辻川恭三NTT)・黒河賢二北見工大)・松井 隆中島和秀NTTOFT2015-53
モード多重伝送用において使用されるFew-modeモードファイバは、単一モードファイバと比較して、光ファイバ一本あたりの... [more] OFT2015-53
pp.39-43
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2014-11-14
11:35
広島 NHK広島放送局 光ファイバのファイバヒューズ伝搬のモードフィールド直径依存性に関する検討
半澤信智NTT)・黒河賢二北見工大)・辻川恭三山本文彦NTTOFT2014-43
(事前公開アブストラクト) 光ファイバにおけるファイバヒューズ伝搬について、伝搬閾値やファイバヒューズが伝搬した後の光フ... [more] OFT2014-43
pp.71-74
OPE, OFT
(共催)
2012-03-02
18:05
東京 機械振興会館 ホールアシストファイバにおけるファイバヒューズ伝搬の孔径依存性
黒河賢二半澤信智辻川恭三冨田 茂NTTOFT2011-88 OPE2011-214
ホールアシストファイバ(HAF)とSMFの接続点におけるファイバヒューズ伝搬の停止ダイナミクスを観測することにより、HA... [more] OFT2011-88 OPE2011-214
pp.73-76
OFT, OCS
(併催)
2011-08-26
11:15
北海道 とかちプラザ 空孔アシスト光ファイバ(HAF)の特異なファイバヒューズ伝搬の観察
半澤信智黒河賢二辻川恭三冨田 茂NTTOFT2011-24
(事前公開アブストラクト) 近年、空孔アシストファイバ(HAF)においてファイバヒューズの伝搬が抑圧できることが報告され... [more] OFT2011-24
pp.37-42
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2010-11-18
13:00
大阪 SEI 生駒セミナーハウス 空孔アシスト光ファイバ(HAF)のファイバヒューズ耐性
半澤信智黒河賢二辻川恭三冨田 茂NTTOFT2010-38
空孔アシスト光ファイバ(HAF)において,通信波長帯で15 W 以上の光を入力した状態でもファイバヒューズが伝搬及び発生... [more] OFT2010-38
pp.1-4
OFT 2010-10-25
14:00
埼玉 日本工業大学 PCFを用いた1.0μm帯スーパーコンティニウム光発生および多波長光源への応用
森 崇嘉山本貴司黒河賢二冨田 茂NTTOFT2010-32
我々はフォトニック結晶ファイバ(PCF)を用いた1.0 μm 帯光通信の検討を行っている.PCFは1.0 μm帯において... [more] OFT2010-32
pp.21-24
OFT 2009-10-30
10:55
大分 別府国際コンベンションセンター【変更】 正弦波位相変調光を用いた群速度分散測定法
山本貴司坂本泰志黒河賢二冨田 茂NTTOFT2009-47
正弦波位相変調されたCW光を群速度分散媒質に入射すると強度変調光に変換される。我々はこの位相強度変調変換... [more] OFT2009-47
pp.63-68
OFT 2009-05-28
15:20
静岡 住友電気工業?南箱根セミナーハウス フォトニック結晶ファイバにおける入力パワー拡大の基礎検討
半澤信智辻川恭三坂本泰志松井 隆黒河賢二冨田 茂NTTOFT2009-6
本研究では,入力パワーを拡大するため理論2モード構造のフォトニック結晶ファイバでの実効断面積の拡大に関して理論検討を行っ... [more] OFT2009-6
pp.25-30
OFT, OPE
(共催)
2009-03-06
15:25
東京 機械振興会館 フォトニック結晶ファイバによる160Gbit/s OTDM信号伝送
山本貴司黒河賢二田嶋克介倉嶋利雄NTTOFT2008-97 OPE2008-197
長さ26 kmのフォトニック結晶ファイバ(PCF)を用いた160 Gbit/s ( = 10 Gbit/s × 16 c... [more] OFT2008-97 OPE2008-197
pp.57-61
OFT 2008-10-17
10:00
東京 芝浦工業大学 純石英コアフォトニック結晶ファイバの分布ラマン増幅伝送特性
深井千里中島和秀黒河賢二田嶋克介松井 隆NTTOFT2008-34
純石英コアフォトニック結晶ファイバ(PCF)のラマン利得特性、及び分布ラマン増幅(DRA)伝送特性について示す。PCFを... [more] OFT2008-34
pp.1-4
OFT 2008-05-15
13:30
大阪 大阪電気通信大学 フォトニック結晶光ファイバを用いた波長1um帯高速伝送
黒河賢二山本貴司田嶋克介荒武 淳鈴木賢哉倉嶋利雄NTTOFT2008-1
-10 dB帯域2.8 THzのSupercontinuum(SC)光源を用いて長さ6 kmのフォトニック結晶ファイバ(... [more] OFT2008-1
pp.1-4
OFT 2007-10-19
11:15
富山 富山県立大学 PCFとDSFを用いた高速・広帯域伝送の検討
中島和秀松井 隆黒河賢二田嶋克介NTTOFT2007-36
均一空孔構造を有するフォトニック結晶ファイバ(PCF)の、分散シフトファイバ(DSF)に対する分散補償・制御媒体としての... [more] OFT2007-36
pp.23-28
OFT 2007-01-26
09:40
三重 三重大学 PCFにおける可視領域から赤外領域での高速WDM伝送に関する検討
家田浩司黒河賢二田嶋克介中島和秀三川 泉NTTOFT2006-64
本報告では、1 kmのフォトニック結晶ファイバ(PCF)において、短波長領域(658 nm)から長波長領域(1550 n... [more] OFT2006-64
pp.61-64
OCS, OFT
(併催)
2006-08-24
14:50
宮城 東北大学 1.3μm帯零分散単一モードファイバを用いた遮断波長以下の短波長領域における単一モード伝送特性に関する検討
清水智弥中島和秀黒河賢二家田浩司白木和之三川 泉NTTOFT2006-20
通常の1.3μm帯零分散単一モードファイバを用いて、遮断波長より短い短波長帯における単一モード伝送特性について実験的に検... [more] OFT2006-20
pp.21-25
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会