電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMD 2014-05-16
15:25
宮城 石巻専修大学 片持ち梁を利用した接触現象測定装置の開発
佐々木俊介久保田啓義石田広幸高木 相東北文化学園大EMD2014-6
電気接点の性質を高い精度で測定する装置として長さ1mの垂直片持ち梁を利用した精密な接点電極の位置制御が可能な装置を開発し... [more] EMD2014-6
pp.29-34
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2013-10-25
10:45
宮城 東北大 青葉山キャンパス 微速度開離接点(鉄)で見られる非線形V-I特性とESDのビデオ観察
久保田啓義佐々木俊介石田広幸高木 相東北文化学園大EMCJ2013-79 MW2013-119 EST2013-71
 [more] EMCJ2013-79 MW2013-119 EST2013-71
pp.113-118
EMD 2010-11-12
13:30
海外 西安交通大学(中国、西安) A Study on Generation and Break of Bridge at Different Material Contact Pairs
Kazuaki MiyanagaYoshiki KayanoHiroshi InoueAkita Univ.)・Tasuku TakagiEm. Prof. Tohoku Univ.EMD2010-112
In order to clarify the effect of the material of the electr... [more] EMD2010-112
pp.189-192
MW, EMCJ
(共催)
2010-10-21
17:00
秋田 秋田大学 [特別講演]道路交通流におけるWeber-Fechnerの法則
高木 相東北大EMCJ2010-60 MW2010-95
 [more] EMCJ2010-60 MW2010-95
pp.49-54
EMD 2010-05-21
16:20
秋田 秋田大学 低速開離時接点の熱伝導のブリッジへの寄与に関する検討
宮永和明萓野良樹秋田大)・高木 相東北大名誉教授)・井上 浩秋田大EMD2010-7
電気接点の接触初期の現象はまだ不明な部分が多く,ブリッジ現象が熱的な条件に依存しているため,電極とホルダの熱の伝導とブリ... [more] EMD2010-7
pp.37-42
EMD 2009-11-19
09:30
東京 日本工業大学 神田キャンパス A study on Length and Diameter of Bridge Related with Holder Heat Capacity
Kazuaki MiyanagaYoshiki KayanoAkita Univ.)・Tasuku TakagiEm. Prof. Tohoku Univ.)・Hiroshi InoueAkita Univ.EMD2009-70
In order to clarify the physics of contact life time and con... [more] EMD2009-70
pp.5-8
EMD 2008-11-15
09:40
宮城 東北文化学園大学(仙台) "3-D Graphic Image of Vibration Analysis of Printed Circuit Board by Using Holography
Hiromichi KubotaMasanari TaniguchiShosuke SuzukiTasuku TakagiTbohoku Bunka Gakuen Univ.EMD2008-67
 [more] EMD2008-67
pp.9-12
EMD 2008-11-16
13:00
宮城 東北文化学園大学(仙台) A Measurement on Contact Voltage and Shape of Bridge at Low Speed Breaking Contacts
Kazuaki MiyanagaYoshiki KayanoAkita Univ.)・Tasuku TakagiEm. Prof. Tohoku University)・Hiroshi InoueAkita Univ.EMD2008-95
 [more] EMD2008-95
pp.121-124
EMD 2008-10-17
15:25
東京 東京都八王子労政会館 第24回電気接点に関する国際会議ICEC2008(フランス)概要報告
吉田 清日本工大)・高木 相元東北大)・井上 浩秋田大)・玉井輝雄三重大)・澤 孝一郎慶大)・渡辺克忠工学院大)・谷口正成東北文化学園大)・若月 昇石巻専修大)・長谷川 誠千歳科技大)・服部康弘オートネットワーク技研)・小林達郎沖センサデバイスEMD2008-64
平成19年(2008)6月9日(月)から12(木)まで、フランスのサンマロにおいて第24回電気接点国際会議(略称ICEC... [more] EMD2008-64
pp.25-30
LQE, CPM, EMD, OPE
(共催)
2008-08-29
16:20
