お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLC 2020-02-16
14:45
東京 成蹊大学 ユーザ反応時間に基づくメディア企業SNSアカウントの傾向分析
榊 剛史ホットリンク)・鳥海不二夫東大NLC2019-37
近年,ウェブ・SNSの普及による情報発信・拡散の変化に伴い,デマやフェイクニュースの拡散,エコーチェンバーの発生等,情報... [more] NLC2019-37
pp.7-11
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 音声感情と動作情報を表出する擬人化エージェントを用いた人狼知能対戦Viewerの開発
曽根寛人山本隆太郎片上大輔東京工芸大)・大澤博隆筑波大)・鳥海不二夫東大)・稲葉通将市大)・狩野芳伸静岡大)・大槻恭士山形大
本研究では,人間が行う様な音声感情と動作情報を表出する擬人化エージェントを用いて人狼知能同士の対戦の様子を表示するシステ... [more]
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]Disentangledな特徴表現を用いた意図的クラスタリングによる未知ラベルの検出
福馬智生鳥海不二夫東大IBISML2018-85
クラスタリングは元来不良設定問題であり、同じデータセットに対しユーザーが何に着目するかにより妥当なクラスタリ... [more] IBISML2018-85
pp.307-312
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2018-06-13
13:50
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 CapsuleNetを用いた半教師ありクラスタリングによる未知ラベルの検出
福馬智生鳥海不二夫東大IBISML2018-7
 [more] IBISML2018-7
pp.47-52
AI 2018-02-17
15:40
東京 東京大学 本郷キャンパス 価格決定要因に基づく宿泊施設の分類
梶村直人鳥海不二夫東大)・案浦スミタカかんざしAI2017-31
宿泊施設はそれぞれ基準となる宿泊価格を設定し,その価格にプランの内容,部屋の種類,日付に応じた変動価格を加えることで価格... [more] AI2017-31
pp.77-81
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 視線動作を付与した人狼対戦システムの開発
新羅 慧片上大輔東京工芸大)・鳥海不二夫東大)・大澤博隆筑波大)・稲葉通将広島市大)・篠田孝祐電通大
本研究では,擬人化エージェントに適切な視線動作を導入することで,議論を行うコミュニケーションゲームである人狼を自然に行う... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 人狼BBSのログデータを利用した人狼知能の発話プロトコル文の言い換え生成
中村洋文片上大輔東京工芸大)・鳥海不二夫東大)・大澤博隆筑波大)・稲葉通将広島市大)・篠田孝祐電通大)・狩野芳伸静岡大
本研究は人狼知能によって行われた人狼ゲームを人間が議論しているようにリプレイするシステムを開発する.人狼知能は自然言語で... [more]
CNR 2015-06-29
15:15
東京 筑波大学東京キャンパス コミュニケーションゲーム「人狼」を達成するロボットエージェントの設計要件
大澤博隆栢野 航筑波大)・片上大輔東京工芸大)・鳥海不二夫東大)・稲葉通将広島市大)・篠田孝祐電通大CNR2015-3
コミュニケーションゲーム人狼は、相手の意図を推理し、相手を説得するという社会的な知能を要請される課題である。本研究では、... [more] CNR2015-3
pp.11-14
DE 2015-06-20
10:00
東京 リクルートテクノロジーズ ネットコミュニケーションにおける未成年者のリスク軽減とそのシミュレーションモデルの実現
中西崇文GLOCOM)・鳥海不二夫東大)・田代光輝多摩大)・江口清貴東大
本稿では,LINEをはじめとしたSNSにおけるコミュニケーションリスクを検討するためのシミュレーションを行った.我々は,... [more]
SP 2015-01-22
13:30
岐阜 じゅうろくプラザ [招待講演]金融情報における時系列分析
鳥海不二夫東大SP2014-131
 [more] SP2014-131
pp.25-30
AI, JSAI-DOCMAS, JSAI-KBS, JSAI-SAI, IPSJ-ICS
(連催)
