お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, RCS, NV
(併催)
2020-05-21
13:00
神奈川 慶應義塾大学 [依頼講演]無線アクセスネットワークの仮想化・オープン化 ~ 動向とエリクソンの取り組み ~
鹿島 毅・○村井英志藤岡雅宣エリクソン・ジャパンIN2020-1 RCS2020-14
本講演では無線アクセスネットワーク(RAN)の仮想化・オープン化に関して、最近の動向とエリクソンの取り組みについて紹介す... [more] IN2020-1 RCS2020-14
pp.1-3(IN), pp.25-27(RCS)
RCS, SAT
(併催)
2017-08-18
13:25
新潟 新潟大学 5G無線アクセスにおける新規無線フレーム構成を用いた高信頼低遅延通信の屋外伝送実験
岩渕匡史ベンジャブール アナス岸山祥久NTTドコモ)・Tingjian TianGuangmei RenChen TangLiang Guファーウェイ)・高田輝文鹿島 毅華為技術日本RCS2017-165
2020年以降の移動無線通信システムである5G/5G+無線アクセスでは,URLLC (Ultra Reliability... [more] RCS2017-165
pp.117-122
RCS, SR, SRW
(併催)
2017-03-03
09:50
東京 東京工業大学 TDD下りリンクにおける大規模マルチユーザMassive MIMOの屋外伝送実験評価
齋藤祐也ベンジャブール アナス岸山祥久NTTドコモ)・王 新侯 暁林蒋 恵玲ドコモ北京研)・Lei LuBojie LiWenliang LiangLiang Guファーウェイ・テクノロジーズ)・崔 洋鹿島 毅ファーウェイ・テクノロジーズ・ジャパンRCS2016-323
現在,第5世代移動通信システム(5G)の実現に向けた研究開発が活発化しており,特に超多素子アンテナを活用するMassiv... [more] RCS2016-323
pp.187-192
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-19
11:40
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) 4.5GHz帯におけるMassive MIMOの特性に関する屋外伝送実験評価
齋藤祐也ベンジャブール アナス岸山祥久NTTドコモ)・王 新侯 暁林蒋 恵玲ドコモ北京研)・Lei LuBojie LiWenliang LiangLiang Guファーウェイ・テクノロジーズ)・崔 洋鹿島 毅ファーウェイ・テクノロジーズ・ジャパンIT2016-50 SIP2016-88 RCS2016-240
著者らはこれまでに,第5世代移動通信システム(5G)の実現に向け,eMBBおよびIoTを柔軟にサポートすることを目的とし... [more] IT2016-50 SIP2016-88 RCS2016-240
pp.25-30
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-19
14:20
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) 5G無線アクセスにおける高信頼・低遅延通信に関する屋外伝送実験
岩渕匡史ベンジャブール アナス岸山祥久NTTドコモ)・Guangmei RenTingjian TianLiang Gu崔 洋鹿島 毅ファーウェイIT2016-59 SIP2016-97 RCS2016-249
様々な無線アプリケーションを収容するため,5G無線アクセスではモバイルブロードバンドの高度化に加え,多端末接続性や低遅延... [more] IT2016-59 SIP2016-97 RCS2016-249
pp.75-80
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-19
14:55
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) 5Gにおいて多様なアプリケーションを収容するMixed numerologyの周波数領域多重に関する屋外伝送実験
岩渕匡史ベンジャブール アナス岸山祥久NTTドコモ)・Dan WuTingjian TianLiang Gu崔 洋鹿島 毅ファーウェイIT2016-68 SIP2016-106 RCS2016-258
