お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2020-05-14
13:40
ONLINE オンライン開催 マイクロサービス運用支援のためのコンテナからインフラまでの構成差分検出技術の開発
近藤玲子麻岡正洋渡辺幸洋富士通研ICM2020-2
多数のマイクロサービスが互いに呼び出しあって構築され、追加や変更によって成長していくようなサービス形態がトレンドとなる一... [more] ICM2020-2
pp.7-12
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2020-05-15
14:55
ONLINE オンライン開催 クラウドにおける障害影響把握のためのIaaS構成のフルスタック可視化
麻岡正洋近藤玲子鈴木和宏渡辺幸洋富士通研ICM2020-6
クラウドサービス、特にIaaS(Infrastructure as a Service)は近年広く使われている。そのIa... [more] ICM2020-6
pp.31-36
ICM 2015-03-20
11:00
沖縄 石垣市民会館 [奨励講演]運用自動化の容易性を示す評価指標の提案
柳瀬隆史麻岡正洋難波 功富士通研ICM2014-64
近年,人手による運用管理作業を自動化する運用自動化への要求が高まっている.運用自動化は導入までの開発コストが大きいため,... [more] ICM2014-64
pp.61-66
ICM 2014-03-14
17:10
沖縄 イーフ情報プラザ(久米島) 共通手順推定による運用手順の標準化支援
麻岡正洋・○柳瀬隆史小野寺佐知子難波 功富士通研ICM2013-78
近年,システムの仮想集約に伴い,運用自動化への関心が高まっている.自動化運用に移行するには大量の運用手順書を分析し運用手... [more] ICM2013-78
pp.155-160
ICM 2013-03-15
16:00
鹿児島 屋久島環境文化村センター 運用手順書からの自動実行フロー生成
麻岡正洋難波 功富士通研ICM2012-79
システム運用作業の品質向上とオペレータ工数の削減を目的に,運用自動化ツールで自動的に運用作業を行えるようになってきている... [more] ICM2012-79
pp.119-124
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会