電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CS, NS, IN, NV
(併催)
2017-09-08
10:25
宮城 東北大学 電気通信研究所 C-RANにおけるトラヒックに応じた柔軟なネットワークリソース割り当てに関する検討
宮鍋慶介東北大)・西山大樹加藤 寧東北大/電気通信研究機構)・山田崇史鈴木謙一NTT
 [more] CS2017-51
pp.53-56
CS 2017-07-27
15:10
長崎 福江文化会館 [招待講演]プログラマブルOLT実現に向けた汎用プロセッサによる物理層処理のリアルタイム検証
鈴木貴大キム サンヨプ可児淳一鈴木謙一大高明浩NTT
 [more] CS2017-27
pp.71-75
CS 2017-07-27
15:35
長崎 福江文化会館 [招待講演]1G,10G,NG-PON2,及び映像配信システム共存下における線形/非線形クロストークの影響検討
原 一貴田口勝久谷口友宏西原 晋浅香航太鈴木謙一新居丈司大高明浩NTT
1G-, 10G-級PON,映像配信システム,及びNG-PON2が同一媒体網上で共存した場合の伝送時におけるBER(Bi... [more] CS2017-28
pp.77-82
CS 2017-07-28
13:35
長崎 福江文化会館 光アクセス装置におけるライブアップデート方式の検討
原田拓弥吉野 學鈴木謙一大高明浩NTT
 [more] CS2017-40
pp.143-148
CS, CQ
(併催)
2017-04-21
09:40
北海道 千歳科学技術大学 FASAにおける高信頼化に関する検討
吉野 學原田拓弥氏川裕隆鈴木謙一大高明浩NTT
新サービスを迅速に創出・提供するために、機能を部品化し、部品化した機能の柔軟な組み合わせを実現するFASAでは、専用機器... [more] CS2017-9
pp.43-48
CQ
(第二種研究会)
2017-01-21
12:30
大阪 大阪大学中之島センター [ポスター講演]XG-PONにおけるDBAサイクル長期化の影響評価
花谷直紀慶大)・吉野 學鈴木謙一NTT)・久保亮吾慶大
 [more]
OCS, CS
(併催)
2017-01-19
17:30
福岡 九州産業大学 [特別招待講演]光アクセスシステムの仮想化・部品化技術および標準化動向 ~ サービスへの即応性と経済化に向けて ~
浅香航太原田拓弥氏川裕隆吉野 學太田憲行可児淳一鈴木謙一大高明浩NTT
(事前公開アブストラクト) 光アクセスシステムの研究開発の新たなトピックとして、新規サービスへの即応性や抜本的な経済化を... [more] CS2016-70
pp.37-42
OCS, CS
(併催)
2017-01-20
13:50
福岡 九州産業大学 1G,10G,NG-PON2,及び映像配信システム共存下における線形/非線形クロストークの影響検討
原 一貴田口勝久谷口友宏西原 晋浅香航太鈴木謙一新居丈司大高明浩NTT
(事前公開アブストラクト) 1G-, 10G-級PON,映像配信システム,及びNG-PON2が同一媒体網上で共存した場合... [more] CS2016-75
pp.65-70
CS 2016-11-10
09:30
北海道 KKRはこだて NG-PON2高度化に向けた波長可変技術 ~ 波長多重技術による光アクセスシステムの高機能化に向けて ~
浅香航太田口勝久坂上裕希鈴木謙一大高明浩NTT
 [more] CS2016-40
pp.1-6
NS 2016-10-20
16:10
兵庫 姫路・西はりま地場産業センター [招待講演]キャリアネットワークの省電力化と高電圧給電
三澤 明奥川 徹浅野高平鈴木謙一山下暢彦田中百合子NTT
キャリアネットワーク機器に対する低消費電力化のシステム的方式や,トップランナー方式を採用した省エネ機器の調達の施策につい... [more] NS2016-97
pp.43-48
CS 2016-07-07
09:30
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル TWDM-PON多分岐化に向けた逆バイアス電圧制御ブースタSOAを用いた波長可変バースト光送信器の提案と特性評価
田口勝久浅香航太木村俊二鈴木謙一大高明浩NTT
筆者らはこれまでに,トランシーバの波長可変性を利用することにより光アクセスネットワークの高度化を実現する40-Gbit/... [more] CS2016-10