5G無線アクセスでは,モバイルブロードバンドの高度化だけでなく多端末接続性や低遅延高信頼性もサポートし,様々なアプリケー... [more] IT2016-68 SIP2016-106 RCS2016-258
pp.129-134
RCS 2016-04-22
12:45
青森 弘前市・星と森のロマントピア 5GにおけるeMBB及びIoTをサポートするための無線アクセス要素技術に関する屋外伝送実験
齋藤祐也ベンジャブール アナス岸山祥久NTTドコモ)・王 新侯 暁林蒋 恵玲ドコモ北京研)・Jianglei MaJing QiuDageng ChenLei Lu鹿島 毅ファーウェイ・テクロノジーズRCS2016-17
 [more] RCS2016-17
pp.93-98
RCS 2015-10-02
15:20
神奈川 YRP(横須賀) [依頼講演]5G無線ネットワークを実現する技術 ~ Huaweiの提案技術と評価状況 ~
鹿島 毅ファーウェイRCS2015-186
モバイルネットワークの更なる発展を限られた無線周波数で実現するため、周波数利用効率の更なる向上は5Gにおける重要な課題で... [more] RCS2015-186
pp.151-153
RCS, AP
(併催)
2007-11-08
15:50
東京 電通大 セグメント平均LLRに基づく協調復号法
廣澤 隼大槻知明慶大)・鹿島 毅シギット P.W. ジャロットノキアRCS2007-106
通常のテレビ放送やセンサネットワークでは,送信機は情報を再送しない.そこで,情報の再送によって特性の改善を図る代わりに,... [more] RCS2007-106
pp.55-59
RCS 2007-06-29
15:00
愛知 豊橋技科大 マルチユーザMIMOダウンリンクシステムの統合したユーザスケジューリング方法
張 裕淵王 俊義東工大)・朱 厚涛鹿島 毅ノキア)・荒木純道東工大RCS2007-26
 [more] RCS2007-26
pp.91-96
RCS 2006-11-16
13:30
静岡 ラフォーレ伊東(伊東市) Size Compatible (SC)-Array LDPC符号の提案
あべ松大輔東京理科大)・大槻知明慶大)・シギット PW ジャロット鹿島 毅ノキア・ジャパンRCS2006-158
高符号化率で優れた誤り率特性を達成するLDPC符号として,Array LDPC符号が報告されている.しかし,Array ... [more] RCS2006-158
pp.7-12
RCS 2006-11-16
16:20
静岡 ラフォーレ伊東(伊東市) ライスフェージング環境に適した相対位相差時間シフト変調を用いたMIMOシステム
染谷隆雄・○小林健一東京理科大)・大槻知明慶大)・シギット PW ジャロット鹿島 毅ノキア・ジャパンRCS2006-163
 [more] RCS2006-163
pp.37-42
RCS 2006-09-01
09:50
宮城 東北大学 A Low Complexity Tree-Based User Scheduling Algorithm in Up-Link MIMO Systems
Junyi WangKiyomichi ArakiTokyo Inst. of Tech/Harbin Inst.of Tech.)・Zhongzhao ZhangHarbin Inst.of Tech)・Yuyuan ChangTokyo Inst.of Tech)・Kodo ShuTsuyoshi KashimaNokia,JapanRCS2006-119
本稿ではMIMO無線通信おけるユーザスケジューリングを上り回線に対して提案している。このスケジューリングアルゴリズムは最... [more] RCS2006-119
pp.85-90
RCS, AP, WBS, SR, MW, MoNA
(併催)
2006-03-01
16:20
神奈川 YRP MIMO-OFDM移動通信用MAP受信機におけるファクターグラフに基づく逐次伝送路推定
鹿島 毅府川和彦鈴木 博東工大
本報告では,MIMO-OFDM移動通信用逐次MAP受信機に適した,新しい伝送路推定法を提案する.ファクターグラフ上でのメ... [more] RCS2005-194
pp.97-102
RCS, AP, WBS, SR, MW, MoNA
(併催)
2006-03-03
14:00
神奈川 YRP パケット移動通信システムにおけるシャドウイングと高速フェージング条件下でのセル間干渉制御法
鹿島 毅朱 厚道ノキア
 [more]
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会