電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 35件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DC, SS
(共催)
2018-10-05
10:00
愛知 犬山国際観光センター「フロイデ」 組込みシステムの要求仕様書を対象とした状態遷移モデル作成支援
中村 成山本椋太吉田則裕高田広章名大
要求仕様書は多くの場合,自然言語で記述される.そのため,目視による確認では発見できない記述漏れや不整合が存在しうる.
... [more]
SS2018-22 DC2018-23
pp.25-30
SS, DC
(共催)
2017-10-19
17:35
高知 高知市文化プラザかるぽーと 組込みシステムの要求仕様書に対する修正候補の定量的調査
山本椋太吉田則裕高田広章名大
ソフトウェア開発においては様々な文書が作成されるが,文書作成者によっては,文書中に曖昧さや誤りが生じることがあり,その文... [more] SS2017-29 DC2017-28
pp.49-54
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-20
15:25
北海道 函館コミュニティプラザ 組込みソフトウェアを対象とした状態遷移表の抽出と分析支援の検討
山本椋太吉田則裕名大)・青木奈央JASA)・高田広章名大
レガシー化した組込みソフトウェアの理解が困難になっており,保守や再利用に大きなコストがかかる.リアルタイム制御を行う組込... [more] SS2017-16 KBSE2017-16
pp.133-138
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2016-07-13
10:50
北海道 北海道立道民活動センター 組込みソフトウェアを対象とした状態遷移表抽出手法
山本椋太吉田則裕名大)・竹田彰彦JASA)・舘 伸幸高田広章名大
レガシー化した組込みソフトウェアは理解することが困難になっており,保守や再利用に大きなコストがかかる. リアルタイム制御... [more] SS2016-3 KBSE2016-9
pp.13-18
ET 2016-06-11
13:50
愛知 名古屋工業大学 産学連携による組込みプログラミング教材の開発
森崎亮太岡山県立大)・吉田則裕名大)・天嵜聡介岡山県立大)・軽部禎文アフレル)・高田広章名大
 [more] ET2016-14
pp.37-40
ITS, IEE-ITS
(連催)
2016-03-10
13:40
京都 京都大学 交通社会ダイナミックマップ構築におけるインフラカメラデータに対する車両トラッキングフレームワークの提案
平島侑人渡辺陽介高木建太朗高田広章名大
近年,高性能なセンサの搭載や車々間・路車間通信規格の整備などのように,自動車や道路インフラの高機能化が進んできている.安... [more] ITS2015-92
pp.47-52
RCC, ITS, WBS
(共催)
2015-12-18
15:40
沖縄 沖縄産業支援センター 交通社会ダイナミックマップと協調運転支援の評価環境構築
高木建太朗渡辺陽介名大)・佐藤健哉同志社大)・手嶋茂晴高田広章名大
高度道路交通システム(ITS)や自動運転システムの実用化に向けて研究・開発が活発に行われている.これらのシステムをより高... [more] WBS2015-80 ITS2015-52 RCC2015-82
pp.233-238
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-03
13:45
長崎 長崎県勤労福祉会館 ARMアーキテクチャ向け命令サイクルの高速・高精度見積もり
佐藤 剛安藤友樹高田広章本田晋也松原 豊名大
本論文では, ARMアーキテクチャにおけるアプリケーション実行時間を高速かつ高精度に予測する手法について述べる.
