電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1〜15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]一般化ラベルノイズの下での分類に関する漸近評価
安田豪毅須子統太小林 学松嶋敏泰早大
分類問題において,正しいラベルが観測されずにノイズを含むラベルが観測される場合も多い.このよう な場合の学習... [more] IBISML2018-84
pp.301-306
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]最大次数が未知の多項式回帰モデルに対するスパース推定に関する一考察
井上一磨清水良太郎須子統太後藤正幸早大
最大次数が未知の多項式回帰モデルに対してパラメータのスパース推定を行う学習アルゴリズムは,予め対象問題に対する最大次数を... [more] IBISML2018-87
pp.321-328
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]パラメータ未知の一般化ラベルノイズモデルにおける分類法について
須子統太安田豪毅堀井俊佑小林 学早大
パターン認識等の分類問題において,ラベルが正確に得られず,意図しないノイズが付加されてしまう場合が多々ある.一般化ラベル... [more] IBISML2018-92
pp.361-366
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]統計的決定理論に基づいた因果効果の推定法に関する一考察
堀井俊佑須子統太早大
本論文では,因果ダイアグラム・構造方程式モデルを用いた統計的因果分析における介入効果の推定問題を扱う.
介入効果は,要... [more]
IBISML2018-97
pp.397-402
IBISML 2017-11-10
13:00
東京 東京大学 一般化ラベルノイズモデルにおける分類問題について
須子統太堀井俊佑早大
パターン認識等の分類問題において,ラベルが正確に得られず,意図しないノイズが付加されてしまう場合が多々ある.
本研究で... [more]
IBISML2017-87
pp.377-382
COMP 2015-10-02
10:30
東京 法政大学 ランダム回答法におけるオンラインベイズ推定について
須子統太堀井俊佑早大
本研究ではランダム回答法と呼ばれるデータ解析手法について扱う.これは近年注目を集めてるプライバシー保護データマイニングの... [more] COMP2015-23
pp.7-11
IT 2013-09-27
10:15
沖縄 沖縄・カルチャーリゾート フェストーネ Iterative Multiuser Joint Decoding based on Augmented Lagrangian Method
Shunsuke HoriiTota SukoToshiyasu MatsushimaShigeichi HirasawaWaseda Univ.
 [more] IT2013-34
pp.13-17
IBISML 2013-03-05
09:55
愛知 名古屋工業大学 プライバシー保護を目的とした線形回帰モデルにおける事後確率最大推定量の分散計算法について
中井祥人須子統太松嶋敏泰早大
本稿では,プライバシー保護を目的とした回帰分析について扱う.従来では,2者が異なる属性に関する説明変数を保持している場合... [more] IBISML2012-99
pp.47-54
IBISML 2013-03-05
15:40
愛知 名古屋工業大学 統計的決定理論に基づく階層構造を利用したマルチラベル分類法について
山本粋士須子統太松嶋敏泰早大
本稿では,統計的決定理論に基づくマルチラベル分類法を扱う.マルチラベル分類は,ラベル集合の冪集合の要素を一つのクラスと見... [more] IBISML2012-107
pp.101-106
IBISML 2012-11-07
15:30
東京 筑波大学 東京キャンパス文京校舎 プライバシー保護を目的とした線形回帰モデルにおける最小二乗推定量の分散計算法について
須子統太堀井俊佑早大)・小林 学湘南工科大)・後藤正幸松嶋敏泰平澤茂一早大
本稿ではプライバシー保護を目的とした回帰分析について扱う.まず,2 者が異なる属性に関するデータを保持しているもとで,2... [more] IBISML2012-49
pp.107-111
IT 2011-07-22
13:50
岡山 岡山大学 真のモデルを含まないパラメトリックモデル族に対するベイズ予測の漸近評価
宮 希望須子統太安田豪毅松嶋敏泰早大
情報源から発生するデータを逐次的に観測し,それに基づいて次に発生するデータの予測を行う逐次予測問題を考える.予測の評価基... [more] IT2011-22
pp.71-76
IT 2008-01-17
14:25
東京 早稲田大学 確率伝搬法を用いたCDMAマルチユーザ検出アルゴリズムに関する一考察
堀井俊佑須子統太松嶋敏泰平澤茂一早大
確率伝搬法を利用したCDMAマルチユーザ検出アルゴリズムを提案する.
従来より確率伝搬法を利用したマルチユーザ検出アル... [more]
IT2007-26
pp.7-12
WBS, IT, ISEC
(共催)
2006-03-16
17:10
愛知 名古屋大学(東山キャンパスIB電子情報館) 電子透かしにおける秘匿容量計算アルゴリズム
安井謙介須子統太松嶋敏泰早大
画像・音声・動画などのディジタルコンテンツの不正コピーや再配布の防止を目的とした技術として電子透かしやFingerpri... [more] IT2005-94 ISEC2005-151 WBS2005-108
pp.177-182
IT 2005-07-22
13:50
大阪 大阪府大 電子透かしにおける秘匿容量の計算方法に関する研究
安井謙介須子統太松嶋敏泰早大
画像・音声・動画などのディジタルコンテンツの著作権を保護する技術の1つと
して電子透かしがある.電子透かしは著作者に関... [more]
IT2005-47
pp.29-34
IT 2004-07-29
11:20
千葉 東大(柏キャンパス) 区間で定常なパラメータを持つ非定常情報源におけるベイズ符号の冗長度について
須子統太松嶋敏泰平澤茂一早大
本研究では,情報源の分布のクラスのみ仮定し,パラメータについては未知である場合のユニバーサル情報源符号化について扱う.
... [more]
IT2004-22
pp.23-28
 15件中 1〜15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会