電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 20件中 1〜20件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2019-11-01
13:00
海外 韓国(済州島) Demonstration results of aircraft access to SWIM by experimental aircraft
Kazuyuki MoriokaXiaodong LuJunichi NaganawaShusaku EgamiNorihiko MiyazakiNaruto YonemotoYasuto SumiyaAkiko KohmuraENRI
 [more]
SANE 2019-08-23
10:55
東京 電子航法研究所 在空機を利用した覆域シミュレータ評価法の基礎検討
長縄潤一電子航法研)・Karma WangchukBCAA)・SangayDoAT)・宮崎裕己電子航法研
放送型自動従属監視(ADS-B: Automatic Dependent Surveillance - Broadcas... [more] SANE2019-36
pp.7-12
AP, SANE, SAT
(併催)
2019-07-17
15:25
宮城 東北大学 [依頼講演]在空機測定に基づく1090MHz帯民間航空監視信号の狭帯域モデル化
長縄潤一宮崎裕己電子航法研
放送型自動従属監視(ADS-B: Automatic Dependent Surveillance - Broadcas... [more] AP2019-29
pp.43-48
SANE, SAT
(併催)
2019-02-13
14:25
鹿児島 JAXA種子島宇宙センター 空港面において大地反射フェージングを低減する基地局アンテナ構成の実験的検証
長縄潤一森岡和行宮崎則彦呂 暁東河村暁子米本成人住谷泰人電子航法研
AeroMACS (Aeronautical Mobile Airport Communications System)... [more] SANE2018-112
pp.13-18
SANE 2019-01-25
13:50
長崎 長崎県美術館 AeroMACSを用いたSWIMアクセスのためのQoS検証実験 ~ 仙台空港における地上走行実験 ~
森岡和行長縄潤一呂 暁東宮崎則彦河村暁子米本成人住谷泰人電子航法研
現在, 民間航空分野において, 航空機の運航に必要な情報を関係者間で効率的・安全に共有するため,国際的に標準化されたフォ... [more] SANE2018-106
pp.93-98
SANE 2018-10-12
09:30
東京 電気通信大学 TDOAを用いたADS-B位置検証における遅延の考慮
長縄潤一宮崎裕己電子航法研
新しい航空機監視システムであるADS-B (Automatic Dependent Surveillance - Bro... [more] SANE2018-44
pp.1-6
SANE 2018-05-14
14:05
東京 機械振興会館 信号検出を考慮した配置設計を実現するための広域マルチラテレーション測位精度モデル
長縄潤一宮崎裕己田嶋裕久電子航法研
新しい航空機監視システムである広域マルチラテレーション (WAM: Wide Area Multilateration)... [more] SANE2018-8
pp.41-46
SANE 2017-08-25
11:05
大阪 大阪工業大学梅田キャンパス 広域マルチラテレーションにおける信号検出状況を考慮した測位誤差分布のモデル化
長縄潤一宮崎裕己田嶋裕久電子航法研
広域マルチラテレーション(WAM: Wide Area Multilateration)は従来の二次監視レーダよりも高精... [more] SANE2017-36
pp.43-48
AP, SAT, SANE
(併催)
2017-07-27
13:25
愛知 名古屋工業大学 実験用航空機とAeroMACSプロトタイプシステムを用いた高速移動時における基本通信性能評価
森岡和行長縄潤一金田直樹二ッ森俊一河村暁子米本成人住谷泰人電子航法研
現在, 民間航空分野において, 航空機の運航に必要な情報を関係者間で効率的・安全に共有するための情報基盤としてSWIM(... [more] SANE2017-23
pp.7-12
SANE, SAT
(併催)
2017-02-23
14:05
千葉 勝浦ホテル三日月 広域マルチラテレーションにおける測位確率の実験的評価
長縄潤一宮崎裕己田嶋裕久電子航法研
広域マルチラテレーション(WAM: Wide Area Multilateration)は新しい航空機監視技術であり世界... [more] SANE2016-120
pp.13-18
SANE 2016-01-22
13:25
長崎 長崎県美術館 航空路監視用広域マルチラテレーションにおける検出率概算法の検討
長縄潤一宮崎裕己田嶋裕久電子航法研
 [more] SANE2015-100
pp.105-110
SANE 2016-01-22
15:45
長崎 長崎県美術館 飛行実験による監視信号環境の測定
大津山卓哉長縄潤一宮崎裕己電子航法研
 [more] SANE2015-105
pp.133-135
SANE 2015-11-23
13:40
海外 アジア工科大学,バンコク,タイ Evaluation Results for Impact of Signal Interference and Strength on Detection Probability of Extended Squitter
Junichi NaganawaHiromi MiyazakiHirohisa TajimaENRI
 [more] SANE2015-53
pp.21-26
MW 2012-10-19
15:00
栃木 宇都宮大学 ボディエリアネットワークにおけるFDTDを用いたパスロスシミュレーション
長縄潤一金 ミンソク高田潤一東工大
本稿ではBAN (Body Area Network) における電波伝搬特性モデリングに向けて,FDTD 法を用いた人体... [more] MW2012-110
pp.163-168
RCS 2011-06-23
10:50
沖縄 琉球大学 分散スペクトラムセンシングに向けたスペクトラムセンサの設計
金 昊俊長縄潤一鈴木 誠猿渡俊介翁長 久南 正輝森川博之東大
周波数資源の有効利用に向けては,周波数の占有率を高い時空間的解像度で把握することが重要となる.本研究では占有率測定の空間... [more] RCS2011-40
pp.31-36
USN 2011-05-20
13:45
東京 機械振興会館 [招待講演]電波資源有効利用に向けた分散スペクトラムセンシング
猿渡俊介長縄潤一東大
 [more] USN2011-6
pp.23-28
IN, NS
(併催)
2011-03-04
10:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター 分散サンプリングストレージを用いた電波利用状況可視化
長縄潤一東大)・井上 武佐藤浩史山崎敬広NTT)・猿渡俊介森川博之東大
現在,周波数帯域の有効利用に向けて,コグニティブ無線等の技術開発や電波政策の議論が活発に行われている.筆者らは,これらの... [more] IN2010-183
pp.235-240
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2010-03-05
17:40
神奈川 YRP 広範囲・高密度に展開可能な分散スペクトラムセンシングの設計と実装
長縄潤一西村亨輔金 昊俊猿渡俊介翁長 久森川博之東大
筆者らは電波の帯域利用率を広範囲かつ高密度に測定し,測定データを可視化して公開する分散スペクトラムセンシングシステムの実... [more] RCS2009-342
pp.497-502
SR 2009-05-29
16:25
新潟 新潟大学 コグニティブ無線におけるDFTフィルタバンクを用いた複数チャネルスペクトル検出法
金 ミンソク長縄潤一高田潤一東工大
近年,Opportunisticな周波数の二次利用より周波数の効率的な利用を図るコグニティブ無線技術が注目をされるなか,... [more] SR2009-19
pp.121-127
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2009-03-05
09:00
神奈川 YRP コグニティブ無線におけるDFTフィルタバンクを用いたスペクトル検出法
長縄潤一金 ミンソク高田潤一東工大
近年,Opportunisticな周波数の二次利用より周波数の効率的な利用を図るコグニティブ無線技術が注目をされるなか,... [more] SR2008-101
pp.79-85
 20件中 1〜20件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会