お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, NC
(併催)
2020-01-23
15:40
沖縄 宮古島マリンターミナル 送信履歴情報を用いた混雑解消法の検討
吉田章統青木俊親木村貴幸日本工大NLP2019-85
パケット混雑の解消を目的として,送信履歴情報を用いた効率的な経路制御手法が既に提案されている. この手法は,送信履歴... [more] NLP2019-85
pp.7-12
NLP, CAS
(共催)
2019-10-22
08:50
岐阜 岐阜大学 カープーリング最適化問題に対する局所探索法を用いたグループ決定法による解法の検討
高橋昂靖青木俊親木村貴幸日本工大CAS2019-23 NLP2019-63
一台の車を共有し,他者と通勤等を行うことをカープールと呼ぶ.近年,効率的なカープールサービスを実現するために,U... [more] CAS2019-23 NLP2019-63
pp.1-6
NLP 2019-09-23
12:55
高知 高知県立大学 永国寺キャンパス 種々の確率分布を考慮したカオスニューロダイナミクスを用いた経路制御手法の性能調査
内野與也青木俊親木村貴幸日本工大NLP2019-41
ネットワーク内のパケット混雑を回避する有効なパケットルーティング手法としてカオスニューロダイナミクスを用いた手法が既に提... [more] NLP2019-41
pp.31-36
CCS, NLP
(共催)
2019-06-09
12:00
新潟 まちな かキャンパス長岡 Simulated Annealingを用いた最適化電力網におけるネットワーク特徴量
青木俊親日本工大)・加藤秀行大分大)・木村貴幸日本工大NLP2019-32 CCS2019-15
電力網において安定した動作を確保するために必要な要素は周波数の同期である. 電力網が非同期状態に なると電力網の動作... [more] NLP2019-32 CCS2019-15
pp.69-74
NLP 2019-05-11
10:00
大分 J:COM ホルトホール大分 異なるネットワーク構造に対する情報拡散に関する一検討
宇戸 龍青木俊親木村貴幸日本工大NLP2019-11
災害での避難行動では,その限られた情報入手手段の影響から情報の真偽の区別が難しい.
このような状況下においてデマ情報が... [more]
NLP2019-11
pp.59-64
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会