2013-03-10
- 2013-03-13
北海道 ルスツリゾート 東日本大震災時のTwitter上のデマの収集と分析
石津亮輔秋山英三筑波大)・鳥海不二夫東大AI2012-41
近年FacebookやTwitterを始めとしたマイクロブログがスマートフォンなどのモバイル端末の普及と共に急激に普及し... [more] AI2012-41
pp.1-5
AI, JSAI-DOCMAS, JSAI-KBS, JSAI-SAI, IPSJ-ICS
(連催)
2013-03-10
- 2013-03-13
北海道 ルスツリゾート 集団内の多様性創出メカニズムの解明 ~ Axelrodの文化形成モデルによる,コミュニティ形成過程における多様性創出メカニズムの解明 ~
浅谷公威大橋弘忠鳥海不二夫Chen Yu東大AI2012-51
現実社会において,集団を形成する個人が周囲の文化を個人の基準によって取捨選択することで文化が形成されている.その文化形成... [more] AI2012-51
pp.61-66
AI, JSAI-DOCMAS, JSAI-KBS, JSAI-SAI, IPSJ-ICS
(連催)
2013-03-10
- 2013-03-13
北海道 ルスツリゾート 株式市場における相転移の検出のための異常状態検知
梅岡利光名大)・鳥海不二夫東大)・平山高嗣榎堀 優間瀬健二名大AI2012-52
 [more] AI2012-52
pp.67-72
DE 2012-12-13
10:25
京都 キャンパスプラザ京都 震災時における中心性に基づくTwitterネットワーク分析とアカウント分類
石原裕規諏訪博彦電通大)・鳥海不二夫東大)・太田敏澄電通大DE2012-29
東日本大震災時に,人々は,Twitterにより様々な情報収集や,情報交換を行い震災に対処した.この際,情報発信や拡散の起... [more] DE2012-29
pp.87-92
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ ゲーミフィケーションを用いた対話エージェントのための学習データ獲得
岩田直之名大)・鳥海不二夫東大)・平山高嗣榎堀 優名大)・稲葉通将広島市大)・間瀬健二名大
我々は特定のタスクを持たない雑談などの対話を行なう対話エージェントの実現を目指している.
雑談を行なうためには,様々な... [more]

AI 2012-06-21
15:15
東京 京都大学 東京オフィス [招待講演]震災時におけるTwitterのリツイート分析
鳥海不二夫東大)・篠田孝祐理研)・栗原 聡阪大)・榊 剛史東大)・風間一洋NTT)・野田五十樹産総研AI2012-4
本論文では,東日本大震災時の前後にTwitterに投稿された約4億のTweetを用いて,
震災がTwitterを用いた... [more]
AI2012-4
pp.19-24
NLC 2012-02-03
10:05
新潟 朱鷺メッセ(新潟市) フォロー類似度によるTwitter高次数ユーザの関係分析
小出明弘斉藤和巳静岡県立大)・鳥海不二夫名大)・風間一洋NTTNLC2011-62
本研究では,Twitter上のユーザモデルを構築するための第一歩として,フォローネットワーク上で中心的な役割を担うユーザ... [more] NLC2011-62
pp.37-42
AI 2009-09-25
11:20
京都 京大百周年時計台記念館 ネットワーク分析によるSNSの成長判別
和泉 潔産総研)・橋本康弘東大)・鳥海不二夫名大)・山本仁志立正大)・諏訪博彦電通大)・岡田 勇創価大AI2009-11
So-net SNS(β版)において,アクティブに稼動するSNSの中からのべ約1,200個のSNSを抽出し,決定木分析を... [more] AI2009-11
pp.13-18
AI 2009-09-25
16:40
京都 京大百周年時計台記念館 災害救助シミュレーションにおけるエージェントの行動パターンの抽出と評価
鳥海不二夫石井健一郎名大AI2009-18
 [more] AI2009-18
pp.49-54
AI, IPSJ-ICS, JSAI-KBS
(共催)
2009-03-03
09:00
宮城 ラフォーレ蔵王リゾート&スパ 意味ネットワークによる非タスク指向型対話システムの評価
稲葉通将磯村直樹鳥海不二夫石井健一郎名大AI2008-69
近年,人間と会話のできる対話システムが社会に広がりつつある.しかし,人間と雑談をし,話を盛り上げるための非タスク指向型対... [more] AI2008-69
pp.29-34
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会