お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, ICTSSL, NWS
(連催)
2020-10-22
13:35
ONLINE オンライン開催 3静止衛星間の電波到来時間差を用いた未知干渉局測位における干渉局位置と測位精度の関係
網嶋 武高橋龍平三菱電機ICTSSL2020-17
安心・安全な社会のための衛星無線通信を確立するためには,不法電波の干渉による通信の遮断は大きな問題である.通信静止衛星へ... [more] ICTSSL2020-17
pp.21-26
RCS 2020-04-23
- 2020-04-24
ONLINE オンライン開催 OFDM既知信号を用いた後方散乱通信における性能解析の一般化
原 郁紀高橋龍平石橋功至電通大RCS2020-9
超低電力通信を実現する有力な手法として,環境に存在する既存システムに含まれる既知信号を利用した後方散乱通信(AmBC: ... [more] RCS2020-9
pp.49-54
AP 2020-03-27
13:10
福井 福井高専
(開催中止,技報発行あり)
無線通信システムにおける拡張シャハラン法の干渉波抑圧に関する一検討
田中裕士高橋善樹高橋龍平三菱電機AP2019-208
 [more] AP2019-208
pp.61-66
SAT, SANE
(併催)
2020-02-19
11:15
沖縄 大濱信泉記念館(石垣市) HF海洋レーダを用いたパッシブレーダにおける拡張HQR法による高分解能距離推定
高橋善樹高橋龍平大島正資田中裕士三菱電機SANE2019-100
 [more] SANE2019-100
pp.19-24
SAT, SANE
(併催)
2020-02-20
10:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣市) 干渉源位置標定システムにおけるDOPに応じた重み付けを行うクラスタリング方式の検討
萬谷禎昭大島正資網嶋 武高橋龍平三菱電機SANE2019-118
衛星を用いた干渉源位置標定システムでは,干渉源のUPLINK信号が複数の衛星を経由する際に,各衛星の位置の差によって生じ... [more] SANE2019-118
pp.107-112
SANE 2019-10-31
09:40
海外 韓国(済州島) Interference source tracking using triple geostationary satellites and two ground stations for the space radio monitoring
Takeshi AmishimaRyuhei TakahashiMitsubishi Electric Corp.SANE2019-47
 [more] SANE2019-47
pp.7-12
SANE 2019-06-14
10:45
神奈川 JAXA相模原キャンパス 宇宙電波監視におけるTDOAを用いた未知干渉局の非同期追尾の定量評価
網嶋 武高橋龍平三菱電機SANE2019-13
衛星通信に生じる移動体アップリンク干渉源を測位する場合,3衛星間の到来時間差(TDOA: Time Difference... [more] SANE2019-13
pp.1-6
RCS 2018-06-20
13:50
長崎 長崎大学 複数周波数を用いた無線給電通信における通信方式設計
高橋龍平石橋功至電通大RCS2018-37
環境中の無線周波数エネルギーのみを電源として通信する無線給電通信システム(WPCS: Wireless-Powered ... [more] RCS2018-37
pp.13-18
AP 2017-08-24
09:35
北海道 函館工業高等専門学校 不要波存在下における最小拘束アダプティブモノパルスの検討
福島浩文高橋龍平鈴木信弘三菱電機AP2017-68
 [more] AP2017-68
pp.1-6
SANE 2017-01-26
11:20
長崎 長崎県美術館 周波数で目標分離するレーダ方式における複数レーダ受信信号の合成方式
粟津英行加藤泰典高橋龍平高橋 徹田崎裕久三菱電機SANE2016-98
単一のレーダの探知可能距離は,レーダ送信電力,受信機感度及び目標のレーダ反射断面積等によって決まるが,本稿では,複数のレ... [more] SANE2016-98
pp.13-18
SANE 2016-11-24
11:20
海外 国立台北科技大学 Experimental Results of Target Detection Using Multistatic Passive Radar Exploiting FM Radio Broadcast Signals
Ryuhei TakahashiYasunori KatoMasahi MitsumotoYusuke KitsukawaToru TakahashiHirohisa TasakiMitsubishi ElectricSANE2016-56
The results of target detection using an experimental long-r... [more] SANE2016-56
pp.25-30
CAS, SIP, MSS, VLD, SIS
(共催) [詳細]
2014-07-11
10:30
北海道 北海道大学 相関のあるクラッタ環境を想定したCFAR方式
福島冬樹高橋龍平平田和史三菱電機CAS2014-36 VLD2014-45 SIP2014-57 MSS2014-36 SIS2014-36
レーダで観測した地表面等のクラッタは,隣接レンジビンの平均電力に相関がある確率分布に従って変動することが知られている.隣... [more] CAS2014-36 VLD2014-45 SIP2014-57 MSS2014-36 SIS2014-36
pp.189-194
SANE 2014-01-23
16:50
長崎 長崎県美術館 パッシブレーダ向けサブバンド分割型不要波抑圧法CRISPの検討
高橋龍平平田和史岡村 敦三菱電機SANE2013-121
地上デジタル放送等を送信局として用いるパッシブレーダでは,送信局からの直接波や固定物等からの不要反射であるクラッタの抑圧... [more] SANE2013-121
pp.49-54
SANE, SAT
(併催)
2013-02-22
11:20
沖縄 沖縄県青年会館 差ビームテーパによるモノパルス測角精度の改善
高橋龍平原 照幸三菱電機SANE2012-156
フェーズドアレーレーダではモノパルス測角が広く実用化されている.ところがモノパルスコンパレータを用いるモノパルス測角の精... [more] SANE2012-156
pp.43-48
SANE 2012-07-27
16:25
東京 電子航法研究所 パッシブレーダにおけるレンジセル移動を考慮した短時間相互相関に基づく長時間積分方式
星野赳寛諏訪 啓中村聖平森田晋一高橋龍平若山俊夫三菱電機SANE2012-47
パッシブレーダは,放送局など既存の電波源からの送信電波を利用するレーダであり,省電波資源の点に優れる.一般に,同レーダは... [more] SANE2012-47
pp.37-42
SANE 2010-04-23
10:45
沖縄 NICT 沖縄亜熱帯計測技術センター 低PRFバイスタティックレーダを用いた測位方式の測位精度評価
伊藤聡宏高橋龍平真庭久和三菱電機SANE2010-8
送信局と受信局を広域に配置したバイスタティックレーダでは,送受信局間で目標情報を共有することにより,目標の3 次元位置を... [more] SANE2010-8
pp.43-48
AP, RCS
(併催)
2008-11-21
13:00
石川 金沢工業大学 雑音固有値を用いたスレッショルド設定による到来波数推定法
高橋龍平森田晋一真庭久和三菱電機AP2008-133
MUSIC,MLE等による到来波方向推定を行う際,受信した到来波数を高精度に推定することが必要である.そこで本報告では,... [more] AP2008-133
pp.127-132
SANE 2008-08-29
13:55
新潟 新潟大 メインビーム部分空間を用いたサイドローブ目標判定法
高橋龍平平田和史真庭久和三菱電機SANE2008-48
海上や陸上で運用するレーダにおいて,サイドローブ目標を受信し誤警報が発生する場合がある.特にアンテナのビーム走査方向によ... [more] SANE2008-48
pp.7-12
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会