お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2021-03-26
09:40
ONLINE オンライン開催 パケット集約/分割ルータのFPGAによる試作
高山史朗・○藤枝直輝青木道宏愛知工大CPSY2020-58 DC2020-88
IoT サービスの浸透によりネットワークのトラフィック量が増加している.とりわけ,サイズが極めて小さいパケットの増加は,... [more] CPSY2020-58 DC2020-88
pp.49-54
RCS 2020-10-22
10:20
ONLINE オンライン開催 仲上フェージングにおける空間信号ベクトルの性能解析
小西たつ美中野寛之矢野良和青木道宏愛知工大RCS2020-94
 [more] RCS2020-94
pp.13-17
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-24
15:50
広島 広島市青少年センター 見通し内通信における整数空間符号・空間多重・空間変調の性能比較
小西たつ美中野寛之矢野良和青木道宏愛知工大IT2019-87 SIP2019-100 RCS2019-317
 [more] IT2019-87 SIP2019-100 RCS2019-317
pp.303-306
NS, RCS
(併催)
2019-12-19
10:05
徳島 徳島大学 MIMO通信のためのグラスマン多様体上の符号に関する一検討
小西たつ美中野寛之矢野良和青木道宏愛知工大RCS2019-239
 [more] RCS2019-239
pp.13-17
NS 2019-04-19
13:25
鹿児島 天文館ビジョンホール パケット集約における集約/分割ルータ決定法の検討
沖合 純青木道宏愛知工大NS2019-16
ネットワークのトラヒック量は年々増加しており,今後は,センサデバイスなどの普及によりショートパケット数が増大することが予... [more] NS2019-16
pp.91-95
NS 2018-04-20
09:55
福岡 福岡大 CCNにおける経路情報の分散配置を利用した削減法
成田幹太郎・○青木道宏愛知工大NS2018-9
近年のコンテンツ流通量の増加は爆発的であり,コンテンツの転送を効率的に実現できるCCN(Content Centric ... [more] NS2018-9
pp.49-54
SC 2014-01-10
14:15
東京 国立情報学研究所 アカデミックインタークラウドの構想
合田憲人横山重俊吉岡信和山中顕次郎長久 勝青木道宏阿部俊二漆谷重雄NIISC2013-13
クラウドコンピューティングの普及により,学術機関においてもパブリッククラウドや大学が運用するプライベートクラウドを利用す... [more] SC2013-13
pp.1-6
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2013-11-14
10:45
長崎 福江文化会館(五島列島) リンクアグリゲーションを考慮したTCP/IPベースのファイル転送方式
山中顕次郎青木道宏漆谷重雄NIINS2013-118
現在のネットワークでは,リンクアグリゲーションにより,広帯域性を確保することが多い.従来のTCP/IPベースのファイル転... [more] NS2013-118
pp.17-22
NS, IN
(併催)
2013-03-07
09:20
沖縄 残波岬ロイヤルホテル マルチレイヤサービスネットワークにおけるフロー経路を考慮したフロー解析方法
青木道宏漆谷重雄NIINS2012-184
近年,フロー技術を用いたトラヒック解析システムが注目されている.その一方,IPルータはフローサンプリングのためのハードウ... [more] NS2012-184
pp.113-117
NS, IN
(併催)
2013-03-08
09:20
沖縄 残波岬ロイヤルホテル 仮想L2ネットワークと連携した仮想デスクトップサービスの運用管理に関する考察
有道啓史田島佳武横関大子郎坂井 博NTT)・青木道宏漆谷重雄NIINS2012-258
我々は、仮想ネットワークと仮想デスクトップを連携させたクラウドシステムの研究を行っている。これまでに、仮想デスクトップが... [more] NS2012-258
pp.541-546
CQ 2012-07-12
11:25
