お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 56件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-14
13:35
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
類似性と多様性を両立する連合型個別化推薦モデルの構築
濱田雅大笹田大翔妙中雄三門林雄基奈良先端大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-14
14:00
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
軌跡データの時間的/空間的な内在情報価値の保存に向けたLDPにおける動的プライバシ制御法の一検討
笹田大翔妙中雄三門林雄基奈良先端大
 [more]
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2021-11-26
16:15
福岡 JR博多駅 リファレンス駅東ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ユーザ真正性を検証するゼロトラストアクセス制御機構の設計と試作
笹田大翔増田祐斗妙中雄三門林雄基Doudou Fall奈良先端大NS2021-95
テレワーク普及によって,セキュリティ対策が不十分で信頼できない環境からも,業務で必要なデータに遠隔からアクセスする機会が... [more] NS2021-95
pp.56-61
NS, NWS
(併催)
2021-01-21
13:55
ONLINE オンライン開催 社内システムを想定したゼロトラストネットワークの試作とセキュリティポリシーの検討
河合将隆妙中雄三門林雄基奈良先端大NS2020-111
ゼロトラストネットワーク(ZTN)は,企業においてスパイによる情報窃取や,攻撃者による内部ネ ットワークの横断的侵害とい... [more] NS2020-111
pp.9-15
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2020-11-06
14:40
ONLINE オンライン開催 ユーザの軌跡隣接性を考慮した局所差分プライバシにおけるノイズ付加量変化の検討
笹田大翔妙中雄三門林雄基Doudou Fall奈良先端大ISEC2020-39 SITE2020-36 LOIS2020-19
コンタクトトレーシングによるユーザ密集地であるクラスタ検出は急務である.GPSを活用した場合より高精度なクラスタ検出が可... [more] ISEC2020-39 SITE2020-36 LOIS2020-19
pp.45-50
IN, CCS
(併催)
2020-08-03
13:00
ONLINE オンライン開催 スマート工場における運用シナリオに基づく5Gの脅威分析 ~ NFVの視点から見るセキュリティ ~
髙橋秀明妙中雄三門林雄基奈良先端大IN2020-13
第5世代移動通信システム(5G)は、複数の異なる種類の技術を統合することにより、移動通信ネットワークに大きな革新をもたら... [more] IN2020-13
pp.25-30
ICTSSL, IN
(連催)
2019-10-17
15:15
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 非実在ドメインに対するネガティブキャッシュの拡張と再帰問い合わせハッシュ化の提案
高須賀昌烈妙中雄三門林雄基奈良先端大
 [more]
ET 2019-01-26
11:00
大阪 関西大学 (梅田キャンパス) WebSec:セキュリティ研修のためのゲーム演習ツールの提案と評価
近江谷 旦奈良先端大)・バルナ バラシュブダペシュト・コルヴィヌス大)・門林雄基奈良先端大ET2018-79
様々なセキュリティ標準において従業員へのセキュリティ教育を実施すべきことが明記されている.しか し,セキュリティ教育... [more] ET2018-79
pp.13-18
IA, IN
(併催)
2018-12-14
15:05
広島 広島大学 東千田未来創生センター 下位ネットワークの近接性を考慮した分散ライングラフに基づく構造化オーバレイネットワーク
白石裕輝奈良先端大)・眞田亜紀子湘南工科大)・妙中雄三門林雄基奈良先端大IA2018-51
分散ライングラフは,任意の正則グラフに基づく構造化オーバレイネットワークを設計するための手法で,定数次数かつ耐障害性やス... [more] IA2018-51
pp.71-77
AP 2018-08-23
11:05
埼玉 日本工業大学 Experimental Analysis: A possibility of estimating TV white space spectrum sensing using altitude information by low-cost SDR devices
Fatou WilliamsYouki KadobayashiNAISTAP2018-69
 [more] AP2018-69
pp.13-18
MoNA 2018-01-18
13:10
京都 キャンパスプラザ京都(京都市下京区) マルチアクセスエッジコンピューティングのトラフィック誘導に着目した実装に関する一検討
岡田和也樫原 茂川西 直鈴木信雄ATR)・門林雄基奈良先端大)・杉山敬三ATRMoNA2017-41
