お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 57件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2020-11-25
16:35
ONLINE オンライン開催 代数的連結度推定のための擬似分散的連続時間アルゴリズムの一般化
島田捷生右田剛史高橋規一岡山大CAS2020-23 MSS2020-15
ネットワークを形成する多数のエージェントの各々がネットワークの結びつきの強さを分散的に推定する方法を開発することは,マル... [more] CAS2020-23 MSS2020-15
pp.22-27
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2020-11-25
17:00
ONLINE オンライン開催 乗法型更新と合意形成に基づく非負値行列因子分解の分散計算アルゴリズム
道免陽平右田剛史高橋規一岡山大CAS2020-24 MSS2020-16
非負値行列因子分解(NMF: Nonnegative Matrix Factorization)は,与えられた非負値行列... [more] CAS2020-24 MSS2020-16
pp.28-33
NLP 2020-05-15
13:00
ONLINE オンライン開催 正則グラフの平均頂点間距離最小化のための遺伝アルゴリズム
林 嶺司右田剛史高橋規一岡山大NLP2020-3
与えられた頂点数と次数をもつ正則グラフの中で平均頂点間距離を最小にするものを求める問題に対し,遺伝アルゴリズムを用いた新... [more] NLP2020-3
pp.11-16
NLP 2020-05-15
13:25
ONLINE オンライン開催 べき乗法と平均合意に基づく主成分分析の分散アルゴリズムの設計
大浦夢月右田剛史高橋規一岡山大NLP2020-4
主成分分析は多変量解析の重要な手法の一つであり,統計分析,機械学習,パターン認識,信号処理,通信などの幅広い分野に応用さ... [more] NLP2020-4
pp.17-22
MSS, NLP
(併催)
2020-03-09
09:50
愛知 やすらぎの宿 蒲郡荘
(開催中止,技報発行あり)
凸2次関数の逐次最小化に基づくSandberg-Willson方程式の分散解法
武内雅章右田剛史高橋規一岡山大NLP2019-115
本報告では,非線形回路理論の分野でよく知られたSandberg-Willson方程式のマルチエージェントネットワークによ... [more] NLP2019-115
pp.13-18
MSS, NLP
(併催)
2020-03-09
10:15
愛知 やすらぎの宿 蒲郡荘
(開催中止,技報発行あり)
射影合意に基づく非負制約付き連立一次方程式の最大誤差最小化アルゴリズム
川嶌康輔右田剛史高橋規一岡山大NLP2019-116
解の存在が保証されている非負制約付き連立一次方程式は制約付き合意問題の一種であり,射影合意アルゴリズムを用いて分散的に解... [more] NLP2019-116
pp.19-23
SIS 2019-12-12
15:45
岡山 岡山理科大学 [招待講演]合意に基づく分散アルゴリズムと機械学習への応用
高橋規一岡山大SIS2019-29
近年,制御理論の分野を中心に,マルチエージェントシステムのための合意形成に基づく分散最適化アルゴリズムに関する研究が盛ん... [more] SIS2019-29
p.35
IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-07
15:30
東京 電気通信大学 マイコン実装したAES暗号に対するニューラルネットワークを用いた最終ラウンド鍵の解析
小杉聡志城市 翔生田 健日下卓也野上保之高橋規一岡山大IT2018-86 ISEC2018-92 WBS2018-87
サイドチャネル攻撃は,ハードウェア上での暗号化処理時に発生する副次的な情報を観測する,あるいは直接手を加えることによって... [more] IT2018-86 ISEC2018-92 WBS2018-87
pp.71-76
NLP, NC
(併催)
2019-01-24
15:20
北海道 北海道大学 百年記念会館 誤差関数が対数を含む場合の非負値行列因子分解の新たな乗法型更新式導出法
高祖晶弘高橋規一岡山大NLP2018-122
非負値行列因子分解(Nonnegative Matrix Factorization: NMF)は,与えられた非負値行列... [more] NLP2018-122
pp.137-142
CAS, NLP
(共催)
2018-10-19
14:45
