お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIS, ITE-BCT
(連催)
2021-10-07
11:40
ONLINE オンライン開催 ガウス過程を用いた無線チャネル予測手法
オウ イトNTT)・仲地孝之琉球大)・井上 武間野 暢工藤理一NTTSIS2021-12
将来のチャネル状態情報(CSI)を高精度に予測することで、無線リソースをプロアクティブに制御でき、高品質な無線伝送サービ... [more] SIS2021-12
pp.11-16
NS 2021-10-07
16:35
ONLINE オンライン開催 長距離光ネットワークにおけるRDMA高速化方式
市川潤紀井上綺泉日比智也間野 暢築島幸男清水健司西沢秀樹NTTNS2021-75
クラウドコンピューティングの普及に伴い,データセンタネットワークの高帯域化や低遅延化の需要は高まり続けている.将来的には... [more] NS2021-75
pp.39-44
IN, IA
(併催)
2019-12-19
13:50
広島 サテライトキャンパスひろしま 物理接続構成を動的に変更可能な局舎間ネットワークにおけるトラヒック収容効率の定量的評価
穴澤和也間野 暢井上 武谷口 篤水野晃平NTTIN2019-50
本稿では、遠隔操作によりネットワーク機器の物理的な接続構成を柔軟に変更可能な光回線スイッチを利用し、接続構成に可変性を導... [more] IN2019-50
pp.31-36
IN, NS
(併催)
2019-03-04
09:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター Increasing Capacity of the Clos Structure for Efficient Nonblocking Networks
Toru Mano・○Takeru InoueNTT)・Kimihiro MizutaniNTT West)・Osamu AkashiNIIIN2018-88
 [more] IN2018-88
pp.25-30
IN, NS, CS, NV
(併催)
2018-09-07
11:35
宮城 東北大学 電気通信研究所 ソフトウェアモニタリング手法における計測精度と処理性能のトレードオフの評価
間野 暢益谷仁士NTTIN2018-38
 [more] IN2018-38
pp.95-100
IN, NS, CS, NV
(併催)
2018-09-07
14:25
宮城 東北大学 電気通信研究所 多地点データ配信におけるOpenFlowソフトウェアスイッチの適用可能性の検討
市川潤紀日比智也間野 暢高橋宏和NTTCS2018-52
近年, ライブビデオストリーミングサービス等のメディア転送をはじめ, データセンタNW におけるサーバ状態監視やセキュリ... [more] CS2018-52
pp.65-68
IN 2017-07-19
09:40
北海道 日赤北海道看護大 仮想NW埋込高速化のための総容量変化を最小化するNW簡約手法
間野 暢井上 武水谷后宏NTT)・湊 真一北大)・明石 修NTTIN2017-21
仮想ネットワーク(NW)埋込技術はNW仮想化に必須である.典型的解法である線形計画緩和法はNWサイズの3乗で計算すること... [more] IN2017-21
pp.13-18
CQ
(第二種研究会)
2017-01-21
12:30
大阪 大阪大学中之島センター [ポスター講演]障害発生スイッチとその障害箇所を推定する計測パスの統合・分割技術
堤 陽祐渡部康平長岡技科大)・井上 武水谷后宏間野 暢明石 修NTT)・中川健治長岡技科大
我々はこれまで,ネットワークを通過するパケットのパスを統合・分割することによりMeasurement Unit(MU)を... [more]
IN, ICTSSL, NWS
(併催)
2016-10-20
14:20
大阪 大阪大学 On Efficient Framework for Data-plane Verification with Geometric Windowing Queries
Takeru InoueToru ManoKimihiro MizutaniHisashi NagataOsamu AkashiNTTIN2016-53
 [more] IN2016-53
pp.25-30
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2016-03-04
10:45
佐賀 虹の松原ホテル (佐賀県唐津市) 複数レイヤ情報を用いた大規模ネットワークの対話的挙動解析
明石 修水谷后宏間野 暢井上 武NTT)・福田健介漆谷重雄NIISITE2015-72 IA2015-104
大規模ネットワークの挙動解析は,対象となるデータの量や多様性の問題から,困難な場合が多い.同時に,アプリケーションレイヤ... [more] SITE2015-72 IA2015-104
pp.215-220
NS, IN
(併催)
2016-03-04
10:40
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) Network-wide Packet Behaviorに基づくパケット分類を用いたネットワーク故障箇所の推定法
渡部康平長岡技科大)・井上 武水谷后宏間野 暢明石 修NTT)・中川健治長岡技科大IN2015-131
ネットワークの大規模・複雑化に伴い,機器がアラートを発しないにも関わらずQoSの低下が起こるサイレント故障が大きな問題と... [more] IN2015-131
pp.135-140
ICM, LOIS
(共催)
2016-01-21
15:55
福岡 福岡工業大学 動作検証可能な機械学習を利用したサーバリソース割り当て手法の検討
水谷后宏井上 武間野 暢明石 修NTTICM2015-31 LOIS2015-53
 [more] ICM2015-31 LOIS2015-53
pp.31-36
IA 2015-10-19
16:40
東京 東京大学先端知ビル 5F 武田ホール MDDを用いたハイパーキューブ探索によるネットワーク検証の高速化
チェン リチャード井上 武間野 暢水谷后宏永田尚志明石 修NTTIA2015-34
現在のネットワークは高度な機能を提供するために複雑に設定されており,それが障害の原因となっている.設定ミスを検出するネッ... [more] IA2015-34
pp.25-30
CS, NS, IN
(併催)
2014-09-11
10:00
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館 MDDを用いたSDNグローバルビューのためのパケット分類手法
井上 武間野 暢水谷后宏NTT)・湊 真一北大)・明石 修NTTIN2014-50
設定検証や故障検知などの魅力的な SDN アプリは,ネットワーク全体の情報を
利用することで従来より高度な機能を提供し... [more]
IN2014-50
pp.1-6
IN, NV
(併催)
2014-07-18
11:35
北海道 北海道大学 設備提供者の秘密情報を保護する複数設備提供者間の仮想NW最適手法
間野 暢井上 武五十嵐 大濱田浩気水谷后宏明石 修NTTIN2014-44
複数設備提供者にまたがり仮想NWを構築する技術は柔軟なネットワークサービスを提供する上で欠くことのできない技術である.一... [more] IN2014-44
pp.83-88
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2013-03-15
10:25
奈良 東大寺総合文化センター 複数設備提供者間の情報秘匿型ネットワーク資源割当手法
間野 暢水谷后宏明石 修NTTSITE2012-62 IA2012-100
ネットワーク資源割当て技術はISP などの設備提供者にとって重要な技術である.ユーザのネットワーク
利用要求を満たすた... [more]
SITE2012-62 IA2012-100
pp.157-162
ICM, LOIS
(共催)
2013-01-18
13:30
佐賀 佐賀市民会館 [奨励講演]構造化オーバレイを用いた大規模計算基盤の実装と基礎評価
水谷后宏間野 暢明石 修NTT)・福田健介NIIICM2012-56 LOIS2012-66
本研究では,構造化オーバレイ技術を用いて,莫大なトラヒック情報やセンサ情報(ビッグデータ)を分散環境にて管理および解析を... [more] ICM2012-56 LOIS2012-66
pp.109-114
KBSE 2005-09-12
10:30
東京 機械振興会館 いくつかのビューの融合によるシステム合成に関する考察
金子誉万間野暢興明星大
筆者らは、ソフトウェア開発の上流工程において、状態表現を中心とした仕様記述による知識ベース内モデルを用いたシステム設計方... [more] KBSE2005-16
pp.1-6
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会