お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OFT 2022-01-20
15:45
ONLINE オンライン開催 光ファイバ側面研磨を用いたインサービス光分岐に関する検討
植松卓威納戸一貴飯田裕之廣田栄伸片山和典NTTOFT2021-61
現用の光ファイバ側面を研磨し,通信断なく光カプラを挿入する方法を提案する.低挿入損失を維持しながら,光ファイバの側面を研... [more] OFT2021-61
pp.32-35
CS, OCS
(併催)
2020-01-17
10:50
大分 別府豊泉荘(大分) 光ファイバ側方入出力と1310/1550nm帯コヒーレントOTDRを用いた光心線終端判別技術
飯田裕之植松卓威廣田栄伸真鍋哲也NTTOCS2019-76
(事前公開アブストラクト) 本論文では、光ファイバ側方入出技術と2波長コヒーレントOTDRを用いた光ファイバの終端判別技... [more] OCS2019-76
pp.63-66
OFT 2019-10-11
11:30
新潟 駅まえオフィス貸会議室(新潟) 側面研磨法を用いた光分岐の基礎検討
植松卓威廣田栄伸飯田裕之海老根 崇真鍋哲也NTTOFT2019-36
現用の光ファイバ心線に対して非破壊で後付け可能で柔軟な分岐比が得られる光分岐の実現に向けて,側面研磨法を用いた光ファイバ... [more] OFT2019-36
pp.23-26
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-02-14
16:30
福岡 リファレンス 大博多貸会議室 光ファイバ側方出力装置の適用心線拡大に向けた基礎検討
植松卓威廣田栄伸飯田裕之安部直嗣NTTOFT2018-74 OPE2018-199
光アクセス網の線路保守作業の高効率化に向けて,所外8分岐スプリッタ下部の光ファイバ素線およびルースチューブで覆われた光フ... [more] OFT2018-74 OPE2018-199
pp.23-26(OFT), pp.39-42(OPE)
OFT 2018-01-18
15:40
熊本 熊本市民会館 ルースチューブで覆われた光ファイバ心線からの漏洩光取得装置の設計
植松卓威廣田栄伸飯田裕之真鍋哲也NTTOFT2017-59
本報告では,光アクセス網の線路保守作業の高効率化に向けて,所外8分岐スプリッタ下部のルースチューブで覆われた光ファイバ心... [more] OFT2017-59
pp.15-18
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2013-11-22
11:40
新潟 長岡技術科学大学 散乱光スペクトルモニタリングによる音響雑音補償コヒーレントOTDR
飯田裕之戸毛邦弘伊藤文彦NTTOFT2013-45
(事前公開アブストラクト) 主に海底線路網の診断技術として、コヒーレントOTDR が用いられている。コヒーレントOTDR... [more] OFT2013-45
pp.49-52
OFT 2013-05-23
14:00
沖縄 まりんぴあ宮古 試験光アポダイゼーションと非線形効果抑圧法を用いた200波高密度多重FDM-OTDR
飯田裕之戸毛邦弘伊藤文彦NTTOFT2013-1
これまで我々は海底線路網の診断技術として、従来のコヒーレントOTDR(C-OTDR)に比べ一桁以上測定時間を短縮する光周... [more] OFT2013-1
pp.1-4
OFT 2011-10-20
16:25
長野 信州大学 上田キャンパス 光周波数多重方式コヒーレントOTDRによる有中継海底光線路の測定
飯田裕之古敷谷優介伊藤文彦田中郁昭NTTOFT2011-38
我々は、これまで海底光ファイバ網の診断技術として、コヒーレント光時間領域反射測定法(C-OTDR)を超える感度を有した新... [more] OFT2011-38
pp.35-40
OFT 2010-05-28
10:45
広島 鞆公民館(福山市) 光周波数多重化による超高ダイナミックレンジコヒーレントOTDR(FDM-OTDR)
飯田裕之古敷谷優介伊藤文彦田中郁昭NTTOFT2010-13
コヒーレント光時間領域反射測定法(C-OTDR)は高いダイナミックレンジ(DR)を持ち、海底光線路の保守・運用を目的とし... [more] OFT2010-13
pp.63-66
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会