お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 58件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS 2020-03-04
13:25
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
OSSプロジェクトにおけるREADME.mdファイルの作成の支援
清水一輝亀井靖高佐藤亮介鵜林尚靖九大SS2019-42
GitHub といったホスティングサービスで公開されている OSS 開発プロジェクトにおいて,README.md ファイ... [more] SS2019-42
pp.7-12
SS 2020-03-04
15:40
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
文法エラーに対する自動バグ修正ツールの性能評価
松尾春紀池田 翔亀井靖高佐藤亮介鵜林尚靖九大SS2019-47
近年,様々な自動バグ修正ツールが開発されている.その中でも,プログラムの文法エラーを修正する DeepFix は深層学習... [more] SS2019-47
pp.37-42
SS 2020-03-04
16:05
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
開発者によるバグ限局を考慮した自動バグ修正への影響分析
山手響介首藤 巧浅田 翔佐藤亮介亀井靖高鵜林尚靖九大SS2019-48
ソフトウェア開発におけるデバッグコストの削減を目的として,自動バグ修正の研究が盛んに行われている.
自動バグ修正ではバ... [more]
SS2019-48
pp.43-48
SS 2019-03-05
15:25
沖縄 沖縄産業支援センター 関数型プログラムの条件式のための反例を用いた自動修正
松井 健佐藤亮介鵜林尚靖亀井靖高九大SS2018-80
ソフトウェア開発において,手動によるバグ修正には多くの手間と時間がかかる.開発者の負担を減らすため自動バグ修正の研究が行... [more] SS2018-80
pp.169-174
SS 2019-03-05
17:15
沖縄 沖縄産業支援センター 企業内ソースコードに対する自動バグ修正技術適用の試み
池田 翔中野大扉亀井靖高佐藤亮介鵜林尚靖九大)・吉武 浩矢川博文富士通九州ネットワークテクノロジーズSS2018-84
バグ修正の時間削減による生産性の向上を目的として,自動バグ修正の研究は盛んに行われている.
自動バグ修正は自動でバグ修... [more]
SS2018-84
pp.193-198
SS 2018-03-07
12:30
沖縄 南大東島 関数型言語における停止性検証のためのランキング関数の回帰推定
村本大起佐藤亮介鵜林尚靖亀井靖高九大SS2017-75
 [more] SS2017-75
pp.63-68
SS 2017-03-10
14:20
沖縄 てんぶす那覇 OSSプロジェクトにおける不確かさに関する実証分析 ~ なぜ不確かさは生まれ、いつ解消されるのか? ~
村岡北斗深町拓也山下一寛鵜林尚靖亀井靖高九大SS2016-82
ソフトウェア開発において「不確かさ」をマネジメントする開発を行うことは重要である.そのためには,実際に不確かさがどのよう... [more] SS2016-82
pp.133-138
SS 2016-03-10
16:30
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 クラウド知識に基づいたプログラミング支援環境CodeConcierge
高橋裕太深町拓也鵜林尚靖細合晋太郎亀井靖高九大SS2015-90
ソフトウェア開発において,コーディングに関するクラウド知識(Crowd Knowledge)を利用する機会は往々にしてあ... [more] SS2015-90
pp.85-90
SS 2016-03-11
10:25
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 Stack Overflowを用いたデバッグの有用性に関する実証分析
荻原由輝深町拓也鵜林尚靖細合晋太郎亀井靖高九大SS2015-94
Stack OverflowなどのQ&Aサイトにはプログラミング技術に関するデータが数多く蓄積されており,これらをデバッ... [more] SS2015-94
pp.109-114