宮城 東北大学 代数的連結度計算のための擬似分散的離散時間アルゴリズムの収束性 ~ 代数的連結度が重複する場合の解析 ~
浦上朋久高橋規一岡山大CAS2018-58 NLP2018-93
代数的連結度はグラフの結びつきの強さを表す指標の一つであり,ラプラシアン行列の2番目に小さい固有値として定義される.著者... [more] CAS2018-58 NLP2018-93
pp.115-120
NLP 2018-08-08
14:35
香川 香川大学 幸町キャンパス 非負値拘束を有する反復最小2乗法によるCT画像の再構成
河野紘正丹治裕一藤本憲市北島博之堀川 洋香川大)・高橋規一岡山大NLP2018-57
 [more] NLP2018-57
pp.25-29
NLP 2018-08-09
09:30
香川 香川大学 幸町キャンパス コミュニティ検出のための新たな非負値行列因子分解アルゴリズムの導出と実験的評価
薄坂誼人高橋規一岡山大NLP2018-64
コミュニティ検出はネットワークの構造を理解するための重要な技術の一つである.有向ネットワークにおけるコミュニティ検出を,... [more] NLP2018-64
pp.57-62
NLP 2018-08-09
09:55
香川 香川大学 幸町キャンパス 構造時不変ネットワーク上の射影合意アルゴリズムの収束条件
川嶌康輔高橋規一岡山大NLP2018-65
ネットワークをなす複数のエージェントの状態を,エージェント毎に与えられた制約集合の交わり内の一点に収束させる問題を考える... [more] NLP2018-65
pp.63-68
NLP, CCS
(共催)
2018-06-10
11:20
京都 京都テルサ 一般化ムーアグラフの効率的探索法の提案と評価
里谷佳紀高橋規一岡山大NLP2018-43 CCS2018-16
高性能計算に利用される計算機ネットワークはしばしば無向正則グラフでモデル化され,その平均頂点間距離はデータ通信の遅延と密... [more] NLP2018-43 CCS2018-16
pp.85-90
NLP 2018-04-27
14:45
熊本 熊本大学 マルチエージェントネットワークによるSandberg-Willson方程式の分散解法
武内雅章高橋規一岡山大NLP2018-23
本報告では,非線形回路理論の分野でよく知られたSandberg-Willson方程式のマルチエージェントネットワークによ... [more] NLP2018-23
pp.111-116
MBE, NC, NLP
(併催)
2018-01-26
13:00
福岡 九州工業大学 代数的連結度推定のための真に分散的な離散時間アルゴリズムの平衡点解析
遠藤拳人高橋規一岡山大)・Sang-Gu Lee成均館大NLP2017-89
ラプラシアン行列の2番目に小さい固有値として定義される代数的連結度は,ネットワークの結び付きの強さを表す指標の一つである... [more] NLP2017-89
pp.17-22
MBE, NC, NLP
(併催)
2018-01-26
13:25
福岡 九州工業大学 一般化de Bruijnグラフに基づく単純無向正則グラフ構成法
石井涼也高橋規一岡山大NLP2017-90
一般化de Bruijnグラフ(Generalized de Bruijn Graph: GDBG)は有向正則グラフの一... [more] NLP2017-90
pp.23-28
NLP, CAS
(共催)
2017-10-06
10:30
新潟 まちなかキャンパス長岡 非負値行列因子分解を用いたCT画像の再構成
河野紘正丹治裕一藤本憲市香川大)・高橋規一岡山大CAS2017-34 NLP2017-59
 [more] CAS2017-34 NLP2017-59
pp.55-58
NLP, CAS
(共催)
2017-10-06
13:00
新潟 まちなかキャンパス長岡 辺数が頂点数に近い場合の大域クラスター係数最大グラフの導出
栗城亮夏・○高橋規一岡山大CAS2017-37 NLP2017-62
クラスター係数はネットワークのクラスター化の度合いを表す指標である.現実社会に存在する多くのネットワークはランダムネット... [more] CAS2017-37 NLP2017-62
pp.69-74
NLP 2017-07-13
13:00
沖縄 宮古島マリンターミナル大研修室 αダイバージェンスに基づく非負値行列因子分解のためのニュートン法型アルゴリズム
中津智史高橋規一岡山大NLP2017-31
非負値行列因子分解 (Nonnegative Matrix Factorizaton: NMF) は与えられた非負値行列... [more] NLP2017-31
pp.17-22
 57件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会