お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ASN
(第二種研究会)
2015-12-05
15:55
海外 Singapore Management University, Singapore IoT/M2M technology for remote monitoring of industrial products and their needs and requirements
Yukihiro TakataniHitachi Systems
 [more]
MICT, ASN, MoNA
(併催)
2015-01-26
09:25
和歌山 南紀白浜温泉 ホテルむさし 無線センサネットワークにおける干渉を考慮した自律分散的なバックアップ経路構築手法の提案と評価
進藤亜湖若宮直紀村田正幸阪大)・中野 亮高谷幸宏日立ASN2014-108
スマートグリッドなどでの応用が期待されている低消費電力,高損失な無線センサネットワークにおいては,通信障害や端末故障によ... [more] ASN2014-108
pp.7-12
RCC, ASN, NS, RCS, SR
(併催)
2014-07-30
13:55
京都 京都テルサ [奨励講演]社会インフラ・産業向けマルチホップ無線ネットワークにおけるデータ一斉配信技術に関する研究
原田 諭副島達矢五十嵐悠一高谷幸宏日立ASN2014-41
 [more] ASN2014-41
pp.7-12
RCC, ASN, NS, RCS, SR
(併催)
2014-07-30
14:20
京都 京都テルサ [奨励講演]大規模無線マルチホップネットワークにおける機器配置支援手法の検討と実証実験
中野 亮原田 諭五十嵐悠一佐藤弘起高谷幸宏門田和也日立ASN2014-42
近年,社会インフラ向けシステムとして,数百~数千台規模の端末からデータ収集を行う大規模無線マルチホップネットワークが数多... [more] ASN2014-42
pp.13-18
ASN, MoNA
(併催)
2014-01-23
10:15
愛媛 ホテル奥道後 (松山市) 大規模無線センサネットワークシステム構築の評価手法 ~ 構築コスト算出とその低減手法の検討 ~
佐藤弘起五十嵐悠一原田 諭門田和也高谷幸宏日立ASN2013-157
 [more] ASN2013-157
pp.219-224
ASN 2013-11-28
10:00
東京 機械振興会館 [ポスター講演]社会インフラ・産業向けアプリケーションのためのマルチホップ無線ネットワーク技術の研究開発
副島達矢五十嵐悠一松浦芳樹高谷幸宏日立ASN2013-87
 [more] ASN2013-87
pp.1-5
ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2013-07-17
16:35
静岡 アクトシティ浜松 マルチホップ双方向通信を考慮した無線アクセス優先制御方式
松浦芳樹五十嵐悠一副島達矢高谷幸宏日立ASN2013-51
センサネットワーク分野では,無線マルチホップによる多数の無線ノードからのデータ収集に加えて,無線ノードへのオンデマンドな... [more] ASN2013-51
pp.23-28
IT 2012-09-28
09:10
群馬 草津セミナーハウス 組み込みシステムにおけるBCH符号の汎用エンコーダの開発
水島永雅高谷幸宏小川純司石川 篤日立IT2012-36
フラッシュメモリに高速にデータを記録する組み込みシステムにおいて,誤り訂正に利用するBCH符号のパリティはそのコントロー... [more] IT2012-36
pp.31-36
CQ 2012-07-12
13:40
愛媛 愛媛大学 ネットワーク環境がリモートデスクトッププロトコルの性能に与える影響
西島孝通中井悠人大崎博之阪大)・横井伸浩仲川和志カオ レタンマン中本与一高谷幸宏日立)・今瀬 真阪大CQ2012-21
近年、クラウドサービスの一つとして、データセンタの計算機で動作する仮想計
算機の GUI やデスクトップ環境を、ネット... [more]
CQ2012-21
pp.23-28
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会