お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU 2013-02-21
10:00
大阪 大阪府立大 MR技術のための既存映像からの人物作成
竹田智哉大石岳史東大)・阪野貴彦産総研)・池内克史東大PRMU2012-135
複合現実感(Mixed Reality, 以下MR)において, 現実風景の中に仮想的な人物を登場させる研究が行われている... [more] PRMU2012-135
pp.31-36
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2013-02-19
12:00
北海道 北海道大学 車載レンジセンサによる高速道路の長大トンネルの三次元モデリングと評価 ~ 高密度計測と絶対位置合わせ ~
小野晋太郎薛 亮阪野貴彦大石岳史佐藤啓宏池内克史東大ITS2012-51 IE2012-131
道路構造の精緻な三次元形状モデルは,安全対策や運転シミュレーション,自動運転の参照用データなどあらゆる用途に対して基本と... [more] ITS2012-51 IE2012-131
pp.299-304
IE, ITS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
2009-02-04
16:10
北海道 北海道大学大学院 情報科学研究科 全方位因子分解法を用いた車両運動の高精度推定法
松久亮太小野晋太郎東大)・川崎 洋埼玉大)・阪野貴彦池内克史東大ITS2008-53 IE2008-223
車両運動を計る方法としてGPSや加速度計などが一般に利用されるが,車両特性の計測や将来的な自動走行などでは,更に高精度な... [more] ITS2008-53 IE2008-223
pp.109-114
PRMU, IE
(共催)
2008-03-11
14:40
石川 北陸先端大 The 11th IEEE International Conference on Computer Vision(ICCV2007)報告
池田 聖奈良先端大)・岡部孝弘東大)・佐藤智和奈良先端大)・阪野貴彦東大)・向川康博阪大)・山崎俊太郎産総研)・佐藤洋一東大IE2007-325 PRMU2007-309
 [more] IE2007-325 PRMU2007-309
pp.415-424
PRMU 2006-09-09
14:00
福岡 九大(大橋キャンパス) 2006 IEEE Computer Society Conference on Computer Vision and Pattern Recognition (CVPR2006) 報告
井尻善久オムロン)・波部 斉京大)・阪野貴彦東大)・藤吉弘亘中部大)・槇原 靖阪大)・増田 健産総研)・斎藤英雄慶大)・佐藤洋一東大
2006年6月19日~21日に米国ニューヨーク州ニューヨーク市で開催された国際会議CVPR2006の概要を報告する. [more] PRMU2006-84
pp.61-70
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会