電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-10
13:00
大阪 I-Siteなんば(大阪) ダイナミックマップデータ収集・配信するため次世代モバイルネットワークアーキテクチャーに関する研究
孫 朝霞杜 平東大)・鐘 雷大西亮吉トヨタ自動車)・中尾彰宏東大NS2019-43
 [more] NS2019-43
pp.1-6
CQ 2018-01-19
11:45
東京 国立情報学研究所 熊本地震における時空間通話需要の推定
鐘 雷NII)・○鷹野 澄東大)・依田邦和計 宇生山田茂樹NIICQ2017-94
減災や救援における移動通信の重要性が増しているため、地震などの自然災害の際にいつでもどこでも重 要な情報を他の... [more] CQ2017-94
pp.51-56
CQ 2017-08-28
11:05
東京 東京理科大学 素早いネットワーク災害復旧のための無線中継局の効率的な配置
鐘 雷計 宇生NII)・鷹野 澄東大)・山田茂樹NII)・薛 国良アリゾナ州立大CQ2017-51
近年、モバイル通信の重要性が増しており、地震などの自然災害時にネットワーク災害復旧はモバイルネットワークオペレーターやフ... [more] CQ2017-51
pp.7-12
CQ
(第二種研究会)
2016-10-06
13:20
長野 JA長野県ビル [ポスター講演]大規模自然災害におけるモバイルネットワークの耐障害性の分析
鐘 雷計 宇生NII)・鷹野 澄東大)・山田茂樹NII
モバイルネットワークの耐障害性は、特に日本のような自然災害が発生しやすい国や地域では、ネットワークの設計と運用にとって大... [more]
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2013-11-14
17:15
長崎 福江文化会館(五島列島) [招待講演]Bring Your Own Network (BYON)の実証に向けた仮想化対応無線ネットワーク設備の開発
荘司洋三中内清秀伊藤 学鐘 雷NICTNS2013-122 CQ2013-58 ICM2013-30
筆者らはネットワーク制御における概念目標としてBring Your Own
Network (BYON)を提唱している... [more]
NS2013-122 CQ2013-58 ICM2013-30
pp.39-44(NS), pp.39-44(CQ), pp.41-46(ICM)
MoNA, AN, USN
(併催)
2013-01-25
15:25
宮城 作並温泉ゆづくしSalon 一の坊(仙台市) モバイルネットワーク仮想化におけるサービス単位キューイングとその性能解析
鐘 雷中内清秀荘司洋三西永 望NICTMoMuC2012-66
ネットワーク仮想化の典型的なアプリケーションとして,柔軟できめ細かなサービス品質(QoS)制御およ び QoS 差別化が... [more] MoMuC2012-66
pp.119-124
IN, NS, CS
(併催)
2012-09-21
11:00
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館 サービスアウェアモバイルネットワーク仮想化の基本設計
中内清秀鐘 雷荘司洋三西永 望NICTNS2012-71
筆者らは,モバイルネットワークによって利用される多種多様なサービスが,それぞれ異なる緊急性や重要性,異なるネットワーク接... [more] NS2012-71
pp.105-110
IN, NS, CS
(併催)
2012-09-21
11:20
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館 ヘテロジニアスモバイルネットワークにおけるコスト最小化でサービス指向な仮想化のためのリソース割当て
鐘 雷中内清秀荘司洋三西永 望NICTNS2012-72
近年加速度的にモバイルトラフィックの増加しており,それを収容するためにヘテロジニアスモバイルネットワークの開発が進んでい... [more] NS2012-72
pp.111-115
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会