組... [more]
VLD2015-73 DC2015-69
pp.231-236
ICD, IPSJ-ARC
(連催)
2014-03-07
13:00
愛知 名古屋大学 [招待講演]車載組込みシステムの現状と今後の展開
高田広章名大
 [more]
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-28
08:55
鹿児島 鹿児島県文化センター 割込み処理を考慮したシステムレベル設計手法
安藤友樹石田薫史本田晋也高田広章枝廣正人名大
本論文は,割込み処理を抽象化することで,デバイスとの間で入出力がある制御システムをシステムレベルで設計する手法を述べる.... [more] VLD2013-77 DC2013-43
pp.119-124
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-28
10:25
鹿児島 鹿児島県文化センター ヘテロマルチプロセッサシステム向けプロセッサ間通信の自動合成
石田薫史安藤友樹本田晋也高田広章枝廣正人名大
本論文ではヘテロジニアス構成のマルチプロセッサSoC向けのプロセッサ間通信の自動合成手法を述べる.プロセッサコア内臓のF... [more] RECONF2013-50
pp.63-68
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2012-11-26
10:30
福岡 九州大学百年講堂 組込みシステムのアーキテクチャ探索における性能ボトルネック解析
安藤友樹名大/学振)・柴田誠也NEC)・本田晋也名大)・冨山宏之立命館大)・高田広章名大
本論文では,ソフトウェアとハードウェアが混在した組込みシステムのボトルネック部 分に対し,設計制約を満たすために必要な性... [more] VLD2012-62 DC2012-28
pp.19-24
WBS 2012-07-26
11:30
愛知 名古屋大学 [招待講演]未定(車載組込みシステムとネットワーク技術関連のご講演)
高田広章名大
 [more]
RECONF 2012-05-29
16:45
沖縄 沖縄県男女共同参画センター 高位合成によるSTPエンジン及びFPGAへのAES/ADPCMの実装と評価
石田薫史柴田誠也安藤友樹本田晋也高田広章枝廣正人名大
SoCの専用ハードウェアの代替技術として注目を集める再構成技術の性能を確かめるため,動的再構成ハードウェアであるSTPエ... [more] RECONF2012-14
pp.77-82
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2011-11-28
11:20
宮崎 ニューウェルシティ宮崎 超高速応答を実現するハードウェア割り込み処理機構
丸山修孝カーネロンシリコン)・石原 亨京大)・高田広章名大)・安浦寛人九大
割り込み処理機構をハードウェア化することにより超高速割り込み応答性能を実現する手法を提案する. 機械制御のように数マイク... [more] VLD2011-57 DC2011-33
pp.31-36
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2011-11-29
09:00
宮崎 ニューウェルシティ宮崎 システムレベル通信モデルにおけるFIFOベース通信チャネルの効率化機構と自動合成
湊 雅登安藤友樹柴田誠也名大)・木下智雄ソリトンシステムズ)・本田晋也高田広章名大
既存のシステムレベル設計ツールSystemBuilderで定義されるデータ通信モデルにおいて,FIFOベースの通信チャネ... [more] VLD2011-67 DC2011-43
pp.91-96
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2011-11-29
09:25
宮崎 ニューウェルシティ宮崎 スクラッチパッドメモリの実行時管理機能を有するリアルタイムOSの実装および評価
高瀬英希名大/学振)・高田広章名大
スクラッチパッドメモリとは,組込みシステムに向いた特徴を備えるオンチップメモリのことを指す.本
研究では,スクラッチパ... [more]
VLD2011-68 DC2011-44
pp.97-102
RECONF 2011-09-26
16:40
愛知 名古屋大学(NCES) [招待講演]車載組込みシステムのディペンダビリティ
高田広章名大
 [more] RECONF2011-31
p.55
RECONF 2011-09-27
09:00
愛知 名古屋大学(NCES) マルチプロセッサ対応システムレベル設計環境SystemBuilderを用いたFPGA向け設計事例
柴田誠也安藤友樹本田晋也名大)・冨山宏之立命館大)・高田広章名大
本論文では,我々がこれまで開発してきた,FPGA向け組込みマルチプロセッサシステムの設計を効率化するためのシステムレベル... [more] RECONF2011-32
pp.57-62
VLD 2011-03-02
14:25
沖縄 沖縄県男女共同参画センター DEPSフレームワークにおける最悪実行時間と平均消費エネルギーのタスク内解析手法
川島裕崇曾 剛渥美紀寿立松知紘高田広章名大
本論文では,DEPS(Dynamic Energy Performance Scaling) を用いた低消費エネルギーソ... [more] VLD2010-119
pp.19-24
 35件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会