宮城 東北大学 サーモグラフィとホログラフィによる電流通電時のPCB用コネクタの熱ストレス評価
久保田啓義谷口正成石田広幸鈴木祥介高木 相東北文化学園大EMD2008-59 CPM2008-74 OPE2008-89 LQE2008-58
 [more] EMD2008-59 CPM2008-74 OPE2008-89 LQE2008-58
pp.145-150
EMCJ, EMD
(共催)
2008-07-18
16:05
東京 機械振興会館 接点低速閉成時の定常接触電圧到達時間の測定(その2) ~ 銀パラジウムの含有率と定常接触電圧到達時間の関係 ~
宮永和明萓野良樹秋田大)・高木 相東北大名誉教授)・井上 浩秋田大EMCJ2008-48 EMD2008-30
電気接点の開離初期現象と物性値の関係は未だ不明な部分が多い.そこで,本報告では接触電圧の時間変化を知るために銀パラジウム... [more] EMCJ2008-48 EMD2008-30
pp.43-48
EMD, CPM, OME
(共催)
2008-06-27
14:25
東京 機械振興会館 単一の接触点の接触抵抗と研磨紙の粒度の関係に関する考察
石田広幸佐々木俊介鈴木祥介谷口正成高木 相東北文化学園大EMD2008-16 CPM2008-35 OME2008-37
これまで、コンタクト開離時の現象を明らかにするために、ブリッジの挙動を調べてきた。そのためには、ブリッジの初期状態を調べ... [more] EMD2008-16 CPM2008-35 OME2008-37
pp.31-36
EMD 2008-05-16
14:20
北海道 千歳アルカディア・プラザ Pdコンタクトにおける接触電圧のステップ的変化の観察
佐々木俊介石田広幸鈴木祥介谷口正成高木 相東北文化学園大EMD2008-7
これまで、片持ち梁を用いた高精度に位置を決められる装置によってコンタクトを低速で動かし、コンタクト同士が接触した瞬間に電... [more] EMD2008-7
pp.13-18
EMD 2007-12-21
13:05
東京 日本航空電子工業株式会社 低速度開離接点の熱解析(その3) ~ 電極の温度上昇に及ぼすホルダー構造の影響 (その3) ~
宮永和明萓野良樹秋田大)・高木 相東北大名誉教授)・井上 浩秋田大EMD2007-100
接点開離時に発生するブリッジおよびアークから発生する熱は電極の損傷などの問題の源である.そこで本研究では熱の影響を,低速... [more] EMD2007-100
pp.1-5
EMD 2007-11-15
13:00
静岡 アクトシティ浜松 A Study on Heat Analysis for Breaking Contact with Low Velocity (Part 2) -- Influence of Holder Structure on Temperature Rise of Electrode (Part 2) --
Kazuaki MiyanagaYoshiki KayanoAkita Univ.)・Tasuku TakagiEm. Prof. Tohoku Univ.)・Hiroshi InoueAkita Univ.EMD2007-91
 [more] EMD2007-91
pp.131-135
EMCJ, MW
(共催)
2007-10-25
16:10
宮城 東北大学 [記念講演]EMCJ30周年記念「EMCJの思い出」
高木 相東北大名誉教授EMCJ2007-65 MW2007-112
環境電磁工学研究会の創設30年にあたり,当時の研究および研究会開設の諸事について振りかえる。同年に活動を開始した,仙台E... [more] EMCJ2007-65 MW2007-112
p.67
EMD 2007-05-18
15:50
宮城 石巻専修大学 ホログラフィによるプリント配線板の振動変位の3-Dダイナミック表示
久保田啓義谷口正成鈴木祥介高木 相東北文化学園大EMD2007-11
近年、プリント配線板(PCB)は実装部品の小型化、高密度実装化とともに配線の微細化の傾向にある。これに伴って、PCBの振... [more] EMD2007-11
pp.21-24
EMD 2007-03-09
15:20
千葉 千葉工業大学(津田沼キャンパス 6号館3階631教室) ホログラフィによる実装部品の発熱に伴うプリント配線板の熱変形解析
久保田啓義谷口正成鈴木祥介高木 相東北文化学園大
 [more] EMD2006-82
pp.33-36
EMCJ, EMD
(共催)
2006-07-28
15:15
東京 機械振興会館 第23回電気接点国際会議報告
高木 相東北大EMCJ2006-44 EMD2006-24
平成18年(2006)6月6日(火)から9日(金)まで、仙台国際センターにおいて第23回電気接点国際会議(略称ICEC2... [more] EMCJ2006-44 EMD2006-24
pp.45-50
ITS 2005-09-05
15:15
東京 機械振興会館 車速度と車頭時間をパラメータとした道路交通の測定と解析
鈴木祥介谷口正成東北文化学園大)・高木 相東北大
 [more] ITS2005-20
pp.25-30
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会