愛媛 愛媛大学 Incentive Driven Inter-Domain Caching Mechanism for Future Network Design
Kalika SuksomboonYusheng JiMichihiro KoibuchiKensuke FukudaShunji AbeMotonori NakamuraMichihiro AokiShigeo UrushidaniShigeki YamadaNIICQ2012-18
 [more] CQ2012-18
pp.5-10
NS, IN
(併催)
2012-03-09
15:00
宮崎 宮崎シーガイア 仮想L2ネットワークと連携した仮想デスクトップサービスの検討
田島佳武有道啓史横関大子郎坂井 博NTT)・青木道宏漆谷重雄NIIIN2011-203
我々は,仮想サーバと仮想ネットワークを連携させるクラウドシステムの研究を行っている.本稿では,仮想L2ネットワーク,仮想... [more] IN2011-203
pp.395-400
IA 2012-01-18
13:30
和歌山 和歌山市民会館(和歌山) SINET4におけるマルチレイヤネットワークの運用
佐山純一青木道宏鷹野真司NIIIA2011-57
国立情報学研究所は、日本全国の大学・研究機関等の学術情報基盤として学術情報ネットワーク(SINET)の構築・運用を行なっ... [more] IA2011-57
pp.15-19
IA 2011-10-12
10:25
東京 ガーデンシティ品川 SINET4の現状と今後の展開 ~ 多様なサービスを支える高信頼ネットワーク ~
青木道宏NIIIA2011-14
国立情報学研究所は、2011年4月から新たに「学術情報ネットワークSINET4(Science Information ... [more] IA2011-14
p.1
IA 2011-10-12
11:15
東京 ガーデンシティ品川 HPCIのためのネットワーク・認証基盤
合田憲人NII)・東田 学阪大)・漆谷重雄坂根栄作NII)・小林克志理研)・青木道宏NII)・石川 裕東大IA2011-16
 [more] IA2011-16
pp.7-9
NS 2011-05-19
17:30
東京 上智大学 SINET4におけるオンデマンドサービスの開発
青木道宏漆谷重雄NIINS2011-35
日本の学術情報ネットワークでは,最先端の学術研究を支えるために,超高速接続性に加えて,マルチレイヤ,VPN,リソースオン... [more] NS2011-35
pp.105-108
NS 2008-10-24
09:55
大阪 関西大学 機能分散型ネットワークアーキテクチャにおけるForCES通信遅延の評価
小川賢太郎青木道宏岩田英明茶木愼一郎NTTNS2008-83
従来の自律分散型経路制御では,IP網の大規模化に伴い,経路収束時間の増大,複数プロトコル間連携のための設定の複雑化といっ... [more] NS2008-83
pp.89-92
NS, IN
(併催)
2008-03-07
14:10
沖縄 万国津梁館(沖縄) 帯域保証ネットワークにおけるTCPの通信効率向上のためのレート制御手法
服部恭太小川賢太郎片山 勝青木道宏茶木愼一郎NTTNS2007-196
次世代ネットワークでは,通信に要求される品質に応じて必要な帯域を確保するサービス提供の仕組みが導入されつつある.特に,ア... [more] NS2007-196
pp.359-364
IN, PN
(併催)
2006-10-13
15:50
東京 NTT武蔵野研究所 キャリア網における集約型制御プレーンアーキテクチャ
濱野貴文小川賢太郎杉園幸司青木道宏茶木愼一郎NTTIN2006-88
キャリア網のような大規模IP網のIGPによる経路制御では,ルーティングプロトコル分散処理のオーバヘッドのため,ルータ上の... [more] IN2006-88
pp.67-72
NS 2005-10-20
14:55
新潟 スポーリア湯沢(越後湯沢) オープンアーキテクチャルータにおける制御部冗長構成法
小川賢太郎濱野貴文青木道宏葉原敬士茶木愼一郎NTT
近年のIPトラヒックの急激な増加,サービスの多様化により,ネットワークプロバイダのコア網に配備されるルータに対し,機能追... [more] NS2005-100
pp.5-8
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会