お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 3件中 1~3件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
LOIS 2018-03-02
16:05
沖縄 那覇市IT創造館 安全支援のためのウエアラブルセンサを用いた登山活動のモニタリング
嶌田 聡長谷川優希日大LOIS2017-93
高齢化社会において健康寿命の延伸は重要なテーマである.健康増進の有力な方法として登山があり,継続的に登山を行っている中高... [more] LOIS2017-93
pp.129-134
CQ 2017-07-27
13:25
兵庫 神戸大学 観光案内アプリケーションにおける利用者の感性に合わせて変化する情報提示法 ~ 高野山観光案内アプリケーションを例として ~
森 真幸京都工繊大)・長谷川 優近畿大)・森本一彦高野山大)・藤吉圭二追手門学院大)・武田昌一高野山大)・桐生昭吾東京都市大CQ2017-36
筆者らは,観光案内アプリケーションにおいて,利用者の感性に合わせて適応的に変化する情報提示法を「感性BMI」という考え方... [more] CQ2017-36
pp.43-48
CQ 2015-01-23
14:10
東京 芝浦工大(豊洲) 小倉百人一首競技かるた選手の出札認識タイミングの聴取実験による計測と音響的手がかりの推定
武田昌一東京都市大)・長谷川 優近畿大)・津久井 勤全日本かるた協会)・桐生昭吾東京都市大CQ2014-111
競技かるた選手の間で「熟達した競技かるた選手は決まり字の前に来る音素の微妙な違いによって,次に何の字が来るか予測できる」... [more] CQ2014-111
pp.141-146
 3件中 1~3件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会