電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2019-01-24
16:05
長崎 長崎県美術館 ソフトウェア無線(SDR)によるステップ周波数レーダの実現に関する検討
高橋一徳応用地質SANE2018-97
ソフトウエア無線(SDR)は測定自由度の高さや安価であることから,システムの試作に非常に有用である.しかし,SDRを用い... [more] SANE2018-97
pp.41-46
EMT, IEE-EMT
(連催)
2017-11-10
10:50
山形 山形県天童温泉天童ホテル 同軸管とFDTDを用いた複素誘電率の測定法
高橋一徳応用地質)・マーカス レーバーヤン イーゲルLIAGEMT2017-58
土壌など粒状の誘電体に対し、複素誘電率を広帯域で計測する手法として同軸管法が最も一般的に用い られている。この手法では同... [more] EMT2017-58
pp.115-120
SANE 2017-10-05
09:00
東京 日仏会館(東京) 建造物非破壊検査センサーの研究開発(第七報) ~ 木造家屋壁モデル内部の3D映像化実証試験 ~
森 康成弓井孝佳浅野有美土井恭二三井造船)・クリスティアン コヤマ飯塚 泰高橋一徳佐藤源之東北大SANE2017-50
我々は,木造家屋の壁の内部を非破壊で検査診断するための10~20GHzの周波数帯を利用したマルチスタティックリニアアレイ... [more] SANE2017-50
pp.33-38
SANE 2017-10-05
16:45
東京 日仏会館(東京) 地中レーダを用いた樹木の幹内部腐朽診断
梶野 健高橋一徳青池邦夫芦葉弥生石澤伸彰応用地質SANE2017-61
著者らは,樹木の幹内部の腐朽状況を非破壊で診断するため,地中レーダを適用した.トータルステーション(Total Stat... [more] SANE2017-61
pp.95-100
AP, SAT, SANE
(併催)
2016-07-21
10:20
北海道 小樽マリーナ マルチスタティックリニアアレイレーダの校正方法
森 康成弓井孝佳浅野有美土井恭二三井造船)・クリスティアン コヤマ飯塚 泰高橋一徳佐藤源之東北大SANE2016-22
 [more] SANE2016-22
pp.5-10
SANE 2015-11-26
15:00
宮城 東北大学(片平さくらホール) 建造物非破壊検査センサーの研究開発(第五報) ~ 木造建築用部材の電気的特性の計測 ~
土井恭二浅野有美森 康成弓井孝佳三井造船)・高橋一徳佐藤源之東北大SANE2015-66
電磁波を用いた非破壊検査装置として地中レーダ(GPR)及びその応用機器が実用化されているが,これらはその主な対象が地中埋... [more] SANE2015-66
pp.13-17
SANE 2015-11-27
11:20
宮城 東北大学(片平さくらホール) 地中レーダ(GPR)を用いた津波後の砂浜回復過程把握技術の課題と展望
高村まや有働恵子佐藤源之高橋一徳東北大SANE2015-76
海岸整備を行う上で,津波後の砂浜回復過程を把握することは重要となるが,地形データが定期的に計測されている場所は少なく,広... [more] SANE2015-76
pp.67-72
SANE 2015-11-27
11:45
宮城 東北大学(片平さくらホール) Simultaneous Estimation of Velocity and Thickness of Stratified Material with Array GPR System YAKUMO
Li YiKazunori TakahashiMotoyuki SatoTohoku Univ.SANE2015-67
 [more] SANE2015-67
pp.19-24
SANE 2015-11-27
13:45
宮城 東北大学(片平さくらホール) 建造物非破壊検査センサーの研究開発(第六報) ~ 3Dイメージングレーダ試作機の開発 ~
森 康成弓井孝佳浅野有美土井恭二三井造船)・クリスティアン コヤマ飯塚 泰高橋一徳佐藤源之東北大SANE2015-78
 [more] SANE2015-78
pp.75-80
SANE 2015-11-27
14:35
宮城 東北大学(片平さくらホール) 地上設置型合成開口レーダを用いた宮城県栗原市大規模崩落地崖面の長期間モニタリング
高橋一徳ゾウ リーロン佐藤源之東北大SANE2015-80