pp.1-6
CS 2016-07-07
10:20
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル WDMを適用した心線共用による新規/既存システムへの影響検討
原 一貴坂上裕希田口勝久浅香航太鈴木謙一大高明浩NTT
1G-, 10G-, 40G-級(10-Gbit/s x 4波長)PONが同一媒体網上で共存した場合の下り方向20 km... [more] CS2016-12
pp.13-18
CS, CQ, NV
(併催)
2016-04-21
10:45
東京 機械振興会館 光アクセス装置プログラマブル化に向けたCPU/GPUによる暗号化の並列実装の検討
鈴木貴大キム サンヨプ可児淳一鈴木謙一大高明浩NTT
近年,ネットワークのSDN/NFV化が注目されている.アクセスネットワークにおいては,ソフトウェアで装置機能を実現し,複... [more] CS2016-1
pp.1-6
CS, OCS
(併催)
2016-01-21
13:40
鹿児島 鹿児島大学 稲盛アカデミー(郡元キャンパス) リング型アクセスネットワークにおけるWDM/TDM-PONを用いたFEC切替による光経路冗長技術
坂上裕希浅香航太妹尾由美子金子 慎吉田智暁NTT)・栖川 淳若山浩二日立)・鈴木謙一大高明浩NTT
(事前公開アブストラクト) WDM/TDM-PONを用いたリング型アクセスNWにおける、FEC切替による冗長経路切替の提... [more] CS2015-78
pp.31-36
CS, OCS
(併催)
2016-01-22
10:50
鹿児島 鹿児島大学 稲盛アカデミー(郡元キャンパス) ユーザ収容数最大化手法を適用したSPBMに対する階層マルチリングトポロジにおける性能評価
安永遼真中山 悠持田武明木村康隆吉田智暁鈴木謙一NTT
自律的な経路構築によるトポロジの柔軟性と,高速な経路切換による高い信頼性を特徴とするSPBM(Shortest Path... [more] CS2015-82
pp.55-60
CS 2015-11-12
10:10
北海道 層雲峡温泉 ホテル大雪(北海道) 広域・多分岐化WDM/TDM-PONのフィールド実証実験
田口勝久浅香航太藤原正満金子 慎吉田智暁NTT)・藤田典一岩村英志鹿嶋正幸古沢 聡更科昌弘玉井秀明鈴木祥也向島俊明OKI)・木村俊二鈴木謙一・大高明浩NTT
筆者らはこれまでに,トランシーバの波長可変性を利用することにより光アクセスネットワークの高度化が実現できる波長可変型40... [more] CS2015-47
pp.13-18
CQ
(第二種研究会)
2015-10-30
15:50
大阪 大阪市立大学 文化交流センター [ポスター講演]遠隔ふくそう制御器を用いたTCP/AQMネットワークにおけるネットワークパラータ変動の影響
知花包章慶大)・吉野 學村山大輔鈴木謙一NTT)・久保亮吾慶大
 [more]
CS 2015-07-03
10:50
沖縄 イーフ情報プラザ(久米島) SPBMを適用した広域イーサネット網におけるユーザ収容数最大化手法
安永遼真中山 悠持田武明木村康隆吉田智暁鈴木謙一NTT
自律的な経路構築によるトポロジの柔軟性と,高速な経路切替による高い信頼性を特徴とするSPBM(Shortest Path... [more] CS2015-26
pp.91-96
OCS, CS
(併催)
2015-01-23
09:45
徳島 徳島大学 OFDM/TDMA-PONにおける上りバースト受信信号のパワー等化
金 相燁可児淳一鈴木謙一大高明浩NTT
光コヒーレント検波をベースにしたOFDM/TDMA-PONの実現に向け、PONツリーアーキテクチャから生じる上りバースト... [more] OCS2014-97
pp.25-29
OCS, CS
(併催)
2015-01-23
10:45
徳島 徳島大学 アクセスネットワークにおけるリソース連携制御方式
吉野 學氏川裕隆安永遼真吉田智暁鈴木謙一大高明浩NTT
(事前公開アブストラクト) 仮想化ネットワークにおいてサービスに応じてQoSを柔軟かつ経済的に設定可能とするために、アク... [more] CS2014-86
pp.31-35
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会