お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITE-IDY, ITE-HI, ITE-3DMT, IEE-OQD
(共催)
SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2018-10-25
15:45
東京 機械振興会館 ホログラフィック光学素子を用いた映像コミュニケーションシステムに関する研究
木村真治NTTドコモ)・中村友哉高橋俊介五十嵐俊亮虎島史歩山口雅浩東工大)・油川雄司NTTドコモEID2018-3
遠隔地間で高い対面感を持つコミュニケーションを実現するために,本稿ではアイコンタクトの重要性に着目し,アイコンタクトが対... [more] EID2018-3
pp.21-24
ITE-IDY, ITE-HI, ITE-3DMT, IEE-OQD
(共催)
SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2017-10-26
13:30
東京 機械振興会館 空間ディスプレイとジェスチャー認識を組み合わせたユーザーインターフェイスの心理学的評価
中尾 勇高橋俊介小林寛史山口雅浩東工大
 [more]
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-18
11:00
大阪 関西学院大学(大阪梅田) HPSSとSliding NMFを用いたモノラル音楽信号からの歌声分離
赤崎博崇高橋俊介和田成夫東京電機大IT2015-60 SIP2015-74 RCS2015-292
 [more] IT2015-60 SIP2015-74 RCS2015-292
pp.73-78
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-18
11:25
大阪 関西学院大学(大阪梅田) 部分空間法と位相情報を用いたテキスト独立型話者識別
高橋俊介和田成夫東京電機大IT2015-61 SIP2015-75 RCS2015-293
 [more] IT2015-61 SIP2015-75 RCS2015-293
pp.79-84
SP 2014-11-13
13:45
福岡 九州大学筑紫キャンパス HMMに基づく対話音声合成におけるパラ言語情報制御手法の比較
森 大毅高橋俊介永田智洋宇都宮大SP2014-90
パラ言語情報の制御が可能な対話音声合成の実現を目指し,
快-不快や覚醒-睡眠などの抽象次元に基づくパラ言語情報ラベルを... [more]
SP2014-90
pp.1-6
SP 2013-02-28
15:00
愛知 大同大学 [ポスター講演]対話音声合成の自然性とパラ言語情報の可制御性に対する話者正規化学習の効果
高橋俊介森 大毅宇都宮大SP2012-121
本稿では, HMM を用いた対話音声合成において,複数話者のコーパスを用いた学習による学習データ量の増加および話者正規化... [more] SP2012-121
pp.25-26
DE 2007-07-04
08:50
宮城 秋保温泉(仙台) Interlace定理に基づく多分木を用いたグラフの索引手法
高橋俊介片山 薫首都大東京DE2007-102
グラフデータベース内の大量のグラフ集合から,与えられた入力グラフを含むようなグラフを効率的に発見することは重要であり,グ... [more] DE2007-102
pp.479-484
DE 2005-07-14
14:30
青森 奥入瀬 創発的XMLの提案
石川 博片山 薫首都大東京/都立大)・高橋俊介長屋未来布施貴義横山昌平都立大
 [more] DE2005-96
pp.181-186
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会