お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ 2017-05-30
10:50
宮崎 ホテルメリージュ(宮崎) 無線LANへHARQを適用するための物理層受信方式の検討
関谷亮太谷口健太郎鍋谷寿久青木亜秀東芝CQ2017-24
 [more] CQ2017-24
pp.59-64
SRW 2016-12-19
10:50
東京 東京都市大学 世田谷キャンパス 上りOFDMAによる全二重通信無線LANの遅延時間削減
飯田直人西尾理志守倉正博山本高至京大)・鍋谷寿久青木亜秀東芝SRW2016-59
無線LANの大容量化に向けて,自己干渉除去技術により送信と受信を同一帯域で同時に行う全二重通信無線LANが有望である.特... [more] SRW2016-59
pp.13-18
SR 2016-10-28
13:25
大阪 大阪大学 中之島センター 電力変化に基づいたインバータ型電子レンジ信号検出方式における性能評価
中西研介森 浩樹熊谷 健青木亜秀東芝SR2016-71
電子レンジ動作時に発せられる信号が無線LANシステムの通信品質劣化を引き起こすことが知られているが,その信号が無線リソー... [more] SR2016-71
pp.93-98
SRW 2016-08-22
11:15
千葉 日本大学 津田沼キャンパス 全二重通信無線LANにおける公平性とQoSの改善
飯田直人西尾理志守倉正博山本高至京大)・鍋谷寿久青木亜秀東芝SRW2016-38
無線LANの大容量化に向けて,自己干渉除去技術により送信と受信を同一帯域で同時に行う全二重通信無線LANが有望である.特... [more] SRW2016-38
pp.31-36
SRW 2015-12-21
11:25
神奈川 東芝(新横浜研修センター) [招待講演]IEEE 802.11axの標準化最新動向
青木亜秀足立朋子鍋谷寿久松尾綾子谷口健太郎マダヴァン ナレンダー東芝SRW2015-62
 [more] SRW2015-62
pp.25-30
NS, RCS
(併催)
2015-12-18
10:35
愛媛 松山市総合コミュニティセンター IEEE 802.11axマルチユーザMIMO伝搬路推定プロトコルのスループット改善効果に関する検討
鍋谷寿久森 浩樹青木亜秀東芝RCS2015-263
現在標準化が進められている次世代無線LAN規格であるIEEE 802.11axでは,ダウンリンクマルチユーザMIMO (... [more] RCS2015-263
pp.115-120
RCS, AP, WBS, SR, MW, MoNA
(併催)
2006-03-01
13:20
神奈川 YRP MMSEとMLDの縦続接続を用いたMIMO-OFDMにおけるIQインバランス補償方式に関する検討
田邉康彦青木亜秀江頭慶真佐藤一美東芝
MIMO-OFDM伝送に高次の多値変調方式を適用するとアナログ回路の不完全性により通信品質が大きく制限されてしまう.この... [more] RCS2005-187
pp.55-60
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会