本報では,地上設置型合成開口レーダ(GB-SAR)を用いた崩落地崖面の変動計測例とその結果を示す.本計測は宮城県栗原市荒... [more] SANE2015-80
pp.85-90
EMT, MW, OPE, MWP, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2015-07-16
09:45
北海道 釧路市生涯学習センター 媒質近傍に置かれたアンテナからの電磁波放射 ~ 地中レーダへの応用 ~
佐藤源之高橋一徳麻谷由香飯塚 泰東北大EMT2015-20 MW2015-58 OPE2015-32 EST2015-24 MWP2015-23
地中レーダ(GPR)のアンテナは空気と土(誘電体媒質)が接する半無限境界面の近傍に置かれて電波の送受信に使用される.アン... [more] EMT2015-20 MW2015-58 OPE2015-32 EST2015-24 MWP2015-23
pp.65-70
AP 2015-05-22
13:50
奈良 奈良県社会福祉総合センター(橿原市) UWBレーダ用小型スパイラルアンテナの開発
飯塚 泰高橋一徳佐藤源之東北大AP2015-29
地雷検知や建造物非破壊検査に利用するUWBレーダシステムで使用する送受信アンテナとして円偏波小型スパイラルアンテナを開発... [more] AP2015-29
pp.57-62
AP, SANE
(併催)
2014-08-28
13:10
新潟 新潟大学(ときめいと) [依頼講演]データ分割による地表設置型合成開口レーダ大気補正のためのCS検知法
高橋一徳東北大)・松本正芳パスコ)・佐藤源之東北大AP2014-76 SANE2014-51
地表設置型合成開口レーダ(GB-SAR)は原理的に数十分の一ミリ程度の精度で対象物の変動を計測できる手法であるが,大気変... [more] AP2014-76 SANE2014-51
pp.25-30(AP), pp.19-24(SANE)
SANE 2013-11-22
13:30
宮城 東北大学 川内萩ホール(22日)、東北アジア研究センター(23日) 電磁波を用いた建造物非破壊センシング技術の研究開発 ~ 25年度中間成果 ~
佐藤源之高橋一徳劉 海クリスチャン コヤマ東北大SANE2013-58
 [more] SANE2013-58
pp.25-30
SANE 2013-11-22
15:55
宮城 東北大学 川内萩ホール(22日)、東北アジア研究センター(23日) 20GHz帯GB-SARによる構造物内部計測の基礎研究
高橋一徳劉 海クリスチャン小山佐藤源之東北大SANE2013-63
本研究では,木造建築物の壁面内部の損傷を非破壊・非接触で診断できるシステムの開発を行っている.今回,20 GHz帯までの... [more] SANE2013-63
pp.55-60
SANE 2013-11-23
11:05
宮城 東北大学 川内萩ホール(22日)、東北アジア研究センター(23日) 震災復興を推進するアレイ型地中レーダによる遺跡計測
高橋一徳リウ ハイ佐藤源之東北大SANE2013-68
東日本大震災からの復興に伴う住宅の高台移転等により非常に多くの大規模な遺跡調査が計画されている.地中レーダ探査により遺跡... [more] SANE2013-68
pp.81-86
SANE 2013-11-23
11:30
宮城 東北大学 川内萩ホール(22日)、東北アジア研究センター(23日) 非格子GPRデータ計測による3次元マイグレーションの検討
易 利高橋一徳佐藤源之東北大SANE2013-69
This paper focuses on 3-dimensional (3D) migration of non-gr... [more] SANE2013-69
pp.87-92
SANE 2013-11-23
11:55
宮城 東北大学 川内萩ホール(22日)、東北アジア研究センター(23日) 墳丘の地中レーダによる遺跡調査
佐藤源之高橋一徳東北大SANE2013-70
 [more] SANE2013-70
pp.93-98
SANE 2005-10-25
16:15
長崎 長崎大学 地中探査用ベクトルネットワークアナライザの開発とその応用
藤原 純東京ガス)・佐藤源之高橋一徳東北大)・大石光男アンリツ
 [more] SANE2005-63
pp.59-64
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会