お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPM 2022-03-01
15:40
ONLINE オンライン開催 SnS光吸収層とMgSnOバッファ層を用いた薄膜太陽電池
稲垣賢吾高野 泰水野智史静岡大CPM2021-80
FTO上にsol-gel(ゾルゲル)法で酸化マグネシウムスズ(以下MTO)薄膜を作製した。その上に、真空蒸着法で硫化スズ... [more] CPM2021-80
pp.31-35
CPM 2021-10-27
10:10
ONLINE オンライン開催 ゾルゲル法によるMgZnO及びMgSnO薄膜の作製
真部靖之水野智史・○高野 泰静岡大CPM2021-20
MgZnO 薄膜をゾルゲル法により堆積し、その上に Sb2S3 を堆積し太陽電池構造を作製している。またMgSnO薄... [more] CPM2021-20
pp.1-4
CPM 2021-03-03
09:35
ONLINE オンライン開催 Sb2S3/MgZnO太陽電池の作製及びポストアニールによる太陽電池特性の向上
真部靖之高野 泰静岡大CPM2020-57
マグネシウム酸化亜鉛(MgZnO)薄膜をFTO基板上にsol-gel法で作製した。作製したMgZnO薄膜をX線回折測定及... [more] CPM2020-57
pp.7-10
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-05
13:55
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
時空間-部分空間圧縮チャネル推定を利用したMIMO伝送性能
高野泰洋神戸大RCS2019-367
推定すべきチャネルパラメータ数は伝送リンク数に比例するため,大規模 Mupliple-inut multiple-out... [more] RCS2019-367
pp.239-244
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-24
14:25
広島 広島市青少年センター 圧縮チャネル推定の研究動向
高野泰洋神戸大IT2019-80 SIP2019-93 RCS2019-310
推定すべきチャネルパラメータ数は伝送リンク数に比例するため,大規模 Mupliple-inut multiple-out... [more] IT2019-80 SIP2019-93 RCS2019-310
pp.261-265
CPM 2019-11-07
13:55
福井 福井大学 文京キャンパス 真空蒸着法による硫化アンチモン薄膜堆積
高野 泰井上 翔静岡大CPM2019-44
 [more] CPM2019-44
pp.1-4
SDM, ED, CPM
(共催)
2019-05-17
09:40
静岡 静岡大学(浜松) Sol-gel法による太陽光発電用MgZnO薄膜の研究
井上 翔高野 泰静岡大ED2019-21 CPM2019-12 SDM2019-19
 [more] ED2019-21 CPM2019-12 SDM2019-19
pp.53-56
RCS, SIP, IT
(共催)
2019-02-01
15:35
大阪 大阪大学 中之島センター 条件付きL1正規化チャネル推定法を用いた物理層セキュリティの検討
高野泰洋神戸大IT2018-69 SIP2018-99 RCS2018-276
L1正規化チャネル推定法は,Channel impulse response (CIR) が疎であれば,短い Train... [more] IT2018-69 SIP2018-99 RCS2018-276
pp.197-201
CPM, IEE-MAG
(連催)
2018-11-02
10:25
新潟 まちなかキャンパス長岡 SnSとMgSnOを用いた薄膜太陽電池の作製
小柳津和成・○高野 泰静岡大CPM2018-48
SnSは太陽電池の吸収層材料として有望である。SnS太陽電池のSnSに対するバァッファー層としてMgSnO層を検討した。... [more] CPM2018-48
pp.61-64
CPM 2018-03-01
15:30
東京 東京工科大学 Sol-gel法によるZnSnO薄膜作製の研究について
野村将太高野 泰静岡大CPM2017-122
Sol-gel法によりFTO(fluoride tin oxide)上にZTO(ZnSnO:zinc tin oxide... [more] CPM2017-122
pp.27-29
CPM 2018-03-01
15:45
東京 東京工科大学 結晶作製実験をふりかえって
高野 泰静岡大CPM2017-123
25 年間 III-V 族化合物半導体結晶の作製法を探究した。基板と格子定数が異なる層を結晶成長させることに従事した。... [more] CPM2017-123
pp.31-32
