電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, NS
(併催)
2018-12-21
16:10
広島 尾道市民会館 伝送シミュレーションを用いた下りリンク非直交多元接続における電力割当て法に関する一検討
北川 竜高畑文雄早大
第5世代移動通信システムの要素技術であると考えられる非直交多元接続(NOMA : Non-Orthogonal Mult... [more] RCS2018-240
pp.125-130
CS, CAS
(共催)
2018-03-13
15:55
福岡 九州大学 西新プラザ 適応フィルタによるガードバンド外挿処理を用いたMU-MIMO CSIフィードバック方式
福田 太高畑文雄早大
MU-MIMO(Multi User-Multiple Input Multiple Output)におけるCSI(Ch... [more] CAS2017-159 CS2017-113
pp.145-150
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-18
10:10
大阪 関西学院大学(大阪梅田) LR-THPに基づくMU-MIMO下りリンクNLPにおけるVPの最適化
今村和樹高畑文雄早大
 [more] IT2015-53 SIP2015-67 RCS2015-285
pp.31-36
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-19
11:25
大阪 関西学院大学(大阪梅田) フェージング変動に追従するスキャッタードパイロットの適応的配置法の特性評価
横山拓郎高畑文雄早大
本稿では,スキャッタードパイロットに基づく伝搬路推定・補償をベースとする双方向判定帰還型伝搬路推定法において,ビタビ復号... [more] IT2015-87 SIP2015-101 RCS2015-319
pp.213-218
RCS, SR, SRW
(併催)
2014-03-05
10:55
東京 早稲田大学 フェージング環境に適応するスキャッタードパイロット双方向判定帰還型伝搬路推定法に関する検討
炭谷 翔高畑文雄早大
スキャッタードパイロットにより周波数方向と時間方向の伝搬路を推定する符号化OFDM伝送に双方向判定帰還型伝搬路推定を適用... [more] RCS2013-378
pp.437-442
RCS, SR, SRW
(併催)
2014-03-05
16:10
東京 早稲田大学 Downlink MU-MIMO VPへのMultiple Sphere Encodingの適用
佐々木駿輔高畑文雄早大
本稿では,下りリンク(Downlink)で複数の端末に対する信号を空間的に多重するDownlink Multi-User... [more] RCS2013-390
pp.505-510
RCS, SR, SRW
(併催)
2013-02-27
09:20
東京 早稲田大学 THPを用いる下りリンクMU-MIMOにおけるMMSE規範受信アンテナ合成方法に関する検討
高橋浩利早大)・留場宏道小野寺 毅窪田 稔シャープ)・前原文明高畑文雄早大
本稿では,THP MU-MIMOを対象としたMMSE受信アンテナ合成方法を提案し,その伝送特性が従来のTHP MU-MI... [more] RCS2012-285
pp.7-12
RCS, SR, SRW
(併催)
2013-02-27
10:50
東京 早稲田大学 Vector Perturbationを用いる下りリンクMU-MIMOにおける摂動ベクトル探索技術に関する検討
高田雅人早大)・留場宏道小野寺 毅窪田 稔シャープ)・前原文明高畑文雄早大
本稿では、ダウンリンク(DL: Down Link) で複数の端末(MT: Mobile Terminal) を多重する... [more] RCS2012-289
pp.31-36
CS, SIP, CAS
(共催)
2011-03-03
13:50
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) スキャッタードパイロットを適用したDFTS-OFDMに対する伝搬路推定補償方式の一検討
佐藤明彦高畑文雄早大
高速フェージング環境に対する伝搬路推定において, スキャッタードパイロット(SP)の適用は有効である. 本論文では, L... [more] CAS2010-113 SIP2010-129 CS2010-83
pp.67-72
CS, SIP, CAS
(共催)
2011-03-04
10:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 対数尤度比を利用したMIMO-OFDM-SDMにおける信号分離方式
高橋諒太高畑文雄早大
MMSE基準に基づき信号分離を行うMIMO-OFDM-SDMシステムでは,送受信アンテナ間の伝搬路の独立性が崩れ,相関を... [more] CAS2010-145 SIP2010-161 CS2010-115