KBSE 2016-03-03
15:20
大分 由布市湯布院公民館 [招待講演]不確かさを抱擁するモデル駆動開発
鵜林尚靖九大KBSE2015-56
ソフトウェア工学において,不確かさを抱擁したソフトウェア開発は重要な研究課題の一つである.Garlanは,伝統的なソフト... [more] KBSE2015-56
p.49
KBSE 2016-03-03
17:00
大分 由布市湯布院公民館 Gitを用いた不確かさのマネジメント
深町拓也鵜林尚靖細合晋太郎亀井靖高九大KBSE2015-57
 [more] KBSE2015-57
pp.51-56
KBSE 2016-03-03
17:40
大分 由布市湯布院公民館 AspectJによる不確かさを包容した単体テスト環境
渡辺啓介深町拓也鵜林尚靖細合晋太郎亀井靖高九大KBSE2015-58
ソフトウェア開発において設計や実装が未確定で複数の選択肢が存在する場合,網羅的にすべての可能性に対して単体テストを実行す... [more] KBSE2015-58
pp.57-62
SS, MSS
(共催)
2016-01-26
16:00
石川 しいのき迎賓館 セミナールームB コミットログを用いたOSS開発における不確かさに関する実証分析
山下一寛江 冠達深町拓也亀井靖高鵜林尚靖九大MSS2015-66 SS2015-75
ソフトウェア工学において, 不確かさを包容したソフトウェア開発は重要な研究課題の1つである.本論文て&#... [more] MSS2015-66 SS2015-75
pp.177-182
SS 2015-05-12
10:55
熊本 熊本大学 [依頼講演]不確かさを包容するソフトウェア工学
鵜林尚靖九大SS2015-13
不確かさはソフトウェア工学において重要な研究テーマの一つである。多くのソフトウェアプロジェクト
では不確定要素を適切に... [more]
SS2015-13
p.63
SS 2015-03-09
11:00
沖縄 沖縄県青年会館 抽象化を考慮したデータフロートレーサビリティ
郭 衆小鵜林尚靖艾 迪李 沛源李 宇寧深町拓也細合晋太郎亀井靖高九大SS2014-59
 [more] SS2014-59
pp.25-30
SS 2015-03-09
14:55
沖縄 沖縄県青年会館 社会としてのOSSプロジェクトを解析するソーシャルネットワークマイニングツールColi
川島関夫亀井靖高鵜林尚靖九大SS2014-64
オープンソースソフトウェア(OSS)開発では,メーリングリストを用いて,追加機能やバグ修正などプロジェクトの開発方針に関... [more] SS2014-64
pp.55-60
MSS, SS
(共催)
2015-01-26
14:20
鳥取 ブランナールみささ コードクローン解析に対するスーパーコンピュータ導入に向けた試行実験
大坂 陽亀井靖高九大)・堀田圭佑阪大)・鵜林尚靖九大MSS2014-71 SS2014-35
 [more] MSS2014-71 SS2014-35
pp.13-18
MSS, SS
(共催)
2015-01-26
14:45
鳥取 ブランナールみささ Just-In-Time欠陥予測支援ツール anko
田中秀太郎福島崇文山下一寛亀井靖高鵜林尚靖九大MSS2014-72 SS2014-36
ソフトウェア開発において,効率良くレビューやテストを行うためにソースコードファイルの変更,つまり版管理システムに対するコ... [more] MSS2014-72 SS2014-36
pp.19-24
SS 2014-03-12
11:35
沖縄 てんぷす那覇:第1・2会議室 DSLラインエンジニアリング支援環境の設計
黄 長贇亀井靖高鵜林尚靖九大SS2013-89
言語指向プログラミング(LOP: Language-Oriented Programming)はプログラミング技法の一つ... [more] SS2013-89
pp.103-108
SS, MSS
(共催)
2014-01-31
14:25
愛知 豊田中央研究所 変更レベルに着目したバグ予測支援ツールの設計と実装
田中秀太郎山下一寛亀井靖高鵜林尚靖九大MSS2013-70 SS2013-67
ソースコードファイルの変更,つまり版管理システムに対するコミットを対象としたバグ予測(Just-In-Timeバグ予測)... [more] MSS2013-70 SS2013-67
pp.113-118
 58件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会