ICSS 2017-11-21
14:00
大分 別府国際コンベンションセンター ダイアモンドモデルに基づく脅威情報分析のためのインタフェースについて
近藤秀紀・○永井達也古本啓祐神戸大)・伊藤大貴野村健太神薗雅紀PwCサイバーサービス)・白石善明高野泰洋神戸大)・毛利公美岐阜大)・森井昌克神戸大ICSS2017-50
 [more] ICSS2017-50
pp.71-76
CPM 2017-10-27
14:10
長野 信州大学 長野(工学)キャンパス E7棟 3階 研修室 sol-gel法によるMgSnO薄膜作製に関する研究
小柳津和成高野 泰静岡大CPM2017-69
sol-gel(ゾルゲル)法で酸化スズ(SnO2)薄膜とマグネシウムを加えたSnO2(MgSnO)薄膜の作製を行った。M... [more] CPM2017-69
pp.11-15
CPM 2017-07-21
14:06
北海道 北見工業大学第一総合研究棟2F多目的講義室 sol-gel法によるZnO薄膜作製に関する研究
菅沼幸雄高野 泰静岡大CPM2017-23
sol-gel法で酸化亜鉛(以下ZnO)薄膜を作製した。また、Mgを加えたZnO(以下MgZnO)を作製し特性の比較を行... [more] CPM2017-23
pp.9-13
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-07-14
14:15
東京 内田洋行東京本社ショールーム サイト構造のクラスタリングを用いた悪性サイトの識別
永井達也神戸大)・神薗雅紀PwCサイバーサービス)・白石善明神戸大)・毛利公美岐阜大)・高野泰洋森井昌克神戸大ISEC2017-20 SITE2017-12 ICSS2017-19 EMM2017-23
 [more] ISEC2017-20 SITE2017-12 ICSS2017-19 EMM2017-23
pp.93-98
SDM, ED, CPM
(共催)
2017-05-25
13:55
愛知 名古屋大学VBLベンチャーホール (3F) 真空蒸着法によるSnS堆積に関する研究
高野 泰菅沼幸雄静岡大ED2017-16 CPM2017-2 SDM2017-10
 [more] ED2017-16 CPM2017-2 SDM2017-10
pp.7-10
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-13
13:25
長崎 長崎県立大学シーボルト校 脅威情報の統合的分析に向けた攻撃活動のモデル化
野村健太伊藤大貴神戸大)・神薗雅紀PwCサイバーサービス)・白石善明高野泰洋神戸大)・毛利公美岐阜大)・星澤裕二PwCサイバーサービス)・森井昌克神戸大ICSS2016-47
特定の標的を狙ったサイバー攻撃は複数の侵入経路や攻撃手段を用いる.そのように多様化したサイバー攻撃に対抗するために,攻撃... [more] ICSS2016-47
pp.7-12
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-14
11:45
長崎 長崎県立大学シーボルト校 脅威情報を関連付けるための攻撃活動の表現
伊藤大貴野村健太神戸大)・神薗雅紀PwCサイバーサービス)・白石善明高野泰洋神戸大)・毛利公美岐阜大)・星澤裕二PwCサイバーサービス)・森井昌克神戸大ICSS2016-64
高度化・複雑化するサイバー攻撃が社会問題となる中,近年,サイバーセキュリティに関する様々な情報を多角的に分析し,そこから... [more] ICSS2016-64
pp.147-152
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-14
10:55
長崎 長崎県立大学シーボルト校 Androidアプリケーションのフレームワークからみた脆弱性分析
古川凌也永井達也神戸大)・熊谷裕志神薗雅紀PwCサイバーサービス)・白石善明高野泰洋神戸大)・毛利公美岐阜大)・星澤裕二PwCサイバーサービス)・森井昌克神戸大
 [more]
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-20
11:15
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) 情報規範を用いたL1正規化MMSEチャネル推定法の性能
高野泰洋神戸大IT2016-85 SIP2016-123 RCS2016-275
多くの$ell1$正規化チャネル推定法は Degree of sparsity (DoS) が既知であることを仮定するが... [more] IT2016-85 SIP2016-123 RCS2016-275
pp.227-230
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会