pp.251-256
CS, SIP, CAS
(共催)
2011-03-04
10:20
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) COFDM伝送における対数尤度比を用いた双方向判定帰還型伝搬路推定法
鈴木光信高畑文雄早大
LDPC誤り訂正が施されたパケット単位のCOFDM伝送を検討対象に、高速フェージングに対して強い耐性を有する双方向判定帰... [more] CAS2010-146 SIP2010-162 CS2010-116
pp.257-261
CS, SIP, CAS
(共催)
2011-03-04
12:10
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) LDPC復号過程への伝搬路逐次推定の適用効果
須藤 勇高畑文雄早大
LDPC符号の復号過程では、受信ビットの信頼度を表す対数尤度比が使用され, 対数尤度比の正確性が復号結果に大きく影響する... [more] CAS2010-151 SIP2010-167 CS2010-121
pp.287-292
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-10
09:25
北海道 公立はこだて未来大学(函館) OFDMシステムへのOverlap FDE適用時のBERフロア抑圧に関する検討
小堀哲也高畑文雄早大
Overlap FDEは,ガードインターバル(GI)を挿入することなくシンボル間干渉(ISI)を抑圧する周波数領域等化手... [more] IT2008-115 ISEC2008-173 WBS2008-128
pp.469-474
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-10
11:40
北海道 公立はこだて未来大学(函館) 伝搬路の相関性を考慮したMIMO-SDMシステムの提案
吉原龍彦吉田真之前原文明高畑文雄早大)・小野寺 毅シャープ
MMSE基準に基づき信号分離を行うMIMO-OFDM-SDMシステムでは,送受信アンテナ間の伝搬路の独立性が崩れ,相関を... [more] IT2008-120 ISEC2008-178 WBS2008-133
pp.501-506
RCS 2007-06-29
11:20
愛知 豊橋技科大 同一チャネル干渉下における尤度情報生成法に関する検討
平 明徳冠 美恵子前原文明高畑文雄早大
次世代移動体通信システムでは,大容量通信を実現するために周波数利用効率
の大幅な向上が求められている.周波数利用効率の... [more]
RCS2007-21
pp.61-66
RCS, SIP
(併催)
2006-01-26
10:00
福岡 九州大学 OFDMシステムへのTDD簡易伝搬路予測に基づく時間軸送信電力配分の適用効果
神谷有志吉田晴人前原文明高畑文雄早大
OFDMシステムでは,パイロットシンボルを用いた同期検波により,多値変調の適用が可能となり,伝送容量を拡大できる.ところ... [more] RCS2005-125
pp.7-12
RCS, SIP
(併催)
2006-01-26
10:40
福岡 九州大学 ガードバンドが存在するOFDM伝送を対象としたRLSアルゴリズムに基づく周波数領域伝搬路推定法に関する一検討
池田裕司吉田晴人前原文明高畑文雄早大
 [more] RCS2005-126
pp.13-18
RCS, SIP
(併催)
2006-01-26
11:00
福岡 九州大学 判定帰還伝搬路推定を用いたCOFDM伝送における適応忘却係数制御に関する一検討
吉田晴人前原文明高畑文雄早大
高速フェージング環境に適したOFDM伝搬路推定法として,1シンボル単位での逐次的な推定が可能な判定帰還伝搬路推定がある.... [more] RCS2005-127
pp.19-24
RCS, SIP
(併催)
2006-01-26
13:00
福岡 九州大学 周期スペクトラムを用いたSTTD-SC-FDEへの誤り訂正の適用効果
栗山 侑吉田晴人前原文明高畑文雄早大
周波数領域等化を用いるシングルキャリヤ伝送(SC-FDE)は,PAPRを抑圧しつつ,周波数選択性フェージング環境下におい... [more] RCS2005-150
pp.155-160
AP, RCS
(併催)
2005-10-20
11:40
秋田 秋田県立大学 STTDを用いたSC-FDEへの周期スペクトラムの適用効果
栗山 侑吉田晴人前原文明高畑文雄早大
周波数領域等化を用いるシングルキャリヤ伝送(SC-FDE)は,OFDMやMC-CDMAなどのマルチキャリヤ伝送で問題とな... [more] RCS2005-87
pp.13-18
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会