お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OFT 2014-05-29
16:40
山形 山形大学(米沢) Few-mode光ファイバにおけるレイリー散乱損失のモード依存性に関する検討
半澤信智辻川恭三野添紗希馬 麟山本文彦NTTOFT2014-7
(事前公開アブストラクト) 近年,Few-mode光ファイバを用いたモード多重伝送の研究が検討されている.Few-mod... [more] OFT2014-7
pp.31-36
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2014-02-28
16:50
沖縄 ネストホテル 那覇 125μmクラッド径の空孔アシスト6コアファイバ
坂本泰志NTT)・齊藤晋聖北大)・半澤信智辻川恭三馬 麟NTT)・小柴正則北大)・山本文彦NTTOCS2013-119 OPE2013-231
大容量通信を実現する高密度空間多重伝送システム用の光ファイバとして、クラッド外径が125 umのマルチコアファイバを提案... [more] OCS2013-119 OPE2013-231
pp.101-106(OCS), pp.141-146(OPE)
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2013-11-22
11:15
新潟 長岡技術科学大学 B-OTDRを用いた光ファイバ仮想温度測定技術の応用についての検討
馬 麟辻川恭三半澤信智山本文彦NTTOCS2013-88
(事前公開アブストラクト) B-OTDR技術を用いた石英系光ファイバの仮想温度の長手方向分布の測定方法を提案する。本手法... [more] OCS2013-88
pp.35-38
OFT 2013-05-24
10:20
沖縄 まりんぴあ宮古 シングルモード光ファイバを用いたパワー伝送技術についての検討
馬 麟辻川恭三半澤信智山本文彦NTTOFT2013-11
(事前公開アブストラクト) シングルモードファイバを用いて、光パワー伝送の限界及びその制限要因について検討した。線幅の十... [more] OFT2013-11
pp.45-48
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2012-11-22
09:50
熊本 市民会館崇城大学ホール(熊本) 広波長域モード分割多重伝送に向けた数モードフォトニック結晶ファイバの検討
森 崇嘉坂本泰志和田雅樹山本貴司馬 麟半澤信智辻川恭三山本文彦NTTOCS2012-82
近年,光ファイバ伝送の大容量化に向けて,モード多重伝送の検討がなされており,様々な伝送用マルチモードファイバが提案されて... [more] OCS2012-82
pp.53-58
OFT 2012-10-26
10:30
山口 海峡メッセ下関 可視光の高次モードを用いた低曲げ損失光ファイバの心線対照技術
馬 麟辻川恭三青笹真一東 裕司NTTOFT2012-43
可視光中に含まれる高次モードを用いた、低曲げ損失光ファイバに適用可能な心線対照技術を提案する。可視光中の高次モードの曲げ... [more] OFT2012-43
pp.55-60
OCS, OFT
(併催)
2012-08-30
15:30
北海道 サンリフレ函館 マルチコア伝送用のバンドル型光ファイバアンプの検討
辻川恭三馬 麟NTT)・市井健太郎松尾昌一郎フジクラ)・山田 誠阪府大)・半澤信智小野浩孝NTTOFT2012-20
(事前公開アブストラクト) バンドル型光ファイバアンプの実現に向けてクラッド径60umのEDFを作製し、良好な光増幅特性... [more] OFT2012-20
pp.9-13
OFT 2012-01-19
16:30
香川 サンポートホール高松 PCFシングルモード励振器を用いたマルチモード光ファイバの広波長域波長多重伝送
馬 麟半澤信智辻川恭三冨田 茂NTTOFT2011-61
我々はあらゆる波長においてシングルモード動作可能なフォトニック結晶ファイバ(PCF)を用いたシングルモード励振器を提案し... [more] OFT2011-61
pp.27-31
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2011-11-17
14:20
島根 島根大学 距離無依存モード分散補償法を用いた大コア2モードPCF伝送
坂本泰志森 崇嘉山本貴司馬 麟半澤信智青笹真一辻川恭三冨田 茂NTTOCS2011-97
(事前公開アブストラクト) 数モードファイバと1×n送受信構成を用いた距離に依存しないモード分散補償法を提案する。本手法... [more] OCS2011-97
pp.9-14
OPE, OME
(共催)
2009-11-13
14:35
東京 機械振興会館 ブラッグファイバを用いた表面プラズモン共鳴屈折率センサ
馬 麟片桐崇史松浦祐司東北大OME2009-61 OPE2009-156
表面プラズモン共鳴(SPR)を利用したブラッグファイバ型屈折率センサを提案した.センサ部において,光はブラッグ多層膜によ... [more] OME2009-61 OPE2009-156
pp.45-48
OCS, OFT
(併催)
2006-08-25
11:40
宮城 東北大学 テーパ型ブラッグファイバによるサブ波長ビーム生成
馬 麟松浦祐司東北大OFT2006-29
テーパ型ブラッグファイバを用いることによりサブ波長サイズの光ビームを生成する可能性が示された。ビーム伝搬法による計算では... [more] OFT2006-29
pp.75-79
OPE 2006-05-19
14:55
東京 機械振興会館 テーパ型ブラッグファイバの製作と伝送特性
馬 麟東北大)・片桐崇史理研)・松浦祐司東北大
 [more] OPE2006-11
pp.21-24
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会