第5世代移動通信システム (5G) では,現在の4Gよりも高速・広帯域な移動体通信の実現が期待されている.さらに,モバイ... [more] MoNA2017-41
pp.1-6
ICSS 2017-11-20
15:40
大分 別府国際コンベンションセンター サイバー攻撃の脅威に対応する具体的な管理策を学ぶための教育ツールの検討
近江谷 旦宮本大輔門林雄基奈良先端大ICSS2017-40
昨今,サイバー攻撃の脅威が増大している.サイバー攻撃から自システムを効果的に防御し,資産を守るには実施するべき情報セキュ... [more] ICSS2017-40
pp.11-16
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-07-14
13:50
東京 内田洋行東京本社ショールーム DBIを用いたランサムウェアのファイルアクセス解析の一検討
与那嶺 俊門林雄基奈良先端大ISEC2017-19 SITE2017-11 ICSS2017-18 EMM2017-22
データを不正に参照、書き換え、削除するマルウェアはインターネットユーザーの大きな脅威の1つである。特に身代金要求型ウイル... [more] ISEC2017-19 SITE2017-11 ICSS2017-18 EMM2017-22
pp.87-92
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2015-03-06
09:50
福島 小名浜オーシャンホテル (福島県いわき市) 差分ディスクを利用した環状マイグレーション方式の提案とその評価
澤田直哉岡田和也奥田 剛門林雄基山口 英奈良先端大SITE2014-72 IA2014-104
近年、太陽 (月) 追跡型データセンターが注目されている。太陽(月)追跡型データセンターを実現するためには、データセンタ... [more] SITE2014-72 IA2014-104
pp.137-142
ICSS 2015-03-03
13:00
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) 複数のDNSトラフィック特徴量を用いた多様なボットネットに関与するドメイン検知システムの実装と評価
津田 航門林雄基奥田 剛櫨山寛章奈良先端大ICSS2014-63
 [more] ICSS2014-63
pp.1-6
ICSS 2015-03-03
16:40
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) 難読化の特徴を利用したドライブバイダウンロード攻撃検知方式の実装と評価
藤原寛高奈良先端大)・ブラン グレゴリーTSP)・櫨山寛章奈良先端大)・飯村卓司東大)・門林雄基奈良先端大ICSS2014-71
ドライブバイダウンロード攻撃はユーザを悪性のウェブサイトへ誘導し、ウェブブラウザやそのプラグインの脆弱性を悪用してユーザ... [more] ICSS2014-71
pp.49-54
ICSS 2014-11-28
10:45
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス(変更しました) 難読化の特徴を利用したドライブバイダウンロード攻撃検知についての検討
藤原寛高奈良先端大)・ブラン グレゴリーTSP)・櫨山寛章門林雄基奈良先端大ICSS2014-60
ドライブバイダウンロード攻撃はユーザを悪意のあるサイトへ誘導し,ウェブブラウザやそのプラグインなどの脆弱性を悪用してユー... [more] ICSS2014-60
pp.55-60
ICSS 2014-11-28
11:35
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス(変更しました) 機械学習を用いたDNS応答パケット分析によるマルウェア感染端末検知手法の検討
津田 航門林雄基・○藤原寛高山口 英奈良先端大ICSS2014-62
ネットバンキングを利用した不正送金,スパムメール,DDoSといったセキュリティインシデントが多発し,社会問題となっている... [more] ICSS2014-62
pp.67-72
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
10:15
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) MATATABI:Hadoopによるマルチレイヤ脅威分析基盤の設計と構築
田崎 創東大)・岡田和也奈良先端大)・関谷勇司東大)・門林雄基奈良先端大ICSS2013-77
脅威検知や解析は今日のサイバー空間において必要不可欠なものとされているが,常に最新のサイバー空間上の悪性活動を検知する事... [more] ICSS2013-77
pp.113-118
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2013-03-14
11:30
奈良 東大寺総合文化センター LISPにおける二段階マップテーブルを用いたDDoS攻撃緩和方式の提案
齋藤利文榎本真俊櫨山寛章門林雄基奈良先端大SITE2012-51 IA2012-89
DDoS攻撃は深刻な脅威であるが,現在一般的に実施されているDDoS攻撃対策は,標的サーバーまでの経路上の負荷については... [more] SITE2012-51 IA2012-89
pp.37-42
 56件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会