お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITS, WBS, RCC
(共催)
2020-12-15
13:50
ONLINE オンライン開催 ドップラーレーダを用いた歩行人体の可視・死角領域判別 ~ Long Short-Term Memoryによる解析アプローチ ~
林 空良磯部大揮立命館大)・佐保賢志富山県立大)・馬杉正男立命館大WBS2020-29 ITS2020-25 RCC2020-32
本報告では,ドップラーレーダを用いる方法により,観点から歩行者がレーダから直接確認できる可視領域にいるか,もしくは壁の裏... [more] WBS2020-29 ITS2020-25 RCC2020-32
pp.121-125
RCC, ITS, WBS
(共催)
2019-11-06
11:00
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 [ポスター講演]ドップラーレーダを用いた死角領域からの飛び出し予測のための実験的検討
林 空良立命館大)・佐保賢志富山県立大)・馬杉正男立命館大WBS2019-30 ITS2019-21 RCC2019-61
 [more] WBS2019-30 ITS2019-21 RCC2019-61
pp.37-42
ITS 2019-07-05
15:20
東京 機械振興会館(東京) マイクロ波ドップラーレーダを用いた死角領域の人体検知 ~ 死角からの飛出し予測に向けた基礎実験検討 ~
林 空良立命館大)・○佐保賢志富山県立大)・沖中宏彰馬杉正男立命館大ITS2019-4
 [more] ITS2019-4
pp.21-25
WBS, RCC, ITS
(共催)
2016-12-01
15:30
香川 サンポートホール高松 [ポスター講演]マイクロドップラーレーダを用いたバランス能力の差異に基づく歩行者認識 ~ 若年者/高齢者/高齢転倒経験者の歩容分類 ~
佐保賢志藤本雅大馬杉正男立命館大WBS2016-58 ITS2016-25 RCC2016-47
 [more] WBS2016-58 ITS2016-25 RCC2016-47
pp.59-63
ITS 2016-05-28
15:15
北海道 北海道大学 距離/加速度センサの融合による高精度移動体追跡の実験的検討
佐保賢志高橋悠祐馬杉正男立命館大ITS2016-1
本稿では,レーダ・超音波センサ等の距離センサと,計測対象の有する加速度センサが通信可能な場合を想定し,これらのセンサデー... [more] ITS2016-1
pp.1-5
RCC, ITS, WBS
(共催)
2015-12-18
10:25
沖縄 沖縄産業支援センター 目標の加速度情報を用いた最適なパルスレーダ追跡法
佐保賢志馬杉正男立命館大WBS2015-70 ITS2015-42 RCC2015-72
 [more] WBS2015-70 ITS2015-42 RCC2015-72
pp.175-178
ITS, IPSJ-ITS, IEE-ITS
(連催)
2015-08-24
16:25
北海道 稚内北星学園大学 パルスレーダと加速度計測を用いた移動体測位・追尾法
佐保賢志馬杉正男立命館大ITS2015-8
パルスレーダによる移動体の測位・追尾について,レーダと計測対象が有する加速度センサが通信可能な場合を想定し,両センサのデ... [more] ITS2015-8
pp.63-66
EMCJ, EMD
(共催)
2013-07-12
15:25
東京 機械振興会館 静電気放電における高周波変動特性の解析 ~ 電極材質と湿度の影響評価 ~
馬杉正男立命館大)・奥川雄一郎秋山佳春NTT)・村川一雄NTT東日本EMCJ2013-47 EMD2013-32
本報告は、静電気放電における高周波変動特性の定量化を目的とする。静電気放電については、現在、IEC61000-4-2によ... [more] EMCJ2013-47 EMD2013-32
pp.43-46
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2013-06-21
09:35
京都 京大 植物成長に対する過渡電磁界の影響評価
伊藤亮太馬杉正男立命館大EMCJ2013-16
 [more] EMCJ2013-16
pp.1-4
EMCJ, EMD
(共催)
2012-07-20
15:55
東京 機械振興会館 静電気放電電流のエネルギー特性解析 ~ 放電波形における振動現象の評価 ~
馬杉正男立命館大)・平澤徳仁秋山佳春NTT)・村川一雄NTT東日本EMCJ2012-48 EMD2012-23
本報告は、静電気放電の電磁干渉作用の定量化を目的とする。静電気放電については、現在、IEC61000-4-2によりイミュ... [more] EMCJ2012-48 EMD2012-23
pp.43-46
EMCJ 2009-09-04
12:30
京都 けいはんなプラザ 階層型クラスタリングによる電話機可聴ノイズ分析法
平澤徳仁・○馬杉正男NTTEMCJ2009-41
本稿は、電話機に発生する可聴ノイズ源の識別法の提案を目的とする。可聴ノイズについては、電磁干渉源の識別が容易ではなく、そ... [more] EMCJ2009-41
pp.35-40
USN, IPSJ-UBI
(連催)
2009-07-17
15:40
京都 ATR(京都) 無線LANビーコン信号を用いた侵入者検知方法に関する検討
平澤徳仁鈴木康直馬杉正男秋山佳春NTTUSN2009-25
本稿は、無線LAN の制御信号であるビーコン信号を用いた侵入者検知方法の提案を目的とする。提案の侵入者検知方法は、人の動... [more] USN2009-25
pp.153-156
EMCJ 2008-11-20
15:45
東京 産業技術総合研究所 臨海副都心センター本館 独立成分分析手法を用いた電磁ノイズ測定システム
馬杉正男平澤徳仁小林隆一NTTEMCJ2008-76
本稿は、電磁干渉源の切り分けを目的とした電磁ノイズ測定システムの提案を目的とする。提案システムは、複数の干渉信号の分離を... [more] EMCJ2008-76
pp.11-14
EMCJ 2008-03-07
15:55
東京 機械振興会館 Hodgkin-Huxleyモデルを用いた神経細胞の電磁界応答評価法の検討
馬杉正男NTTEMCJ2007-129
電磁界の生体影響については、熱作用と非熱作用に大別される。工学的なアプローチとしては、これまで主としては、SARを用いた... [more] EMCJ2007-129
pp.71-76
EMCJ 2006-12-15
11:20
愛知 名古屋工業大学 出力遅延制御処理を用いた電磁障害対策用適応型ノイズフィルタの検討
鈴木康直NTT)・星野拓哉高部政志服部光男NTT-AT)・馬杉正男NTTEMCJ2006-86
適応型ノイズフィルタは, 発生したノイズを観測信号として, その逆位相変動を適応的に生成・印加する概念をベースとしており... [more] EMCJ2006-86
pp.31-34
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会